SCANDAL

HEADLINE

清水富美加&KANA-BOON飯田の不倫はレプロ側がリーク!?レプロ社長と関東連合の浅からぬ縁

清水富美加の「幸福の科学」出家騒動が、思わぬ方向へ向かっている。清水の“悩みの種”については、2月19日付の「スポーツニッポン」が詳報。

お相手男性は、「大型音楽フェスでヘッドライナーを務め、若者を中心に支持を広げている人気ロックバンドのメンバー」としており、「スポニチ側は明らかに男性の正体をわかった上で記事を書いていたと思われます」(スポーツ紙デスク)という。

さらに記事では、「『全部、言っちゃうね。』の題名通り、全てを語る日が待たれる」などと、清水側を攻撃するような論調をみせていた。

「そして21日、再び同紙が『相手はKANA‐BOONの飯田』と断定する記事を掲載した流れです。

清水関連のスポーツ紙報道は、常に『スポニチ』がリードしており、情報源は清水の所属事務所・レプロエンタテインメントであることは確実視されています。

今回の出家騒動は、芸能界に対して弓を引く行為だけに、全社とも清水を批判している状況ではあるものの、特に『スポニチ』に関しては、まるでレプロの気持ちを代弁するかのような論調の記事ばかりが掲載されていますからね」(同)

昨年のベッキーとゲスの極み乙女・川谷絵音の不倫騒動も引き合いに出し、「スポニチ」側はKANA‐BOON側に揺さぶりをかけていたようだ。

「さらにKANA‐BOON側は、『週刊文春』(文藝春秋)からも取材をかけられ、もう逃げられないと観念したようで、バンドが専属契約しているソニー・ミュージックや所属事務所が、不倫関係を認める事態となりました。

週刊誌と違ってスポーツ紙の場合は、当事者や関係者が認めないことには、『不倫』と断定して報じることは難しいですからね」(同)

こうして、清水や幸福の科学側を貶めたいというレプロの思惑は、見事現実となった。

宗教騒動に不倫も加わって、清水は完全にイメージダウンしているが、結果的に暴露本のPRにつながったのも事実。テレビ局の情報番組スタッフは、「もはやこの不倫ニュースを取り上げること自体に懐疑的です」と語る。

「そもそも清水は『死んでもおかしくない状態』と発表されていたので、テレビでは遠慮して取材や放送を見送る部分も多かったんですが……。

今回の不倫騒動を取り上げることで、結果的に暴露本のPRにつながり、幸福の科学側に協力してしまうとあれば、もはやテレビでは扱いたくないですね。バカバカしいというほかありません」(同)

芸能スキャンダルの満漢全席となった清水には、ネット上で「幸福の科学の客寄せパンダ」といった指摘も多数上がっている。果たして本人はこの状況に、何を思うのだろうか。

[via:http://www.cyzowoman.com/2017/02/post_130053.html]

レプロ社長の守護霊インタビュー

教団総裁の大川隆法氏がレプロ代表・本間憲氏への守護霊インタビューを敢行。書籍化やネット配信などはされず、会員のみ閲覧可能というが、その中身は衝撃的だ。

関係者によると、本間氏の守護霊と対峙した大川氏は「本間氏のことを“人食い鬼”と形容。前世でも“女性を使いエゲつないビジネスをしていた”とし、それが現世にも影響していると指摘した」(関係者)という。

また、大川氏は「レプロ」という社名から、同社が爬虫類型宇宙人レプティリアンの影響下にあることを危惧。レプティリアンは知能が高く、人間になりすまして世界を牛耳っているといわれる。

その代表格が、米大統領選で落選したヒラリー・クリントンやローマ法王、英国のエリザベス女王で「かねて“レプティリアン説”が囁かれている」(オカルト誌ライター)という。

幸福の科学においては、レプティリアン=人類を脅かす敵という扱いだ。2015年に公開された教団製作のアニメ映画「UFO学園の秘密」では、主人公と対峙する地球外生物としてレプティリアンが描かれている。

[via:http://tocana.jp/2017/02/post_12366.html]

レプロ社長(守護霊)の言い分

いよいよ本間社長の守護霊がエル・カンターレに…。と思ったら今回の守護霊インタビューは本部のチャネラーの方が代行!堂々巡りの様相を呈した本間社長(守護霊)の言い分を要約すると以下の通り。

「俺んとこ(レプロ)だけが著しく悪い契約なら言われるのも仕方ないけど業界全体みてみ?どこもやってるよ。」

「有名になりたいです、キレイになってチヤホヤされたいですって女の子の夢叶えてやってんだよ?」

「なんでもやりますって来てんのは向こう(タレント)なんだから。」

「育成に時間と金がかかるんだから回収までにも時間がかかるのは当然だろ?」

「営業が頭下げて頑張って取ってきた仕事を断れば、そりゃ干すよ。」

「そもそも社員じゃなくて専属契約だから(批判は)当てはまんないの!」

「診断書?Twitterできるなら仕事出来るだろ!」

「(仮面ライダーフォーゼのヒロイン役を清水富美加が自分で取ってきた点を指摘され)オーディションに受かる人材に育てたのがウチなの!」

「(清水富美加が死にたいと漏らしていたことを指摘され)自己責任なんじゃないの?」

「電通みたいな上場企業と比べんなって。ここはオーナー企業だから社長は辞任しないの!」

「マスコミはホント良いこと言うよ。流石だね。」

「お前ら素人だから教えてやる。大手のCMが欲しいの!」

[via:http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170221-47609895-tbnews]

本間憲 プロフィール
(ほんま けん)
レプロエンタテインメントの代表取締役社長。
俳優の本間優二の実兄である。

1980年、19歳の時に芸能プロダクションに運転手兼雑用係として就職。
1991年に芸能プロダクション会社のレヴィプロダクションズを設立。
2006年に社名変更し、現在の株式会社レプロエンタテインメントの代表取締役社長に就任した。
Twitter:本間憲/Steve Homma @Takashiiiiiii
Instagram:Takashi Homma 本間 憲さん(@steve_homma)

[via:https://ja.wikipedia.org/wiki/本間憲]

本間優二 プロフィール
(ほんま ゆうじ)
東京都新宿区出身。
東京都立烏山工業高等学校中退。
芸能活動時の所属事務所はスカイコーポレーション。

高校中退後は暴走族に入り、のちに宇梶剛士なども在籍していたブラックエンペラーに加入、新宿支部長から3代目名誉総長に登りつめた。

そのブラックエンペラーを追ったドキュメンタリー映画『ゴッド・スピード・ユー! BLACK EMPEROR』に現役暴走族として出演したことがきっかけで映画監督の柳町光男と知り合い、1979年に映画『十九歳の地図』の主役に抜擢され、俳優デビュー。

以降は準主役や脇役として活躍したが、芸能活動を望んでいなかった本人の意向もあり1989年に引退した。

[via:https://ja.wikipedia.org/wiki/本間優二]


ビートたけし主演のTVドラマ『刑事ヨロシク』(1982年 TBS)にも出演。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事