TALENT

HEADLINE

宮沢りえ(45)極秘通院、妊活報道の女性自身に「配慮なさすぎ」とブーイング!

オフィス街の反射光がまぶしいまでに快晴だった、7月上旬の午前10時過ぎ。都内の有名産婦人科があるテナントビルの裏口に、ひと目を気にしながら入っていく、宮沢りえ(45)の姿があった。

1時間半ほどして建物内から出てくると、マネージャーらしき男性に守られながら駐車場に停めてあった車に乗り込んだ――。

「この病院では従来の体外受精に加えて、不妊症に悩む女性たちのために最先端の生殖補助医療を提供。具体的には“卵子の若返り”をテーマにしたものなど、さまざまな不妊治療が受けられます」(不妊治療に詳しい医療関係者)

りえといえば今年3月、V6の森田剛(39)と再婚。あれから4カ月たった今、2人は“本気妊活”に挑んでいるという。

「結婚当初から『いつか2人の子どもが欲しいね』と夫婦で話し合っていたそうです。妊活に専念するために、りえさんは仕事をセーブ。年内も舞台や映画などの仕事は入っていません」(りえに近い仕事関係者)

最先端の医療に、周囲の厚いサポート。とはいえ現在45歳のりえにとって、妊娠・出産はたやすいことではないだろう。成城松村クリニックの松村圭子院長は、40代からの妊活ついてこう解説する。

「タイミング法や人工授精といった比較的安価な治療もありますが、40代以降の不妊治療は、ほとんど体外受精か顕微授精です。不妊治療の助成金には、開始年齢が43歳未満までという年齢制限が設けられています。

やはり、それ以上の年齢だと出産に至る可能性が著しく低くなるからです。もちろんケースバイケースですが、50回の体外受精で1回くらいの確率になってきます」

年齢と比例して過酷さも増していく妊活。そのプレッシャーは、りえにも重くのしかかっていた。

「妊活を始めた当初は、なかなか思うように進まなくて、りえさんは精神的に不安定になってしまうこともありました。あまりのつらさに、親しい友人に泣きながら電話したこともあったそうです」(りえの知人)

そこまでして、りえはなぜ森田との子どもにこだわるのか。

「りえさんは、前夫との間に生まれた長女(9)を我が子同然に可愛がってくれる森田さんの姿を見て、妊活を始めたそうです。

というのも、連れ子と実子がいたら“自分の子を可愛がるのでは”と思い込んでしまいますよね。彼女は母親として、それだけは避けたかったのだと思います。

でも、りえさんの心配は杞憂でした。娘さんも森田さんを“パパ”と呼んでなついているそうですから。これなら森田さんの子どもが出来ても安心だと、決心がついたのでしょう」(前出・知人)

一時は後ろ向きになっていたりえも、最近では明るく前向きになってきたのだという。

「実は、今回りえさんが通っている病院と長女を出産した際のかかりつけ病院が同じ系列なんです。『愛娘を授かった病院で、またもう一度!』と、りえさんは妊娠・出産への気持ちを高めていたそうですよ」(前出・知人)

剛くんとの赤ちゃんが欲しい!そんな思いを抱きながら産婦人科から出てきた彼女の横顔は、“恋多き大女優”ではなく、家族愛を求める“1人の女性”だった。

[via:女性自身]
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1647040/

産婦人科通いを報じた「女性自身」にブーイング!

3月にV6・森田剛と結婚した女優・宮沢りえをめぐる記事が、物議を醸している。

問題となっているのは、10日発売の「女性自身」(光文社)。7月上旬、りえが、人目を気にしながら、都内の産婦人科に通う姿を捉えたもので<宮沢りえ「剛くんとの赤ちゃんを!」45歳の妊活治療 産婦人科通いを目撃撮>と大見出しで報じている。

見出しにもある通り、りえは45歳で、一般的には高齢出産に当たる。

同誌によれば、同病院は「従来の体外受精に加えて、不妊症に悩む女性たちのために最先端の生殖補助医療を提供。具体的には“卵子の若返り”をテーマにしたものなど、さまざまな不妊治療が受けられる」とのこと。

りえは結婚当初から「いつか2人の子どもが欲しいね」と話していたそうで、年内は妊活に集中するために仕事をセーブしているのだという。

見出しや記事内容を見れば、りえの妊活を応援するスタンスだが、高齢ママさんからはマスコミの過剰取材に異論も。

「これで万が一、デキなかったからりえさんがかわいそう」

「妊活や産婦人科通いは個人のプライバシー。マスコミは配慮するべき」

など異論が飛び交っている。

事実、スポーツ紙記者によると「女性自身の記事にジャニーズと、りえさんの所属事務所は不快感をあらわにしているそうです。特にりえさんは大々的に報じられたことにショックを受けているそうです」という。

実際、同誌はきれいな言葉を並べ体裁を整えているが、現実の妊活はとても過酷なもの。報道があったことでりえが受けるプレッシャーの大きさは想像だに難くない。

加えて芸能関係者いわく「りえさんと森田さんの間では、昨年“いろいろ”あった。りえさんは、最後のチャンスという気概なのです」。

そうした事情があるだけに、女性自身の記事は波紋を広げている。マスコミはどこまで報じるべきなのか。今後、線引きが問われることになりそうだ。

[via:サイゾー]
http://www.cyzo.com/2018/07/post_169067_entry.html

ネットの反応

・デリケートな問題なんだからほっといてやれ
・なんでこんなプライベートなことを記事に?
・何ストレスかけてるんだよ
・産婦人科イコール妊娠って単純に考えてるクソがまだ居るんだな
・いくら芸能人でも妊活まで報道する意味あるの?
・ほっといたれや気の毒だな
・サンタフェの頃の卵子があればねえ
・よくしらんけど初産じゃなけりゃ4050でも生まれるんだろ
・せいぜい自然に妊娠できる年齢は42までだってよ
・婦人病かもしれんのに、そっとしといたれや
・更年期障害とかじゃ
・一般人が希望持って真似するから辞めて(><)
・妊活と言い切るからには普通の婦人科じゃなくて専門クリニックなのか

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2018/07/15 21:23

    どーでもいい。

  2. 2
    名無しさん 2018/07/13 22:57

    週刊誌というのはタレントのプライバシーを報じるのが業務なのに配慮もクソもねーだろ。
    マヌケな批判というのは結局は単なる感情論だけで言ってるから、同じくプライバシーを報じてる不倫に関しては何も言わないどころか、むしろ面白がって騒ぎ立てる。
    “プライベートなんだから放っといてやれ”というロジックなら不倫だって同じ事が言えるはずなのにそうはならない。
    マヌケな批判こそが批判されるべき。
    そうじゃなければ民度がいつまでも幼稚なままだ。
    民主主義の国の政治とマスコミのレベルは、その国の民度とイコールで結ばれる。

  3. 1
    名無しさん 2018/07/13 20:20

    ヨモギ蒸をするといいよ。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事