SPORTS

HEADLINE

【リオ五輪サッカー】堅守をズタズタにされナイジェリアに5失点【海外の反応】「なんて試合だよ」

s20160805-1

リオ五輪サッカーで手倉森誠監督率いる日本五輪代表がグループリーグB組の初戦・ナイジェリア戦(日本時間5日午前10時キックオフ)で試合当日の長距離移動で話題を集めた相手に5点を叩き込まれ、世界中に醜態をさらしてしまった。

それにしても、だ。日本は実力上位のナイジェリアが相手だったとはいえ、絶対に勝たないといけない試合だった。

大会前、米国アトランタで合宿を張ったナイジェリアは当初、7月29日にブラジル北部の試合会場マナウスに到着するはずだった。

s20160805-2

しかし、マナウスに到着したのは試合当日の現地午後2時20分(日本時間5日午前3時20分)。キックオフの6時間40分前に現地入りというドタバタぶりだ。

「キレ味に圧倒されていた」

s20160805-5

選手たちは午前5時に起床してホテルのロビーに午前6時集合。飛行機に乗ってマナウスに着いてホテルでひと休みした後、キックオフ3時間前にスタジアムに到着して初練習。

それも登録18人中、16人しかピッチに姿を見せなかった──ナイジェリアに勝てないようでは、大会前に手倉森監督、選手が連呼した「メダルを狙う!」が気恥ずかしくなるばかり。

「記者席で試合を見ていてナイジェリアの選手たちから、長距離移動の疲労であるとか、準備不足などは感じられず、それどころか個々の選手の強靱なフィジカルとスピード、キレ味に圧倒されてしまい、日本はボールを保持する時間が短く、ペースを握れないことでミスも目立った。

s20160805-3

日本―ナイジェリア戦の前にグループB組のコロンビアとスウェーデンとの一戦も現地取材しましたが、両チームとも仕上がりが悪く、日本が戦っても勝てるという印象だった。

それだけにナイジェリア相手に勝ち点3をゲットしておけば、グループB組の1位突破の可能性も広がっただけに残念でした」(現地で取材中の元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

グループB組を2位で突破しても、決勝トーナメント1回戦の相手はA組1位突破が予想される優勝候補ブラジル。先に進むには至難のワザだ。

ナイジェリアの“自滅”によって勝機が生まれた日本。自慢の堅守をズタズタにされ、メダル獲得は大きく遠のいた。

[via:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/187211]

ナイジェリア戦後の会見

s20160805-7

試合後の会見には日本代表の手倉森誠監督と南野拓実が出席。

手倉森監督は5失点を喫した理由についてメンタルの問題を挙げ、「次に引きずらない。逆にしっかりと受け止めて、今度負けたら終わりだという危機感の中でたくましさを示せれば」と第2戦以降での巻き返しを誓った。

日本は8日に第2戦でコロンビアと対戦する。

大量失点した理由をどう考えるか?

手倉森 立ち上がりは相手に勢いがある中で、相手の13番(サディク・ウマル)に(ボールが)収まって、トップとトップ下に手を焼きました。その時に自分たちの対策を持つ前に、心理的に慌ててしまった。

ディフェンディングサードのエリアで対応が少し、足が浮いていた。それが開幕戦からくるものなのか、ナイジェリアの勢いやクオリティーからくるものなのか。

そこをしっかり分析して、落ち着いた対応と強さというものを求めなければならないと思います。

与えた失点が少し多すぎました。そこは是正しないといけない。次はやられないように、短期間での成長というものをやってみせます。

一番のポイントはどういったところか?

手倉森 引きずるなということ。ゲーム中に失点して引きずっている。2点差にされて引きずる、そして3点目をやられる。

(与えた)PKがPKだったのかというのはありますけれど、自分としてもこんなに多く(点を)取られるジャパンではないという作り方をしてきました。

取られたところはスキル、戦術で多少(難が)あるかもしれないですけれど、メンタルもあると思います。次に引きずらない。逆にしっかりと受け止めて、今度負けたら終わりだという危機感の中でたくましさを示せれば。

そういう話をしながら挽回力を見せられればと思います。

[via:http://rio.yahoo.co.jp/column/detail/201608040009-spnavi]

海外の反応&ゴール動画

前半

NGR1-JPN0

・かなり早い段階でのゴールだな

NGR1-JPN1

・上手いPKだ、1-1
・この試合素晴らしいな、アハハ!
・ディフェンスって何?

NGR2-JPN1

・一体何が起こっているんだ?

NGR2-JPN2

・南野の冷静なフィニッシュで同点
・なんて試合だよ
・この試合、瞬きするとゴールを見逃すわ
・10分で4ゴール、この調子なら15対15になると予想
・4分もゴールがないとは、つまんねー!(冗談)
・トイレから帰ってきたら0-0から2-2になっている
・いつものように、この日本代表は守備面で一歩遅れている

NGR3-JPN2

・日本の選手の酷い守備
・史上最低のクリア?
・5番は何を考えているんだ?彼はあのクリアでナイジェリアにゴールをプレゼントした
・一体なんだこれ とんでもない形で3失点、なんて言ったらいいかすら分からないよ

後半

・もういいわ 塩谷ですらやらかす
・日本は相手に試合をプレゼントしているだけだ 見ていられない
・軽い接触でナイジェリアにPK
・また室屋と塩谷が本当にまずかった

NGR4-JPN2

・ちょっとダイブぽかったけどな
・原川に代わって浅野が入る
・日本のパス成功率が75%、ナイジェリアは89% これで全てが分かる
・日本の誰も全力疾走していない
・おやまぁ日本の守備はかなり酷いな
・ナイジェリアがペナルティエリア付近に近づくと毎回そこそこのチャンスを生まれる

NGR5-JPN3

・浅野がゴール、やったあああああああ
・アーセナル新加入の浅野拓磨がヒールでゴールしたぞ
・これはなかなかのフィニッシュだ
・オフサイドだったが浅野が2点目を決めかけた・・・なんて選手だ
・すでに武蔵の方が遠藤よりもインターセプト数が多いな
・俺は間違いなく朝の4時まで起きてこの試合を見るべきじゃなかったが 見てよかったよ、なんて試合だ!
・両方共に守備が酷いが最高だ 超守備的だったユーロよりも面白い・・・

NGR5-JPN4

・武蔵の極上のフィニッシュ!でも試合終了
s20160805-4

試合終了後

・なんて試合、なんて日だ!
・8試合で32ゴール!サッカーにとってとんでもない1日だったな
・中立にとっては最高の試合
・残りの試合に向けて日本はやるべきことが本当に多いな
・アーセナルは将来的に鈴木武蔵とも契約すべきだな この子はやれる
・(鈴木武蔵は)日本のネイマールだな
・まじでとんでもない試合だった
・ここは朝の7時だけど起きて試合を見てよかったわ
・最後の最後まで戦った日本のチームにも大きな敬意を
 >典型的な日本だな
・遠藤+大島+原川=守備的MF1人にすら及ばない 彼らは守備ができない
・俺なら遠藤を最終ラインに下げて原川の代わりに浅野を入れて3-5-2にする
 >室屋と藤春は素晴らしいウィングバックになるだろう 岩波を塩谷のところに入れる!
  >完全同意 オーバーエイジのDFとして塩谷がディフェンスを統率すべきだが、彼が一番責められるべきだ
・両チームともどれだけ守備が混乱しているんだ!!
・ちくしょー、これはかなり日本にとっては恥ずかしい
・この試合を見た唯一の理由は浅野と言っていいが面白くて見てよかったわ
・ブラジル人記者の採点
s20160805-6

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 3
    名無しさん 2016/08/07 0:21

    はじめから期待してませんよ。

  2. 2
    ほんだけーすけ 2016/08/06 9:32

    日本の恥さらしどもがっ!謝れ、日本国民とこの俺様に

  3. 1
    名無しさん 2016/08/06 1:40

    相手のコンディションが良くなくてこの結果。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事