SPORTS

HEADLINE

【東京五輪】柔道日本代表・向翔一郎 電子タバコ批判され「おいカス」ラップでディスり炎上

映っているのはサングラスをかけ、ピアスをした屈強な男。

「おいカス」と呼びかけると、テンポよくラップを展開し、首を斬る仕草をしたかと思えば、しまいにはモザイク越しに中指を立てて――。

この男、東京五輪の柔道日本代表なのだ。

柔道男子90キロ級の東京五輪代表に内定している向翔一郎(24)が、YouTubeで喫煙シーンや特定の人物を中傷するような動画を掲載していたことが「週刊文春」の取材で分かった。

向は昨年の世界選手権で銀メダルを獲得するなどして代表入りを果たす。キックボクシングの要素も取り入れるなど独自の柔道スタイルを築き上げ、「東京五輪でも金メダル候補」(スポーツ紙記者)と目されている。

向は今年5月、東京五輪柔道60キロ級代表の高藤直寿(27)のYouTubeチャンネルで、高藤と対談。


㊧向翔一郎選手 ㊨高藤直寿選手

その中で向は、YouTubeでの活動について「バックに全日本柔道連盟と(所属先の)ALSOKがいる。めっちゃ重たいんよ」とこぼす。

高藤が「チャンネル登録者数100万人目指すために(所属を)辞める?」と問うと、「ALSOKやめられない理由が、(中略)家賃手当があるから……家賃手当大きい(笑)」などと語った。さらに向は対談中に電子タバコも吸っていた。

この動画を問題視した元バルセロナ五輪柔道男子代表・丸山顕志氏(54)は、自身のFacebookに、「電子タバコを吸いながら現役柔道家が、それも東京五輪内定選手としてYouTubeで全世界に配信をしているではないか!(中略)もし我が息子だったら猛省させケジメとして確実に東京五輪は辞退させる」と書き込んだ。


丸山顕志氏

この後、高藤は動画から喫煙シーンをカットして再掲載した。

一方、向は自身のYouTubeチャンネルに、「f××k ○ MOUNTAIN」と題したラップの動画をアップ。

歌詞は

「おいカス お前引きずり回すラップ」

「アンチの先頭 子が笑われる 親の在り方 今 問われる」

「五輪出場 値しないとか アラばかり探してても無駄」

といった内容だった。

丸山氏は「○ MOUNTAIN」というタイトルが“丸山”を指していることに気づき、向と電話で直接会話。

謝罪の言葉はなく、「柔道を普及させるためにやっていることに対して、誹謗中傷をやられたので、面白くありませんでした」と言われたという。

動画の真意を聞くべく、向の携帯に電話をすると、「ALSOKを通してください」と返答。

ALSOKは「動画について弊社は全く関与していないため、公開理由等は把握しておりません。所属選手に対して、それぞれの立場に相応しい品位ある行動をするよう指導しております」と回答した。

高藤の所属先企業は高藤の動画について、「未成年者の喫煙を助長する恐れがあることから、喫煙シーンは映らないようにしております。本動画については編集漏れがあったため、該当シーンを削除する編集を行いました」と回答。

全日本柔道連盟は向の動画に関して、「当連盟は公開に関与しておらず、公開の理由も把握しておりません。SNSの具体的な運用に関しては慎重を期すよう指導しています」と答えた。

小誌取材後の6月16日、向はラップ動画を非公開にした。

6月18日(木)発売の「週刊文春」では、“柔道界の異端児”と呼ばれる向の言動や、丸山氏の怒りの声、丸山氏の息子で柔道日本代表候補の丸山城志郎と向の意外な関係性などについて詳報する。

[via:文春オンライン]
https://bunshun.jp/articles/-/38464

向翔一郎 プロフィール
(むかい しょういちろう)
生年月日:1996年2月10日
出身地:富山県高岡市
身長178cm

日本の柔道選手。階級は90kg級。身長178cm。組み手は左組み。得意技は内股。メイプル超合金のカズレーザー似とも言われている。

父親が柔道の指導者だったこともあり、4歳の時に姉の向奈津美に続いて柔道を始めた。

小学校1年の時に新潟県へ移ると、白根柔道連盟凰雛塾の所属となった。小学校4年から本格的に取り組み始めると、この時期が一番強かったのではないかと思えるほど試合で勝ち続けていたという。

中学は上京して講道学舎の所属となった。講道学舎では非常にきつい練習を課せられたが、要領よく立ち回り先輩からも好意的に接せられたこともあって体重も10kgほど増えた。

その後富山県の雄山中学へ移ったが、講道学舎出身というプライドが邪魔して伸び悩むことになった。

高岡第一高校へ入学しても、講道学舎出身だということで周囲からちやほやされて、熱心に練習することはあまりなかった。

しかし、中学まで圧勝していた同級生に敗れた際に、これまでの無作法な態度を父親に諭されたことなどもあって、以降は真剣に練習に取り組むことになった。

大学では柔道をやめてアメリカンフットボールに取り組む予定だったが、日本大学の柔道部にスカウトされて柔道を続けることに決めた。

日本大学4年の2017年4月には全日本選抜体重別選手権で初優勝を飾った。この際に、「ベイカーさんにスタイルでは勝っていると思う。最終的な目標は東京五輪で優勝すること」とコメントした。

大会後、日大柔道部の集合日に遅刻したことで、柔道部監督で全柔連強化委員長も務める金野潤に咎められた。過去にも度々遅刻を繰り返していたことから、柔道部の出入り禁止を喰らい退寮も余儀なくされた。

11月の講道館杯では優勝。大会後、金野に詫びを入れると、再び柔道部に受け入れられた。

2018年4月からは綜合警備保障の所属となった。

2020年2月のグランドスラム・デュッセルドルフでは3位になった。その後に開かれた強化委員会で、1名の強化委員が白票を投じたのを除いて賛成票が得られたため、東京オリンピック代表が内定した。

代表内定となった向は、「90キロ級(の代表争い)は横一線だと思っていたが、五輪で結果を残すには自分ぐらいのメンタルじゃないと駄目だと思っていた。優勝して恩返しする。」と決意を語った。

IJF世界ランキングは3721ポイント獲得で9位(20/5/11現在)。

[via:https://ja.wikipedia.org/wiki/向翔一郎]


向翔一郎 ラップ動画のサムネイル

ネットの反応

・ラップwww
・これは内柴二世レベルのヤンチャの誕生ですな
・あんまり知らんかったけど國母なみのキャラか?
・色々と事情があるにしてもオリンピック代表が、、、これはあかん。
・柔道は、礼節が重要です
・アホが動画なんかあげるからこんなことにw
・強ければ良いみたいな感じで学生時代も過ごしたんだろうな。柔道しか知らない世間知らずで。
・柔道の五輪代表にもなる選手にはただ強いだけでなく礼節と柔の心を兼ね備えていて欲しい。
・かなり馬と鹿。今ユーチューブでこんな事したら、こうなるってわからないんだもん。
・ただの当事者間のイザコザレベル。
・未成年じゃあるまいし電子タバコ吸っただけで文句言われたらそりゃキレるわ。個人の自由だろ。
・まあ喫煙は良いとしても、基本的な人間性の問題だな。
・日本柔道界といえばセクハラパワハラだからw
・スポーツ選手に要求し過ぎ 体育会の実態とか見てこなかったのか?
・素敵なチョン顔
・カズレーザーに迷惑だわw
・こんな輩が金メダルとったら碌なことにならない。
・プロレス転向で!
・前々から思っていたけど向君、君はプロレス向きだ。プロレス向だ。技のキレ感とルックス、その個性、スターになれる。総合ルールとかで丸山父と戦うなら見に行くよ。
・柔道もユーチューバー出てきてるんだな そっちのが驚いた
・ディスられた方もラップで返すべし
・ALSOKを愚痴ってたくせに、都合が悪くなった途端ALSOKに頼るのはダサいなw

【YouTubeチャンネル】
ショウちゃん第1CHANNEL 向翔一郎&祥平STANZチャンネル登録者数 2010人

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2020/06/23 1:36

    目が少し中心に寄ってるでしょ?
    これ半島顔の特徴なんですよね

  2. 2
    向翔一郎 2020/06/20 18:11

    表現の自由とは言え、柔道界の偉大な先輩に対して失礼極まりない。

  3. 1
    名無しさん 2020/06/19 7:49

    和製ラップはダサいw

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事