SPORTS

HEADLINE

トッティ現役続行でJ2東京ヴェルディに移籍か!?米リーグは断りローマの役員との二択に!?

イタリアサッカー界を代表するスーパースターで、今年5月に25シーズンにわたって在籍してきたセリエAのローマを退団したFWフランチェスコ・トッティ(40)の獲得に乗り出している、J2東京ヴェルディの羽生英之社長が9日、交渉に大きな進展があったことを明らかにした。

交渉はトッティの代理人を務める実兄とヴェルディの間に、日本人の代理人が入る形で進められている。その日本人の代理人から今月6日、羽生社長のもとに「二択になりました」と連絡が入ったという。

「ローマに役員として残るか、ヴェルディで現役を続けるかの二択ですね。アメリカのマイアミとロサンゼルスからもオファーがあったと言われていましたが、これでアメリカ行きの線は消えたのかなと」

ローマの熱狂的なサポーターである両親の間で生まれ育ったトッティは、1989年にローマの下部組織に入団。

1993年3月にわずか16歳でトップチームでのデビューを果たし、以来、セリエA通算で619試合に出場し、250ゴールをマークするなどクラブ最多記録を更新し続けてきた。

2003年夏には世界的なビッグクラブ、レアル・マドリード(スペイン)からオファーを受けるも固辞。

ローマ一筋でプレーした究極のバンディエラは、イタリア語で「王子様」を意味する『イル・プリンチペ』という愛称ともに、サポーターから比類のないほど絶大な支持を得てきた。

しかし、ローマ側は昨シーズンをもって契約を更新しないことを決定。

トッティ自身もSNS上で退団を報告し、ホームにジェノアを迎えた5月28日のシーズン最終戦の後半9分から途中出場。勝利で有終の美を飾り、終了後のセレモニーでメッセージを読み上げるときには思わず涙を流している。

もっとも、トッティ自身は退団後の身の振り方をまだ表明していない。ローマは幹部就任を要請しているが、現役続行を希望しているとされるトッティは態度を保留。

そこへ10年ぶりのJ1昇格を目指すヴェルディが、上位につけているJ2戦線を勝ち抜くための切り札として獲得オファーを出した。

条件提示も済ませ、トッティ側からの返答を待っている羽生社長によれば、ヴェルディの動きが表面化した先月下旬以降、ローマのサポーターの間では激しい反対運動が展開されているという。

「ローマのトッティのままで終わってほしいという声が、ものすごくあるみたいですね。代理人からは『ローマ市内がすごい騒ぎになっていて、トッティが落ち着いて考えられる状況ではない』と聞いているので」

果たして、イタリア代表としても58試合に出場し、2006年のW杯ドイツ大会優勝に貢献した稀代の「10番」は、日本で、しかもJ2の舞台でプレーするのか。

可能性を排除できない理由のひとつに、ヴェルディよりもはるかに高額なオファーを提示していたアメリカの2チームを断ったことが挙げられる。
ヴェルディが出した今回のオファーは、トッティ自身が日本でのプレーに興味をもっていることを、羽生社長が懇意にしている知人から伝え聞いたことが発端だった。

チームスポンサーの後押しを受けて、トッティ側に対して失礼のない条件も用意して提示した。

イギリス紙『サン』などは、トッティ側が年俸300万ユーロ(約3億7500万円)を要求したことで交渉が暗礁に乗り上げたと報じたが、羽生社長は条件面での心配はないと強調。

一部で報じられた、100万ユーロ(約1億2500万円)を大きく上回る金額を提示したことを示唆している。

「Jリーグにクラブライセンス制度があることは、私自身、重々承知しているので。お金のことで(債務超過などに陥る)心配があったら、トッティを取りにはいきません」

トッティ自身、幼少期にイタリアでもテレビアニメが放映された人気漫画『キャプテン翼』の大ファンとなり、登場人物が放つ必殺シュートの真似をして足首を骨折したという逸話もある。

心の奥底に脈打つ日本への親近感が上回り、ヴェルディよりも条件のいい2チームが排除され、ローマのフロント入りとの二択に絞られたとしたら――可能性は決してゼロではないだろう。

今月に入ってからは、現役時代はトッティや中田英寿とともに2000‐01シーズンのセリエAを制覇し、来シーズンからはローマの指揮を執るエウゼビオ・ディ・フランチェスコ新監督が、イタリアのメディア上で盟友の今後について言及している。

「ほぼ間違いなく彼はクラブの役員となる。最近も彼とそういう話をした。彼が近くにいてくれるのは非常に嬉しいことだ」

もっとも、ヴェルディ関係者によれば、こうした動きはトッティの日本行きに対するネガティブキャンペーンの一環だという。

トッティ自身はリーグ最終戦を最後に一貫して沈黙を守り、従ってフランチェスコ監督が言及した「彼とそういう話をした」も、実は根も葉もないこととされている。

多額の負債を抱えるローマは今オフに入り、リーグ戦で2位に入る原動力になったエジプト代表FWモハメド・サラー(現リバプール)をはじめとする力を続々と放出。

戦力ダウンに対するサポーターの怒りを、トッティのフロント入りを喧伝することでそらしたい狙いもある。

こうした思惑に対して、ローマへの愛を貫いてきたトッティが嫌悪感を覚えるおそれもある。いずれにしても待つしかない状況に、羽生社長も苦笑いするしかなかった。

「トッティが一人でどこかに旅行に行って、そこで最後は決めたいと言っているみたいですね。本人もかなり悩んでいるんじゃないでしょうか。とにかく(獲得を)祈っています。Jリーグ全体のためにもなるので」

Jリーグの第2登録期間は今月21日から8月18日までとなっている。実際にトッティが日本行きを決断し、最速で契約や手続きが進めば、カマタマーレ讃岐をホームの味の素スタジアム迎える22日のJ2第24節から出場が可能となる。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/13314653/]

東京という都市に興味?

仲介人によるとトッティは「ローマという都市の将来を考えて、東京のようになってほしい」という願いがあり、「東京という都市に大きな興味を持っている」。

数ある日本のクラブの中から、Jリーグ初代王者の首都クラブ・東京Vを指定したというトッティ。加入の可能性は大いにあると言えそうだ。

[via:http://blogola.jp/p/72269]

ネットの反応

・絶対ねーよ
・イタリアでの最終戦みたけど、パスの精度とか試合終盤に逃げ切る時の巧みさとかまだまだ1流の選手
・来たら嬉しいけど緑だけはないわー
・緑のユニ似合わねえなあ
・トッティを取ってぃ
・何を悩むことがあるんやローマでええやろ
・J2じゃもったいないな J1で観たい
・トッティ「ここが東京のスタジアムか。客がいないが本当にここは東京なのか」
・マトモな判断力があるならJ万年2部の弱小チームよりローマのフロントを選ぶだろw
・晩節に黒歴史を刻まなくても
・トッティ「ヴェルディ?日本のチームなの?そこに移籍する?ボクはそんな話は聞いていないよ?」
 >まあ代理人が勝手にやってるだけでこれだろうなw
・なんでローマ一筋の最後がヴェルディになるんだよやめろよw
・くるわけないでしょ いつものやつだよ
 ラウールは来たか?デルピエロは来たか?
・ま、ヴェルディでリハビリして、J1の有力クラブに移籍もありだろ。
・ヴェルディになぜトッティが必要なのか?頭おかしいw
・ここはヒデさんの出番
・悲しくなるからやめろ
 最初は客来ると思うけどすぐガラガラになる
 そんなとこでやらせたかない
・普通に考えれば日本の2部のチームに来る理由なんて無いんだがトッティだしなあ
・現地メディアではローマかアメリカかインチョンて報じられてるじゃん…
・トッティ日本あんま好きじゃないっぽい

コメント

  1. 2
    名無しさん 2017/07/11 19:21

    日本に興味があるからじゃないの?

  2. 1
    名無しさん 2017/07/10 22:00

    ヴェルディごときに来るわけない。何の意味もない。
    金目当てでやってるなら、等の昔にレアルなりに移籍してる。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事