TALENT

HEADLINE

キムタク カンヌでやらかす!?エスコートせず非難の声 海外メディアには通用しないアノ問題

元SMAPの木村拓哉さん(44)が「第70回カンヌ国際映画祭」のレッドカーペットで見せた振る舞いが、国内のインターネット上で「ドン引き」などと不興をかっている。

問題視されたのは、木村さんが女優の杉咲花さん(19)を「エスコート」せずに、ポケットに手を突っ込みながら階段を先にのぼっていく姿だ。

この日の杉咲さんは着物姿。両手で着物の裾をつまみ、いかにも歩き辛そうな様子だったが……。

木村さんは主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)がアウト・オブ・コンペティション部門に選出されたことで、約13年ぶりにカンヌ映画祭に参加。現地2017年5月18日夜には、自身2度目となるレッドカーペットイベントに臨んだ。

日本から駆け付けたファンも多く、黄色い歓声が飛び交う中でレッドカーペットに登場した木村さん。オールバックの髪型にタキシード、黒い蝶ネクタイといったフォーマルな格好で、にこやかな表情でファンの声援に応えていた。

この日、木村さんと一緒に参加したのは三池監督と、作品のヒロインを務めた杉咲さん。3人はメディアのインタビューや写真撮影に応じながら、赤じゅうたんが敷かれた会場を進んでいった。

「事件」が起きたのは、3人の歩みが階段に差し掛かった場面だった。着物姿の杉咲さんが足のすそを両手でつまみ、歩き辛そうに一段一段ゆっくりと階段をのぼる中で、木村さんがスタスタと先へ進んでいったのだ。

結局、木村さんは三池監督と雑談を交わしながら、杉咲さんの方を一度も振り返ることなく全24段の階段をのぼり切った。

ちなみにその間、木村さんは左手をズボンのポケットに突っ込んだまま。さらには、杉咲さんが2人に追いつくため、少し焦った様子で足を進める場面もあった。

こうした木村さんの振る舞いに、カンヌ映画祭のYouTube中継を見ていた国内のネットユーザーからは批判的な声が相次いだ。ツイッターには、

「ポケットに手を突っ込みエスコートもせず先を歩く。相変わらず自己中だな」

「キムタクと監督のレディファーストをしない動作が凄く気になってしまった」

「エスコートもせず女性放ったらかしでポケットに手突っ込んだままひとり飄々と階段登るキムタク、ダサさ極まってる」

「いくら素敵な人でもドン引きする」

といった書き込みが相次いでいる。

ただ一方で、今回は木村さんが緊張していたためエスコートすることを忘れてしまったのではないか、などとして、

「流石のキムタクも緊張してしまった模様」

「カンヌはキムタクでもそんな風に舞い上がってしまう、すごい場所なんだな」

と理解を示すような意見も出ていた。

なお、カンヌ国際映画祭の公式YouTubeチャンネルでは20日11時時点で、「無限の住人」を含む8作品のレッドカーペットイベントの模様をおさめた動画が公開されている。

J-CASTニュース編集部がその8本の動画を確認したところ、ドレスを着た女優に歩調を合わせず、男性陣がレッドカーペットが敷かれた階段を先にのぼっていったのは、今回の木村さんと三池監督だけだった。

[via:https://www.j-cast.com/2017/05/20298480.html?p=all]


キムタク“つま先立ち”と話題の画像

実は、「つま先立ちをしている」として切り取られた画像は、木村さんがレッドカーペット上で披露した空手アクションの瞬間を写したものだった。

つまり、今回の画像をアップロードしたユーザーは、このわずかな一瞬を切り取り、木村さんが「つま先立ち」をしているように誤解を誘う画像を作ったとみられる。

実際、木村さんの後方に居た女性が笑っていたのも、動画を見る限り、空手のアクションに反応したからだと思われる。

[via:https://www.j-cast.com/2017/05/22298574.html?p=all]

ネットの反応

・足元は写さない約束だったのにw
・背伸びしててワロタ
・後ろのブラックガール吹き出してる
・マナー以前に思い遣りの問題。
・えっ、並びもしないで本当に置いてきぼりだったんだ・・・
・外国かぶれのくせに 女性をエスコートできないとは
・日本はこういうお国柄だと思われただろうな キムタクのせいで
 >日本ってそうゆう国じゃん
・レッドカーペット階段で女性をエスコートしないのは普通ですけどねえ
・余裕無さ過ぎてカッコつけることを忘れちゃったんだよ。
・人間性を物語ってるじゃん
・キムタクがカンヌとかwゴリ押し以外のなにものでもない
・騒いでるのは日本人だけ あちらじゃ、マナー云々以前の誰?って扱いなんだろ
・海外のカメラマンが着物を撮りたくて1人残したから2人は先に登ってるだけ。

海外メディアには
忖度されなかった”鉄の掟”

第70回カンヌ国際映画祭に出席した木村拓哉の写真が海外メディアなどを通じてネット上に多数出回るという異変が起きている。

長年、ジャニーズ事務所が敷くネット上での”写真掲載NG”の鉄の掟はどこへ吹き飛んでしまったのかーー。《中略》

「カンヌ入りした木村の写真を大量にアップしているGetty Images社は国内メディアも使う報道写真の配信業者。日本のメディアの間では、Getty社の画像を使えばネット上に掲載していいのかと疑問とともに不満も噴出しています」(報道関係者)

ジャニーズ事務所が日本メディアに強いていた独自ルールはなぜ唐突に解禁されたのか。いや解禁されず、海外メディアなら許されるのか……そんな矛盾にマスコミ関係者の不満が募っているという。

「国内の大手メディアにとってはジャニーズを取材できない、テレビ出演させられないとなれば一大事。それだけにジャニーズの言い分を聞くしかなかった。

しかし、海外メディアは報道の自由を何より重んじるし、日本国内にしか影響力を持たない芸能事務所を忖度する必要性がまったくない。それだけに国外ではまるで通用しなかったジャニーズの内弁慶ぶりが露呈した格好です」(前出・関係者)

ジャニーズ所属タレントのWeb上への写真掲載については、これまで何度も線引きの曖昧さが取り沙汰されてきた経緯がある。

「ジャニーズ側にインターネットとの融和を探る姿勢も見られたものの、基本的には画像掲載は絶対NGの状態が続いていた。

しかし、昨年後半から写真週刊誌『フライデー』(講談社)や『週刊文春』(文藝春秋)など一部の国内メディアが、”報道”という観点からネット上でもジャニーズ所属タレントの写真を掲載する方向へ舵を切った。

しかし、その一方で御用メディアには掲載NGを強いたまま。こうした対応の不公平さや混乱によってメディア各社は不満だらけの状態です」(前出・関係者)

[via:http://dailynewsonline.jp/article/1312946/]

ネットの反応

・今さら古いんだよジャニーズは
・忖度って言いたいだけとみた
・海外メディアには忖度されなかったって当たり前だろ
・ジャニーズの内弁慶と言うより日本のマスコミのへたれっぷりの露呈なんじゃないのかな
・無限の住人撮影ルポ電子書籍では黒塗りになってる 本当に気持ち悪い

>黒塗りタレントw

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事