SPORTS

HEADLINE

バルサのフランス代表選手の日本人差別発言 フランス在住のひろゆき氏&辻仁成氏が反論 差別意図なし?誤訳?


㊧グリーズマン ㊨デンベレ

FCバルセロナに所属するフォワード選手の2人が、日本人のスタッフに対して侮辱的な差別発言をおこなったことがSNSで暴露され、問題になっている。

英紙「デイリー・メール」によると、発言をしたのはFWのアントワーヌ・グリーズマンとウスマン・デンベレ。

差別発言は、ホテルの部屋でテレビの設定をしている技術スタッフたちに対して浴びせられたもので、デンベレたちがテレビゲームをするために技術スタッフを部屋に呼んだとみられている。

技術スタッフが設定を進める様子をベッドの上で眺めながら、デンベレはグリーズマンに向かって

「たかがPES(サッカーゲーム)に汚いツラをずらっと並べてさ。恥ずかしくないのかよ」

「くそいまいましい言葉だな」

「お前たちは進んでいるのか、それとも遅れているのか。この国でさ」

と発言したという。

動画はデンベレが撮影したもので、日本人スタッフの顔をアップにするところもあり、言葉をかけられたグリーズマンは笑っている。オランダメディアによれば、この動画は2019年夏のプレシーズンのものだとみられている。

香港紙「サウス・チャイナ・モーニング・ポスト」はバルセロナのスポンサーが日本の楽天であることを挙げ、この映像がアジアツアーのものであれば、他にもアジア人を馬鹿にした場面があっただろうと書いている。

[via:クーリエ・ジャポン]
https://news.yahoo.co.jp/articles/200912e2d89c7bbd90044cf43836619fbafaab97

【映像】侮辱的な言葉を浴びせるデンベレと、それを笑うグリーズマン

標的にしたわけではないと表明

デンベレは自身のインスタグラムで「皆さん、こんにちは。ここ数日、2019年のプライベートな動画がSNSに出回っています。それが撮られたのは日本だった。けれど、地球上のどこでも起こりえたし、私は同じ表現を使っただろう」という開き直ったような釈明を投稿。

続けて「私はどのコミュニティも標的にしたわけではない。友人とのあいだで、たまたまこうした表現を使っただけで、彼らの出身地は関係ない。この動画は公開され、映っている人たちを傷つけるかもしれない。心からお詫びしたい」と書いている。

また、グリーズマンも自身のツイッターで「私はあらゆる差別に反対してきた。この数日、ある人たちが私を別人のように描きたがっている。私への非難には断固反論するし、日本の友人を怒らせたのだとしたら申し訳ないと思う」と書いている。

[via:クーリエ・ジャポン]
https://courrier.jp/news/archives/252048/

三木谷氏の抗議にこっそり謝罪

2017年からバルサのスポンサーとなっている楽天グループ代表の三木谷氏が、6日にツイッターで声明を発表。

「FCBの選手が差別的発言をした事について、クラブのスポンサーまたツアーの主催者としてとても残念に思います」と記したうえで、「楽天はバルサの哲学に賛同し当クラブのスポンサーをしてきただけにこのような発言は、どのような環境下でも許されるものではなく、クラブに対して正式に抗議すると共に見解を求めていきます」と、クラブに対して抗議することを表明した。

スペイン紙「スポルト」は、「グリーズマンは楽天のCEOにすでに謝罪」との見出しで、スペインのラジオ局「RAC1」が伝えた内容を紹介している。

「アントワーヌはすでに個人的に楽天のCEOミキタニとコンタクトを取り、動画について謝罪した。デンベレも数時間以内に問題を解決すべく、同様のことを行う予定だ」

記事によれば、グリーズマンは三木谷氏にコンタクトを取って謝罪し、デンベレもそれに続く見込みだという。一連の内容は世界の各国メディアでも報じられており、事態の行方に注目が集まっている。

[via:Football ZONE]
https://www.football-zone.net/archives/329886

ひろゆき「ひどい悪口」も差別意図なし

「2ちゃんねる」開設者のひろゆきこと西村博之氏が自身のツイッターを更新し、サッカーの強豪・バルセロナに所属するフランス代表FWウスマン・デンベレとFWアントワーヌ・グリーズマンが日本人への侮辱的な発言をしたことについて言及した。

フランス在住のひろゆき氏は6日の投稿で、

「今回のsales gueulesとputainはフランス人に向かっても使う言葉なので、酷い悪口ではありますが人種に言及した言葉ではないと思いますが、いかがですか?」

「フランスでは人種差別は違法なので、差別と悪口は差があります」

「悪口を完全に禁止すると、上司の愚痴も言えないし、お笑い芸人も違法」

などとツイートしていた。この投稿をめぐりネット上では議論となり、フランス在住の言語学者らも、ひろゆき氏の意見を否定する内容の記事を投稿するなどしていた。

8日、ひろゆき氏はこの言語学者の記事に触れ、「若者言葉を知らない高齢者の方が『聞いたことが無いからフランス人は使わない』というのは勉強不足なだけだと思います。

フランスの歴代観客動員数3位の映画『最強の二人』で”putain”は18回出てきます。セザール賞最優秀作品賞でカンヌ国際映画祭の審査員賞の『Les Misérables(2019)』では23回です」と反論。

さらに、「”sale guele”には疲れた顔とか困った顔という使い方もあります。『3人の疲れた顔を』ズーム『ウイイレをやるためにわざわざ呼んで。お前恥ずかしくないの?』という説明出来るわけです。んでも、部外者や仏語をわからない人が『差別の意図がある』とか他人の内心を決めつけたり面白い現象ですよね」と、単語の辞書の和訳の画像を掲載し、和訳の一例を挙げていた。

[via:スポーツ報知]
https://hochi.news/articles/20210708-OHT1T51097.html

辻仁成「誤訳」と指摘

フランス・パリ在住の作家でアーティストの辻仁成氏が日本時間8日までに自身のブログを更新。

サッカーの強豪・バルセロナに所属するフランス代表FWウスマン・デンベレとFWアントワーヌ・グリーズマンが日本人への侮辱的な発言をしたことについて言及した。

辻氏は、4日の投稿で、フランス代表の2人の侮辱発言騒動が日本のヤフーニュースで流れたことを知り、真偽を確かめるために情報源を確認。

結果、辻氏が目にした日本の一部メディアでの内容は、発信元となった「英国のデイリーメールで発信された記事をそのまま翻訳して掲載」したものだったという。

辻氏は問題の動画もチェック。自身の感じたフランス代表の2人の言葉のニュアンスに関し、

「意味にはバリエーションがあり、ぼくは、なかなか調整が終わらない技術者らに、『なんで、そんな悲痛なひでー面すんだよ』みたいなニュアンスで、言ったものと、聞こえた」

と表現。さらに、

「で、次の問題個所、デンべレが、Putain, la langue!『はぁ、なんて言葉(自分にとって意味不明)!』ともらしたのだ。これをデーリーメールは、『後進国の言葉』と訳しちゃってる。ちょ、ちょっと、どうやったら、そういう訳になるんだ???」

と疑問を呈し、日本のメディアが「そのまま載せちゃったから、この2人は日本で厳しい立場に追い込まれている。(本国ではほとんど話題になってないのは、誤訳がないからだ・・・)」とつづった。

さらに8日には、「グリーズマンとデンべレのことを日記に書いてから多くの批判、なかには『日本に帰って来るな』という誹謗中傷まで」と、多くの中傷が寄せられたことを明かした。

その上で、「まず、ぼくはね、『擁護はできない』『大バカ者』『クソガキ』『ホテルの人にすぐに謝りなさい』と書いた。差別は断じて許さない。彼らがやったことは決して許されることではない」と、仏代表への怒りをあらためて表明した上で、

「確認のために、彼らの動画を見たら、彼らが言ってない表現があった。かなり聞き取りにくいのは事実だが、確実に言える部分は『後進国の言葉』とは誰も言ってない。

差別を糾弾する者が、差別を煽るのは許されるのだろうか?もちろん、ぼくの言い方にも言葉の足りなさはある。ただ、ぼくは多くの批判を受けたが、まずはこの誤訳に疑問を抱いたからである」とし、「誤訳を誰も指摘しないのはなぜだろう?」と疑問を呈した。

仏代表2人の謝罪と釈明に関しては「グリーズマンとデンべレは謝罪はしたけど、残念な謝罪で、失望した。厳しい現実をきちんと受け止めてもらいたい」と感想をつづった。

[via:スポーツ報知]
https://hochi.news/articles/20210708-OHT1T51118.html

ネットの反応

・本当に誤訳か?
・日本在住のフランス人は別に誤訳ともなんとも言ってなくて、選手2人を非難してたよ
・ダバティさんとか、ネイティブな方々がはっきりと差別と断言しているんですけど?
・誤訳ではなく「そのまんま」って日本在住のフランス人が解説してる。むしろ「一線を超えてる」まで言い切ってる。
・そもそも当のフランス人たちにはっきりと差別だって言われてるのに滑稽だと思う。
・辻さんもひろゆきもフランス贔屓が過ぎると思われても仕方ない
・擁護が無理がある
・普通に考えてこの二人の解釈が間違ってると考えるのが妥当では?
・フランスじゃ挨拶みたいなもんなんだな。
・多くの反論がある中で、自分の認識が間違っているという事を認められないのか?そういう点ではデンベレとグリーズマンとおんなじで残念だわ。
・結局、こんな人がいるからアジア人差別が無くならない。
・フランス在住日本人は差別が当たり前過ぎて感覚が麻痺してるってことだな
・我々が差別的だと感じているのはあの一連の”行動”なんだよ。訛りや言葉のニュアンスがどうだとかは正直どうでも良いし擁護するには論点がずれている。
・フランス人YouTuber→差別
 フランス紙→差別
 トルシエ(フランス人)→差別
 ダバディ(フランス人)→差別
 ひろゆき(日本人)→差別じゃない
 辻(日本人)→差別じゃない
・デンベレは謝罪ではなく、ただの言い訳だったのが火に油を注いだ
・三木谷さんだけに個人的に謝罪しても意味ないだろ。
・スポンサーにごめんなさいしたところで何の解決にもならない
・まず、動画に撮られたホテルスタッフの方々への謝罪が先。
・フランス人あるある日常の出来事だから、彼らは謝罪したって何も変わらない。

関連商品

コメント

  1. 1
    名無しさん 2021/07/09 7:53

    Twitterでひろゆきはフランス語ができないって露呈したから聞く価値がない

  2. 2
    名無し 2021/07/09 10:12

    出羽守、丸出しで草。

  3. 3
    名無しさん 2021/07/09 10:38

    差別の定義が広がり過ぎている。
    種族全体に対する、または種族全体を含む不当な“扱い”なのか、それとも単にその人個人に対する“侮辱”なのかを正確に捉える必要がある。

  4. 4
    名無しさん 2021/07/09 12:42

    辻成、大丈夫か?w
    ヨウツベで、フランス人が完全に差別発言って言ってるのにw
    コイツラって、日本下げ外国上げに必死なとこあるが、そうでもしないと自分の注目を保ってられないんだろうなw

  5. 5
    名無しさん 2021/10/02 8:46

    サイト復活待ってました!!

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事