TALENT

HEADLINE

民放に黙殺されている【のん】映画『この世界の片隅に』のヒットで流れが変わるのか!?

のんに触れないテレビ局

12月8日に放送されたニュース番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)で、アニメ映画『この世界の片隅に』が異例のヒットになっていることが紹介された。しかし、それに貢献したのん(23)については触れられることはなかった。

番組内では片渕須直監督のインタビューを通して、その製作の過程で起こったことを明かしていく内容だった。

「戦争の悲惨さに焦点を当てたものではなく、日常の生活の中での戦争というものの存在を表現していることを紹介していました」(映画ライター)

作品は第二次世界大戦中と戦後の広島を舞台に、呉市に嫁いだ主人公の北條すずと、夫の周作をはじめ、普通の人々の暮らしを描いた作品。

映画は11月12日から公開が始まり、当初は63館という小規模な状態だったが、次第に上映する映画館も増えていき、4日までに興行収入は4億5000万円に達した。観客動員は32万人を突破、上映館は88館にまで達している。

「最初は製作費が足りず、クラウドファンディングで資金調達をおこなう状態でした。しかし、その作品内容がSNSを通じて拡散され、観客動員につながっています。それだけ良作だということです」(同・ライター)

戦争の悲しみを真正面から捉えることなく巧みに表現し、さらに制作費を広く募って成功した、従来の日本映画のやり方とは異なるかたちでヒットに繋がった作品になった。

他にも、主人公のすずの声優には、能年玲奈から改名したのんが出演していることでも話題となった。

片渕監督は制作時から彼女をイメージして主人公のすずを作り上げたといい、のんがいなければこの作品も日の目を見なかったと言ってもよいほど、重要なキャストの一人だった。

しかし報道ステーションでは彼女のことが一切触れられなかった。

「彼女が所属芸能事務所とトラブルを起こして、仕事を干されて約2年。ファンは彼女の復帰を切に願っている。だから、演技をする姿を見られなくても、声優としての出番に大喜びしています。でも報道ステーションは、テロップでたった1行“声優・のん”と入れただけでした」(芸能ライター)

テレビ朝日としては芸能事務所とのトラブルは極力避けたいという姿勢の表れなのだろう。

「9月に同局の早河洋会長は『ジャニーズ事務所も芸能プロの一つにすぎない』と語り、その強気な姿勢を取材陣にアピールしていました。

しかし、今回の件でも分かるように、現状は違っています。どこのテレビ局も大手芸能事務所の顔色を伺っているのが現状です」(同・ライター)

触らぬ神に祟りなしといった状況なのだろう。

[via:http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20161215/Myjitsu_013812.html]

レブロから圧力?

「11月12日の初日舞台挨拶を前に、またしても元所属事務所から情報番組に報道規制がかけられたようです。以前にも同じような指示がありましたからね。

要請は各局にあったようで、みなそれを律儀に守っています。要するに、妨害工作、嫌がらせのようなもの。のんが気の毒でしたね」

元所属事務所はまだ契約が残っているのに一方的に事務所を移籍したとの主張から、のんと対立。本名にもかかわらず、芸能活動で「能年玲奈」の名前を使うことができなくなり、改名を余儀なくされた。

のんサイドにも歩み寄りの兆しはなく、いまだ状況に変化はない。

[via:http://www.asagei.com/71230]

ヒットの背景

『この世界の片隅に』とは、漫画家こうの史代さん原作のコミックで、時代背景としては第二次大戦前から敗戦までの日本を描いた作品となっています。

映画化にあたっては、クラウドファンディングによって全国から3374人、3912万1920円もの支援を集めて作られたという日本では珍しい作品です。

戦時中に広島・呉に嫁いだ18歳の主人公・すずの日常を描いた同作には、専門家からも最大級の賛辞が相次いでいる。

映画評論家の町山智浩氏はラジオで、同作を“町山大賞”とした上で「本当に素晴らしい映画」と絶賛。ラジオパーソナリティーのライムスター宇多丸氏も「5000億点。日本映画史に残る大傑作」とべた褒めだ。

SNS時代を象徴

3日に発表された「ヨコハマ映画祭」では、今年大ヒットした「シン・ゴジラ」や「君の名は。」などを抑え、作品賞を受賞している。

しかし、不思議なのは、これほど評判な映画にもかかわらず、地上波テレビなど大手メディアがほとんど取り上げないことだ。

おそらく、主人公・すずの声を担当したのん(23)が、影響しているのは間違いないだろう。

もともと、のんは「能年玲奈」の名で活動していたが、所属事務所からの独立騒動で露出が激減。改名した上で、出直しを図っているが、民放などは所属事務所に気を使って“腫れモノ”扱いしているのである。

だが、SNSが全盛の時代において、名作であればツイッターなどを通じて、評判はドンドン拡散していく。芸能界の“事情”なんて関係ないのだ。映画批評家の前田有一氏はこう言う。

「今年は映画のプロモーションが大きく変わった1年だったと思います。『シン・ゴジラ』も『君の名は。』も、SNSを通じて評判が広がっていった。

一方で、テレビや雑誌に出まくり大きな宣伝費を投入したにもかかわらず、大コケしたものもある。日本の映画界にとってはいいことだと思います。質が良くなければ、口コミも広がりませんから」

観客の目は正直である。

[via:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/195312/1]

久々の『あさイチ』生出演

大ヒット中のアニメ映画『この世界の片隅に』にて主人公の声を務めた女優・のんが21日、NHKのトーク番組『あさイチ』に出演。

同局の連続テレビ小説『あまちゃん』最終回前日以来の久々の生出演に、ネット上では「朝からのんちゃんが観れて幸せ」「今日のあさイチ、神回だな」と、反響が寄せられている。

前日の自身のブログでも「のんちゃんねるで鍛えた生放送、大丈夫なのか?!是非ご確認あれなのです」と出演告知を綴っていたのん。《中略》

SNS上では

「特別じゃない“通常運転”ののんさんが出演してるのがすごいことだよね」
「能年玲奈(のん)ちゃんが久しぶりにテレビに生出演!NHKあさイチよくやった!!」
「今日のあさイチ、神回だな」
「朝からのんちゃんが観れて幸せだ!あさイチありがとう」
「まさか生で『あちゃー』が聞けるとは思いませんでした。素敵」

と喜びの声が多く寄せられている。

[via:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12119-4723603/]

ネットの反応

・NHKに圧力は無理だからな
・出さない民放がクソすぎるw
・本名すら名乗れないなんて芸能界ってくそだな
・NHKはスポンサーとか無いから余裕だな
・ホント糞事務所だなガッキーが心配だ
・NHK的には功労者だし助けてやりたいって気持ちがあるんじゃないか
・再来年、クドカン大河出演の流れだね、これは
・はに丸の質問責めに文春がグダグダになってるのが面白かった

 >しばらく見ないうちにずいぶんベージュ色になってずんぐりしたな
・この映画で完全に流れ変わったな
・能年の声優は酷かったんやろ?
 >はじめはそう感じるけど、見てるうちに能年の声しかあり得ないって思ってくる
 >結婚相手にキレて、広島方言丸出しで口答えする場面の迫力すごかった
・この主人公ならこの声でドンピシャだったと思う
・大金かけたTVCMが実は全然効果が無いのがバレたらヤバいもんな
・なんでこんな検索しづらい名前にしたんだろうか
・のんも不倫で話題ふりまかないと

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事