OTHER

HEADLINE

芸能レポーター井上公造が枕営業の実態を暴露「ちょっとはあると思う」「やるかどうかは本人次第」

成功を夢見るアイドルや女優がプロデューサーに性を強要される…まことしやかに語られる「枕営業」。

この芸能界の都市伝説について、芸能リポーターの井上公造氏(60)が8日放送の『ゴシップジェネレーション』(AbemaTV)でその実態を語った。

「枕営業」の実態を暴露

番組では「枕営業って実際にあるの?」という疑問に芸能リポーターの井上氏と長谷川まさ子氏(54)が答えるというコーナーを放送。

「過去にはよく聞きました」と枕営業の存在を認めた長谷川氏。自身も過去に番組の作家から、共演者と仲良くしたいなら寝たほうがいいと促されたという。

最近の芸能界についても、法的な問題になるとしたうえで「やるかやらないかは本人次第だけど、今は少ないと思います」と可能性はゼロではないことを明かした。

井上氏は過去の芸能界について「セクハラの嵐だった」と語る。そういった業界人は、セクハラトークで相手の様子をうかがい、実際に行為に持ち込むのだそう。

また、そういった枕営業はプロデューサーの権力に依存するという。そういう意味では、いまは業界に強い力をもった人がいないため、枕営業をかけても意味がないと主張。

この枕営業に関して、スタジオの女優からも噂で聞いたことがあるという話が。雑誌の表紙になったグラドルがいた、とあるアイドルグループはそれで仕事をもらったと語った。

「合意でない性行為」女性の4人に1人が経験

枕営業といえば芸能界を想像するが、一方でそういった性の報酬によって仕事と結びつける関係は「一般企業でも起こりうること」と主張する井上氏。

性の営みとは、双方合意の元で行われるべきだ。しかし、中には仕事や立場を利用した、なかば強引な行為も存在するだろう。

しらべぇ編集部が全国2060代の女性670名に「押し倒された経験」について調査したところ、およそ4人に1人が「相手に強く押されて性行為をしたことがある」と回答。

井上氏が主張するように、枕営業は芸能界だけに限った話ではないのかもしれない。過去には当たり前のように聞かれていたという枕営業。芸能界もクリーンな業界に変わっているのだろうか。

[via:https://abematimes.com/posts/2361263]

ネットの反応

・ということは今でも平然と行われているということだ
・芸能リポーターはもっと枕営業の取材と暴露に力を入れたらいいのに。
・芸能事務所の広告塔の井上の話は信用できない
・広末涼子クラスでも枕やってて、中尾彬が激怒したんだっけ
・長谷川まさ子って長い事ゆうゆうワイドのアシスタントしてただろ?大沢悠里と寝ろって言われてたのか
・好きだったグラビアアイドルが枕営業があるって暴露してすぐに引退した。。。。
・高須クリニック院長が断り続けてたらそっちの趣味だと思われて男つれてこられたってやつ傑作だった
・みんな枕についてはこういう曖昧なことしか言えないw なぜなら実際にあるから
・こいつ実話の記者より恥ずかしいよねw
・だから枕営業なんてものより、実弾(現金)攻撃の実態を話せよ。
・もうテレビも斜陽だしプロデューサーもすぐ叩かれるからあんまり無理できなくなってきてるんだろうな。
・男もホモ枕あるんだよな ジャニとかそれだろ
 >村上弘明とか川野太郎も有名じゃん
 >伊藤英明とか永井大なんかは二丁目の売り専出身だからなw
 >涅槃で待っている人も待っている相手とそういう関係だったらしいしな
・一回やって数百万の仕事に繋がるならやる奴結構いるんじゃね?
・まぁこれくらいの言い回しがギリギリの落としどころだろうw
・和田勉なんて自分の立場を利用して女優を抱きまくったことを公言してた
・バンダイの山科誠元社長も映画に出してやると女優を食いまくってた
・竹内結子が若い頃プロデューサーと不倫を撮られたけどあれ枕の延長だろうな 星屑の女優でも枕やってる
・あと某グラビアアイドルが「仕事を取るためにカメラマンと寝てる娘が居る。でもカメラマンと繋がったからって仕事に結びつくわけじゃないのに」って言ってた
 >これ実際にカメラマンのチンコ写ったアイドルビデオあるよね
・だから頭とお股のゆるい娘は居るし結果的にそういうことが横行しちゃうんだよ
・昔一回数百万ってばらされた女優いたよね
・女だって遊びでSEXしたいし、それで人脈を作れるんなら普通にやるわな

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2017/05/10 18:26

    別に芸能界に限った話じゃない。
    一般人でも行われてる事。
    芸能界だけを槍玉にあげて批判するなんてのはご都合主義の悪い癖。
    芸能人のゲス不倫なんて一般人に置き換えればありきたりな日常。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事