OTHER

HEADLINE

規格外のバカ!?ヤリ手!?【ナスD】森崎友紀との夫婦生活は・・・破天荒なプレゼンSMAP秘話

料理研究家の森崎友紀(37)がお弁当を持って向かったのは、夫の仕事場だった。この夫、またすぐにここから「地球の裏側」へと出かけてしまう。

彼こそは、いま注目のバラエティ番組『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』(テレビ朝日系)の名物ディレクター「ナスD」こと友寄隆英氏(42)である。

コスプレ姿のトレカを発表したこともある“美しすぎる料理研究家”森崎が2016年1月に結婚を発表した「仕事を通じて出会った一般男性」とはナスDのことだ。

番組の総責任者であるゼネラルプロデューサーの立場にありながら、アマゾンの奥地で自らレポートするその様子はまさに破天荒。捕れたばかりの生魚から巨大カタツムリ(これも生!)まで、平気な顔で胃袋に収める。

現地の住人にさえ苦笑いされる始末だ。ついには、ある果実の汁が美容にいいと聞くや全身に塗りたくると、青黒く染まり落ちなくなってしまった。じつは入れ墨に使われる強力な染料だったのだ。

いうまでもなくこれがナスDの名の由来だが、ナス色の顔で「どうやって生きていこう……」と言いながらも、番組のためにそれをネタにする姿は、さすが数々の人気番組を手がけてきた生粋のクリエイターである。

「これまで『いきなり! 黄金伝説。』や『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』などテレ朝の看板バラエティ番組を担当。

最初は制作会社勤務を経て、フリーのディレクターとして『黄金伝説』に参加していた。すぐに実力が認められ、参加からわずか1カ月で正社員としてテレ朝に中途入社した」(テレ朝局員)

奇才・ナスDを知る関係者は、その仕事ぶりに舌を巻く。

「イギリスの元軍人で冒険家のベア・グリルスに憧れており、究極のサバイバルを描きたいと言っていた。超人的な集中力で知られていて、数週間まともな食事をせず編集所から一歩も出ない生活を平気でする」

まさにサバイバルなナスDの前に現われたのが森崎だ。出会いは2012年の春の『黄金伝説』だった。ほどなくして森崎が妊娠し、その年の12月に婚姻届を提出。

翌2016年6月に長女が誕生した。現在、一家は都内の一軒家で暮らすが、前述のとおり、ナスDは編集所にこもりっきり。遠く海外へ出張しては、帰国後その素材の編集に没頭する毎日だ。

かつて好きな男性のタイプを「好き嫌いなく食べる人」と語っていた森崎。好き嫌いがなさすぎるのはちょっと心配だが、伝説へ向かう夫を地球の裏側から支え続ける。

[via:週刊FLASH 2017年8月8日号]
https://smart-flash.jp/entame/22962

森崎友紀 ココリコ遠藤に口説かれた件

森崎友紀が、6月29日に放送されたバラエティ番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)に出演。今回の番組では、かつてアプローチしてきた芸能人を暴露している。《中略》

「ココリコの遠藤章造ですね。森崎は『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)の特番で、遠藤から口説かれたことを明かしています。

実際に送られてきたメールも番組で公開しており、『今日は番組で手料理を作ってくれてありがとう。すんごく美味しかったから、東京に帰ったら僕だけに作ってほちぃな』という内容。

口説こうとしている女性へのメールには語尾に『ほちぃ』をつけることがネタにされていましたね。」(エンタメ誌ライター)

ネット上からは「これは100%遠藤(笑)」「遠藤、ドンマイ」「『ほちぃ』メールは懐かしいな」「一生これを言われ続ける遠藤も少し可哀想かも」といった声が上がるなど、遠藤と決めつけて言いたい放題だ。

遠藤としてはただただ黒歴史を蒸し返される結果となってしまった。

[via:http://asajo.jp/excerpt/32817]

ナスDの破天荒なプレゼンで

「『いきなり!黄金伝説。』でよゐこの濱口優さん(45)とサバイバル生活を共にしていたのも彼。

それだけじゃありません。テレ朝初のSMAPのバラエティー番組の総合演出もナスDの担当です。香取慎吾さん(40)の楽屋に出入りする姿も当時はよく見られていましたね」(テレビ朝日関係者)

SMAPのバラエティーとは、2009~2013年に放送された『SMAP☆がんばりますっ!!』(テレビ朝日系)のこと。木村拓哉(44)に「丸3日間トマトだけを食べて過ごす」という企画を提案、実現化したのもナスDだったという。

「自らトマトだけで1週間生活し、フラフラになりながらプレゼンしたそうです。彼の情熱に押され、SMAPとしては異例の過酷ロケもOKをもらっていました」(前出・関係者)

香取に提案したのは「24時間縄文時代生活」という企画。

「香取さんが出演する番組『SmaSTATION!!』の収録現場に通っては香取さんと企画を詰めていました。彼の舞台を見にニューヨークまで自腹で駆けつける本気度で、信頼を勝ち取ってました」(前出・関係者)

ナスDは果たして以前のような白い肌に戻れるのか。美人妻に愛想を尽かされないのか。破天荒がすぎてクビにはならないか──ナスDの伝説はまだまだ序章だ。

[via:女性セブン2017年8月10日号]
http://news.livedoor.com/article/detail/13396753/

企画段階は「イッテQ」のパクリだった!?

今月2日にGP帯で放送した特番では視聴率9%台をマークし、「ゴールデン進出の布石を打った」(テレ朝社員)と結果を出し、株も上げた。そんなイケイケドンドンのムードが漂う一方でこんな話も。

「今年4月から始まった『地球征服』ですが、企画段階から“日テレのイッテQみたいな番組を作る”という方針が打ち出されていた。

要するにパクれってこと。他局の人気番組を真似るのはよくある話ですが、いまに続くテレ朝の快進撃は『アメトーーク!』や『お試しかっ!』といったオリジナルの企画で勝負してきたから。

それが、横にならえと守りの姿勢になっている。おまけに上層部が制作現場に口出して放送直前のダメ出しも増えたとか。お台場みたいだって囁かれています」(放送作家)

“お上”の顔色をうかがう番組に未来はあるのか。素で真っ青なんてことにならなきゃいいが。

[via:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/210089]

ネットの反応

・ナス以外の企画が不発ばかりの陸海空
・ナスDって言ってるけどゼネラルプロデューサーかなにかで結構お偉いさんなんだよな
・中途採用の成り上がりだよ。
 神レベルのサクセスストーリー
・19からアルバイトでADしてて30近くになってからのテレ朝入社だから叩き上げの人っぽいよね
・演出ありきとはいえあれくらいぶっ飛んでてバイタリティーがないと務まらんのだろな
・完全にイッテQとは別路線だし、面白さは超えてるよ
・ナスDの番組「笑★演」は面白い
・俺はクレイジージャーニーのパクリかと思ってた
・ナスDは無人島生活ネタを考えたのに、
 あっさり日テレに鉄腕にパクられて悔しい思いをしたそう
・なすDもこれ終わったらまた裏方に戻ってほしいな
 ヒゲみたいに勘違いして俳優とかしないでくれ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事