ADULT

HEADLINE

芸能史は枕営業の歴史!?新人歌手の肉体献上からギャラ飲み、富豪中国人のグラドル爆買いの実態まで


松本莉緒

富豪中国人がグラドル爆買い

3月5日に放送されたTBS系「有田哲平の夢なら醒めないで」で、松本莉緒が、かつて芸能界の実力者に強要された“アラブの王族”への怪しげな接待について明かしたことが話題だ。

「要は、石油王に肉体を献上してこいということと理解し、怖くなった松本は『非常階段から逃げた』とのことでしたが、『そんなことで仕事をもらわなきゃいけないなんてしょうもないし、精神崩壊した』とも語っていました」(テレビ誌記者)

いくら何でも国内で石油王への接待などあるのかとお思いかもしれないが、これを荒唐無稽の与太話と言えない、こんな前例が日本の芸能史にはある。

「1988年に艶系女優としてデビューし、すでに今は引退しているMです。

華やかな美貌と日本人離れしたメリハリボディで人気者となった彼女が、90年代になって週刊誌上で、東南アジアのボルネオ島に存在するイスラム教国・ブルネイの当時の皇太子の強い希望で、“一晩500万円”で夜のお相手をしたと告白して大変な話題になりました。

ブルネイは、石油や天然ガスなどの天然資源の豊富な国で、皇太子は、まさに“石油王”と呼ぶにふさわしい存在でした」(芸能記者)


村上麗奈

しかも、松本を精神崩壊に追い込んだ、こうした芸能界の闇は今も存在するという。

「日本人のグラドルや艶系女優はアジア圏で人気が高く、現在は中国人富豪が彼女たちを“爆買い”している実態があり、パイプ役の怪しげなコーディネーターが急増しているんです。

日本でビジネスを展開する中国人富豪が集うパーティーの二次会などでグラドルの“一晩いくら”が競りにかけられ、100~200万円の札束が飛び交っているという話です」(芸能プロ関係者)

決して作り話などではないのだ。

[via:アサ芸プラス]
https://www.asagei.com/excerpt/123821

枕営業に頼らざるを得ない現実

ここ数年のグラビア雑誌の低迷と淘汰で、苦しい活動状況が続いているグラドルたち。彼女たちが、仕事を得るために業界の“実力者”に肉体を献上するしかない状況に追い込まれる場合があることは、よく知られたことだ。


高橋しょう子

デビュー8年目になる26歳のグラドル・E美(仮名)はこう話す。

「事務所の社長やマネジャーに、芸能界で力を持った人との会食の席に呼ばれるんですが、しばらくするとその人と2人きりにさせられるというのが、よくあるパターン。

『あとはお前に任せる』ということで、事務所から翌日『昨日、あれからどうした?』ってLINEが来る。うちの事務所は人気の子が何人かいる中堅どころですが、会社ぐるみでこうした営業スタイルが当たり前になっています」

もちろん、そこで一夜をともにすれば何らかの仕事にありつける、あるいは十数万円のお小遣いがもらえるわけだが、それでも芸能界での厳しい現実は変わらない。

「雑誌の撮り下ろしなんて、今の時代は本当に減ってしまっているし、あってもギャラは信じられないほど激安。

写真集なんて出せるはずもなく、最大の実績になるイメージDVDも、私たちのクラスだと1本5万円と決まっています。

それでイベントや取材対応まで含まれるわけですから、実はファン相手の撮影会のほうがずっと割がいいんです。

実力者との会食の“その後”は、売れない女の子のほとんどが条件次第でのんでいると思います」(E美)

[via:アサ芸プラス]
https://www.asagei.com/excerpt/123834

グラドルを支えるギャラ飲みの実態

「DVDの仕事はデビュー直後に2枚出して以来、話が来ていません。だから、純粋なグラビアの仕事というと…いや、これをグラビアの仕事と言っていいのかわかりませんが、月に1~2回のファン相手の撮影会で、月収は2~3万円。

あと最近は、ライブ配信アプリで少し稼げるようになってきましたが、まだ一人暮らしができるほどではありませんね」

こう語るのは、デビュー6年目のHカップアイドルのA美さん23歳だ。

それでも、彼女は都内のマンションで一人暮らしをしているという。生活費はどう稼いでいるのか。

「タクシー代の出るお金持ちのオジサンたちとの飲み会に、よく呼んでもらえるので、食事にはまず困らないんですよ。特に週末は、そんな飲み会を3~4軒ハシゴすることも珍しくありません。

“胸”を使って場を盛り上げまくって、2~3万円のタクシー代を何度もゲットして計10万円、みたいなこともよくあります」

これを「ギャラ飲み」といい、彼女たちの貴重な収入源となっているというのだ。

「だから、仮にガスや電気は止まっても、スマホ代だけは絶対に払うんですよ。ギャラ飲みの誘いには、即レスしないと生活が危うくなりますからね」(A美さん)

実家暮らしで活動しているアイドルはこの限りではないというが、特に地方から上京して活動しているような子は、そんなパターンが多いという。

「最初は右も左も分からなかったような子も、だいたい1年もするとネットワークができて、当たり前のようにギャラ飲みに参加するようになります。

少し前まで、まだ男性の経験もゼロだったはずの子に半年ぶりにギャラ飲みで会ったら、『じかに私の胸見たいでしょ?』って、お金持ちのオジさん相手に、“ナマ胸見る権”のオークションを始めるんです。

そんなやり方でタクシー代プラスアルファを巻き上げていたのには、さすがの私も驚きました(笑)」(A美さん)

ファンが知ったら、どう思うだろうか。

[via:アサ芸プラス]
https://www.asagei.com/excerpt/123891

大物の裏に潜む“肉体献上”

芸能界の歴史とは、ある意味、枕営業の歴史とも言えるのかもしれない。

「昭和の時代には、有名な作詞家や作曲家に曲を作ってもらえるかが、歌手としての成否を大きく分ける最重要ポイントでした。

そのために所属事務所やレコード会社は、『今度うちからデビューさせようと思っている子です。何卒よろしくお願いします』と、大物作曲家などに、まず若い肉体を差し出すのが当たり前だったんです」(芸能プロ幹部)

例えば、1970年代に国民的歌手として人気を博したA。

「デビューから約2年半、Aの曲のほとんどに携わっていた作曲家Xとの爛れた関係は、当時の音楽業界では“公然の秘密”でした。

Xは女優で歌手のYと結婚していましたが、XはAをとりわけ可愛がり、新曲ができると自宅でレッスンをつけてやるのが恒例となっていたんです。

ところがある日、外出先で忘れ物を思い出して家に戻ったYが見たのは、ピアノの前で絡み合うXとAの姿だった。これが、XとYの離婚の原因だったと言われています」(レコード会社関係者)

平成になってからは、女優Bにも、そんな疑惑が多く囁かれた。

「Bが母親に、妻子ある人気歌舞伎役者や大物芸人の部屋に行っておいでと、肉体献上で関係性を深めてこいと指示されていたことは有名な話。

また、元祖フェロモンクイーンのCは、大物司会者Zと関係を持つことで、人気タレントへの道筋をつけてもらったといわれています。

彼女の場合、Zのみならず関西の実業家に取り入り、東京進出にあたり1億円とも言われるプロモーション費用を持たされ、大手プロに預けられたことでブレイクをつかんだとの話もありますね」(前出・芸能プロ幹部)

女性芸能人がビッグになる裏には、それなりの闇が隠されているパターンが多いのだ。

[via:アサ芸プラス]
https://www.asagei.com/excerpt/123913

ネットの反応

・こんなの芸能界の常識だろ
・無いわけないし、当人たちが納得してるならそれはそれでいいじゃんw
・いまのポジション失ってもいいのか?みたいに脅されるのかな で、しかたなく
・昔は大物に枕 今は投票数稼ぐ為に素人に枕
・どの世界にもある(あった)こと、ただ閉ざされた芸能の世界は未だにお盛んなだけ
・枕やってもきちんと仕事を貰えたり資金援助されてんなら周りがどうこう言う話ではない。
・志村見てても今でも色々あるんだろうなっていうのは分かるわ 事務所か本人の意思かは知らんが
・なんでTVに出てるのか分らないようなのがいっぱいいる
・ちょい役とかマクラしかない
・てか誰?
・宮沢りえ
・Z紳助、Cのりか?
・住み込みで炊事洗濯掃除させてるのは何のためだと思ってるんだ
・天地真理?
・山口百恵?
・藤原紀香島田紳助
・岡本夏生
・A山口百恵
 B宮沢りえ
 C藤原紀香
・宮沢りえは聞いたことあるけど山口百恵は初耳だわ
・山口百恵は宇崎のイメージだが都倉俊一って奴か
・中村勘九郎?
・ビートたけし?
 >母ちゃんに言われるがままたけしの部屋に来たらしい たけしは断ったらしいが
・じぶんから望んでいくのは悲壮感ないな
 >頼もー!!とか言って関係者各位へ殴り込みのように押しかけてバッタバッタと押し倒して行ったらいっそ清々しささえ感じる
・こんなこと今の某アイドルグループでも起きてそうじゃん
・演歌歌手の瀬川映子さんがリアルに話していたのを聞いた 父親が「新しい下着を付けて行きなさい」
・山口百恵は14歳、宮沢りえも16か17歳くらいだろ岡本夏生以外は問題だろ。
・これこそme tooするべきです
・芸能人はセックスとお金が好きな人じゃないと無理って誰かが言ってた

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2019/03/28 14:53

    どーでもいい

  2. 1
    名無しさん 2019/03/26 8:46

    グラビアやアイドルはたまたは地下アイドル•••飽和状態なもんだからバンドを組んで•••って奴が増えてきている。
    オスバンドやアーティストとちょいちょいSNS上でもやり取りをしようもんなら、コイツらから狙われる。
    取り繕ってもらおうと躍起になってくるので、あとあと面倒になるのは目に見えているので放置。
    少し前までは寄生バンギャばかりが来ていたから、選んで喰っていたが、ガールズバンド系は厄介

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事