TROUBLE

HEADLINE

映画監督の豊田利晃容疑者 本筋は薬物も…ガサ入れで拳銃w新井浩文&ピエール瀧と繋がる点と線

「ピエール瀧被告の事件と何か関係があるのか」(芸能プロ関係者)なんて、うがった見方も出てきている。

又吉直樹原作の映画『火花』の脚本を担当した映画監督・豊田利晃容疑者(50=東京都狛江市)が、拳銃所持の疑いで18日に逮捕された事件のことだ。

「もともと静岡県警三島署や薬物銃器対策課、厚労省東海北陸厚生局麻薬取締部(マトリ)の合同捜査本部が、ある薬物関連のヤマを追っていたら、豊田の名前が浮かんできた。

一人暮らしをしている豊田容疑者の自宅を薬物の方でガサ入れしたところ、たまたま部屋から回転式拳銃が1丁出てきたのです。18日午後2時13分、現行犯逮捕となりました」(捜査事情通)

豊田容疑者の認否は明らかにされていないが、要するに“本筋”は拳銃ではなく薬物というわけだ。

大阪市出身の豊田容疑者は、9歳でプロ棋士を目指す関西奨励会に入るも、才能に見切りをつけて17歳で退会。

2018年の『泣き虫しょったんの奇跡』は豊田容疑者と同様、奨励会を退会する青年を描いた将棋映画だ。

大阪で職を転々とした後、21歳で上京し、映画製作会社へ。

「それだけでは食えんからと、副業でライターもやっとった。その頃に知り合った関西の若手お笑い芸人たちも、今やすっかり大物芸人。いまだに仲ええヤツもおるみたいやな」(興行関係者)

豊田容疑者は初監督作品の『ポルノスター』(1998年・千原ジュニア主演)で、日本映画監督協会新人賞を受賞。

「才能は早くから評価されていました。小泉今日子主演の映画『空中庭園』を2005年に監督しましたが、公開前に覚醒剤で逮捕。業界から干され、復帰できたのは09年です。

今年2月に強制性交で捕まった俳優の新井浩文被告は、『青い春』(2001年)で松田龍平とダブル主演。新井被告が『俺は豊田組』と口にするほど仲が良く、その新井被告の元所属事務所の社長は覚醒剤で何度もパクられている。

3月にコカインでマトリに捕まった瀧被告と新井被告も、15年のドラマ共演で意気投合……点と点をつなげて、うがった見方をする人もいますね」(前出の芸能プロ関係者)

合同捜査本部は拳銃所持の目的や入手ルートも追っているというが、あくまで本筋は薬物だ。

「ピエール瀧被告の事件と関係があるのかは分かりません。追っているのは、むしろ“関西ルート”じゃないですか。いずれにせよ、狙いが豊田容疑者だけとは考えにくい」(前出の捜査事情通)

戦々恐々の関係者も少なくなさそうだ。

[via:日刊ゲンダイDIGITAL]
http://news.livedoor.com/article/detail/16358491/

なお豊田容疑者が5年がかりで製作し、5月公開予定だったドキュメンタリー映画『PLANETIST』に出演した男は、南伊豆町の男から大麻を購入したとして、今年2月に大麻取締法違反(譲受)の疑いで静岡県警に逮捕されている。《中略》

一方で気になるのは逮捕したのが静岡県警で、情報提供したのがマトリという点だ。関係者は「あくまで見立てだが…」と前置きした上で次のように語る。

「新井被告の事件では、捜査過程で(被告に)挙動不審な点があり、行動確認を実施。

そこから後にコカイン摂取で逮捕されるピエール瀧被告が浮上した。

瀧被告は静岡出身で、逮捕したのはマトリ。

今回の豊田容疑者の逮捕は、突き上げ捜査の一環なのでは?」

瀧被告のコカイン入手先として“静岡ルート”が浮上している。

そして、豊田容疑者の逮捕は静岡県警。新井、瀧、豊田…3つの点が1つの線につながるのか――。

[via:東スポ]
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1359747/


『PLANETIST』は65歳のサーファーを追ったドキュメンタリー映画。取材対象だった宮川典継が大麻で2月に捕まっていて、今回、監督が逮捕されたため、監督と主演が両方獄中という劇場未公開ながらカルト映画の殿堂入りに・・・


出演者は宮川に加えてGOMA、窪塚洋介、渋川清彦、中村達也、ヤマジカズヒデ(dip)。ナレーションを小泉今日子が務める。音楽は大野由美子(Buffalo Daughter)、Cornelius、ヤマジカズヒデ、音楽監督はzAkが担当。上映時間は2時間46分

豊田監督作品はどうなる?

SNSでは〈また捕まったのか〉と呆れる声があがる一方で、〈豊田監督が撮る松田龍平が好きだったからショックだ〉といったファンからの嘆きも見られる。

豊田容疑者と松田龍平(35)は、2001年公開の映画『青い春』(01年)でタッグを組み、松田を主演に迎えた『泣き虫しょったんの奇跡』は昨年9月に全国公開され好評を博したばかり。

くしくも2作品には今年2月に強制性交罪で起訴された新井浩文被告も出演しており、『泣き虫――』にいたっては新井被告逮捕の1カ月後に控えていたブルーレイおよびDVDの発売が延期となっていた。

発売・販売元のバップは「現在も発売延期の状況は変わらない」(担当者)と話すが、今後の対応は社会的影響を勘案しながら決めることになるという。

しかし、「現在も小規模ではあるものの地方で劇場公開されていたが、製作の中心を担う監督が逮捕され、19日からはすべて上映中止となった」(映画関係者)となれば、このままお蔵入りの可能性もゼロではないだろう。

[via:日刊ゲンダイDIGITAL]
http://news.livedoor.com/article/detail/16345443/

豊田利晃監督の主な作品

王手(1991年)
ビリケン(1996年)
ポルノスター(1999年)
アンチェイン(2001年)
青い春(2001年)
ナイン・ソウルズ(2003年)
空中庭園(2005年)
蘇りの血(2009年)
モンスターズクラブ(2012年)
I’M FLASH!(2012年)
クローズEXPLODE(2014年)
火花(2017年)
泣き虫しょったんの奇跡(2018)
PLANETIST(2019)

ネットの反応

・これは別件逮捕だな
・薬で捜索したら拳銃出てきましたー。
・銃刀法違反ぐらいええやん 誰も傷つけてないし
・新井も最初は薬の線でマークされてたって記事がどっかに出てたな
・やっぱりキョンベルートなんじゃん
・芋づるw
・さすがにピエールはこじつけ過ぎ
・作品に罪はない!(大爆笑)
・青い春は好きなんだよなあ
・この監督青い春で無名時代の又吉をシンナー中毒の役で配役してるんだよな 視点は悪く無い
・映画監督が薬物はまだ分かるとしても拳銃は何目的で持ってんねん
・これこそ作品には罪はないってやつじゃないのか
・悟りを開いたホームレスみたいな顔しやがって
・本気でプロ棋士を目指して挫折したけどそこから映画監督になってメシが食えてたんだから経歴的には地味に凄いな。
・こういう人だからいい映画撮れるんだよな
・昭和の映画俳優に比べればキョンベやピエールなんて赤ちゃんだよ
・在日つながり?覚醒剤も韓国からの密輸だしね
 >ぽいな。芸能界多いし。
・類は友を呼ぶのさ
 >屑はクズを呼ぶのか?
・作品に罪はないけどなんらかの懲罰を与えないと抑止効果が無いよね。
・海外で豊田利晃監督ピエール瀧主演で撮ればいい。
・有村がいってたけどコイツの新作映画に出てる40代俳優が大麻配ってたっていうのは裏が取れてるってよ 窪塚かな
・ノンキにタイホなんかされてんじゃないよおっさんども

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2019/04/25 0:08

    どーでもいい。

  2. 1
    名無しさん 2019/04/24 5:31

      
    今回の件で分かったこと:朝鮮人さえ撮れば映画監督で食える
      

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事