TROUBLE

HEADLINE

高岡蒼佑 2億円土地財産分与請求

4か月前、宮崎あおい(26才)との離婚を決意した高岡蒼佑(30才)。

高岡蒼佑

それから4か月、高岡はツイッターを通じて、抑えていた本心をぶちまけ始めたが、宮崎に対する猛反撃は、ツイッターだけではなかった。

宮崎と高岡には都内の一等地に共同名義の土地がある。

「結婚していたころに、夫婦の家を建てようと約2億円で購入した土地です」(高岡の知人)

登記簿で確認すると、2010年9月27日に取得したこの土地の持分は宮崎が30分の29、高岡が30分の1で共同所有していることになっている。

「離婚が成立したものの、宮崎さんサイドの態度が納得いかず、高岡さんはこの土地についても、財産分与の対象にすべきだと宮崎さんサイドに改めて請求しているようなんです」(前出・高岡の知人)

30分の1しか権利を持っていない高岡が請求するのはお門違いのようにも聞こえるが、離婚問題に詳しい弁護士の長瀬佑志氏はこう説明する。

「夫婦が結婚期間中に協力して築いた財産は、たとえ妻が専業主婦で収入がないとしても、登記簿上、夫だけの名義になっている土地についても、原則として2分の1の持分を請求できます。これを財産分与請求といいます」

離婚の際に一度は”財産分与はなし”で合意したといわれるふたりだが、高岡にしてみれば、”当時とは状況が違う”という思いもあるのだろう。改めて、前出の土地について財産分与を求めているようだ。

宮崎あおい

長瀬氏によれば一度合意した財産分与を再び要求することは非常に難しく、よほどの事情がなければ認められないというが、この問題が長引いたり、裁判になったりすれば”清純派”で売る宮崎にとっては、大きなイメージダウンとなりかねない。

「彼はツイッター上で宮崎さんが”第2の不倫”をしていたともとれるつぶやきをしました。実はこれ、ある広告代理店関係者のことを指しているようです。離婚の際、高岡さんは宮崎さんの携帯履歴を見たのですが、そこにこの広告代理店関係者の名前があったのです。以来彼は、2人の関係を相当疑っているようです」(プロダクション関係者)

そんな元夫の過激行動には、宮崎自身も戦々恐々だという。「一連の離婚騒動で代理店側も、これまでのような年間契約ではなく短期の契約に変更しています。今後、高岡さんの暴露攻撃が続くようであれば、彼女の仕事面でのダメージも計り知れないでしょう」(広告代理店関係者)

[NEWSポストセブン]
http://www.news-postseven.com/archives/20120421_103441.html
http://azashi.seesaa.net/article/266463865.html#more

【関連画像/動画】
宮崎あおいのお宝画像コチラ
宮崎あおいのお宝動画コチラ

【関連商品】

関連キーワード

コメント

  1. 22
    名無しさん 2012/05/01 4:18

    汚い血が濃くなったか

  2. 21
    名無しさん 2012/04/27 16:07

    この男
    自分の事は棚に上げて
    元嫁の愚痴かよ

    どんだけ
    ちいせー男なんだか

    カッコ悪w

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事