TALENT

HEADLINE

【追悼】バカ殿を見るのは反政府行為!?台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

<コロナウイルスに倒れた志村けん。その死に台湾人が打ちのめされたのは、志村が彼らにとって、民主化を迎える夜明け前の時代を共に過ごした「心の友」だったからだ>

志村けんは、なぜこうも台湾人に愛されるのか。

国共内戦後、中国から台湾に逃れてきた中華民国政権は日本に「以徳報怨」というスローガンを掲げた。

一方、少数派であった与党・国民党は多数派の元日本国民であった台湾人に「われわれは対日戦争に勝って台湾人を二等国民の扱いから解放した」と主張することで、自分たちの高圧的統治を正当化した。

そのため、日本との貿易などの「実務」を継続しながら、日本の文学、映画、テレビ番組などはあまり推奨しなかった――元々台湾人たちのみに共有されたこれらの事象は、台湾人アイデンティティを喚起してしまう恐れがあったからだ。

1972年の日中国交正常化に伴い、台湾は直ちに日本に国交断絶を宣言した。

中華民国から見れば、中国との国交樹立は裏切り行為であり、そのためこの年に台湾政府は一切の放送で日本語を禁止にし、日本映画の輸入もご法度になった。

80年代末期にようやく禁制が緩くなり、それでも薬師丸ひろ子が台湾で映画宣伝を行った時には、日本語ではなく英語で司会者とやり取りした。「日本追放」の全面解除は93年末まで待たなければならなかった。

「バカ殿」鑑賞という反政府行為

今、台湾は親日的な国柄で知られている。しかし、このような理由からわれわれ40代の人間は中学校まで日本を悪者として教育されていた。

だが「反日」という国是はあくまでも権力者の都合だ。志村の全盛期である80年代は、台湾戒厳令時代の末期でもあった。

政権側に牛耳られていたテレビ局は、視聴率を取るために日本のTBSと提携。「8時だョ!全員集合」の台湾版「黄金拍檔」が制作され人気を博した。だがその勢いは2、3年で急落した。理由は簡単だった。

「あれは日本のドリフターズのパクリだよ。オレたちが知らないとでも思ってるのか」



『黄金拍檔』

政権に政治的に圧迫され、マスコミを統制された台湾人は当時流行りのレンタルビデオ店に心の自由を求めた。著作権なき時代に日本のプロレス、ドラマ、時代劇、お笑い番組そしてアダルトビデオが棚に並んだ。

それらのビデオは日本在住の台湾人に録画してもらい、キャビンアテンダントが台湾に持ち込んだいわば「密輸品」だった。

たかがビデオの鑑賞も、当時の台湾人にとっては反政府の香りがする行動だった。「密輸入」のビデオでエンターテインメントを享受する同時に、「オレらの方が本物を知っているぞ」という妙な優越感を持ち、政権側の思想統制をあざ笑ったのだ。

ただし、たとえお笑いでも言葉の壁があり、日本の漫才や話術を本当に楽しむことは難しい。その分、志村のお笑いは直感的で分かりやすかった。世代を問わず、台湾人にとって志村は「大爆笑」の代名詞になると同時に、自由のシンボルにもなった。

本人たちは意識していなかっただろうが、台湾人はビデオ店から借りた後、何回もダビングされ劣化した映像の中に自分を投影した志村像をつくり上げ、共感した。

2000年代に日本アジア航空が金城武と志村をCMのイメージキャラクターとして起用した時、台湾人は志村が台湾に「やってくる」のではなく、「やっと帰ってきた」と思ったのだ。

だからこそ、志村が帰らぬ人になった時、蔡英文総統をはじめとした全台湾が悲しんだ。その悲しみに外交辞令や政治的な計算は一切ない。


蔡英文台湾総統が日本語で志村けんさんに弔意

強いて言えば、それはただ台湾人が民主化時代の夜明け前を、共に過ごした心の友の死を悼む感情であろう。本人にはありがた迷惑かもしれないが、彼ならきっと言うだろう。

「だいじょうぶだぁ」

蔡亦竹
(さい・いじゅ)
実践大学応用日本語学科助理教授(助教)。筑波大学文学博士。民俗学専攻。日台の相互理解を深めるため、大学勤務のかたわら作家活動を行う。台南市在住。

[via:ニューズウィーク日本版]
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/04/post-92988.php


台湾のマッサージ店

ネットの反応

・人は死ぬ時にその人の価値が現れるんだなと改めて思った。
・言葉がわからなくても通じるのはこういうところなんだろうなぁ
・志村けんさんという人の偉大さや誰にも愛される人柄は「日本の宝」だった事を痛感しました
・今回の蔡英文総統の追悼メッセージも含め、台湾の方々の日本への深い愛に心から感謝です。
・蔡英文総統もドリフ世代かもしれない。
・無理に売り込んだわけでもないのにここまで浸透している志村さんの人気ほんと凄いですね。
・台湾観光キャンペーンのご出演の理由が今わかりました。
・当時はJAAのCMをただ漠然と見てたけど既に台湾で人気があったんやなぁ。 
・なんでこの2人?って思ったけど、色々な歴史の背景があったんだね。
・志村けんさんの“変なオジさん”は、‘怪叔叔’として台灣ではとても有名でした。
・志村のように見た目や動きで伝わる笑いの方が外国人にウケるだろうし、実際、本人もその指向だったみたいだね。
・欧米も、特に米国では志村けんさんのコントは評価が高い。
・何度もダビングして劣化して…ってところがいいですね。自由を渇望していたんだなあと。
・30年くらい前の話。台湾で志村けんのビデオが出る、しかもちゃんとライセンスを取って(当時台湾は海賊版天国)とのコトで、それを聞いた志村が「それじゃちゃんと挨拶した方が良いだろう」と台湾の映像会社に挨拶に向かったら、台湾の空港で止められて記者会見を開かれて多数のメディアから質問攻めにあったそうな
・志村さん、台湾の飲食店でも快く記念写真撮影に応じてらしたのでしょう。志村さんの写真が飾られているのを、何度か目にしたことがあります。
・志村けんさん、台湾の人達まで泣かせるなんて酷いよ。コロナが憎い。
・史実を知る台湾の人達が、日本人に対して親近感を持ってくれるのが嬉しい。
・台湾とは関係ないけど…手話でアイーンのポーズすると「志村けん」て言う意味だそうですね。
・「8時だよ!全員集合」が台湾の方々に受け入れられた理由は、いかりや長介氏演じる神父=中国共産党に阿る国民党、に抗うアンチテーゼとしてパロディにしてみせる志村氏=台湾の大多数の民衆、という構図を生み出した事にもあるのではなかろうか。

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2020/04/06 19:41

    あの日本アジア航空のCMにそんな思いが込められていたとはなぁ

  2. 2
    名無しさん 2020/04/06 9:28

    ↑そこは「志村けんを」じゃなく「志村けんば」だろう
    おめさだっきゃまがせらいねぇな

  3. 1
    石亀広大@BnDCreativeStudio 2020/04/06 1:13

    わだっきゃ二代目志村けんを名乗る
    まがせでおげ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事