ADULT

HEADLINE

園子温「主演にはだいたい手を出した」【LINE流出】出演女優らが告発!ワークショップはセクハラの温床?

日本映画界に波紋が広がっている。映画監督の榊英雄、俳優の木下ほうかによる“性暴力”が明るみに出たのだ。

「『週刊文春』で複数の女優が榊監督から性行為を強要されたと告発。彼は事実を一部認め、公開直前だった映画『蜜月』と『ハザードランプ』は公開が中止になりました。

木下さんも複数の若手女優に性行為を強要していた過去が報じられ、放送前のドラマから降板。芸能活動も無期限休止することになりました」(スポーツ紙記者)

一連の報道を受けて、西川美和、是枝裕和などの映画監督有志らが、

《加害行為は、最近になって突然増えたわけではありません。残念ながらはるか以前から繰り返されてきました》

と声明を発表。その一方で、井筒和幸監督は、

《日本映画の業界全体が色眼鏡で見られてしまうことが問題。監督はみんなこんなことしてるんちゃうか、と思われるのは心外だ》

と、夕刊紙のインタビューで語った。

出演予定の女優を呼び出して…

「確かに、すべての監督がそうでないにせよ、少なからず現実に起こっている“異常”な実態があるんです」

そう話すのは、さる映画配給会社の幹部だ。話を続ける。

「今も平気で“俺とヤッたら仕事をやる”と言う映画監督がいます。彼の作る映画は評価が高く、作品に出たがる女優はたくさんいます。それを利用して、彼は当たり前のように女優たちに手を出している。それが、園子温です」

園はカルト的な人気を持つ映画監督で、海外作品にも進出している。

「注目を集めたのが’09年に公開された西島隆弘さん主演の映画『愛のむきだし』です。これはベルリン国際映画祭で、カリガリ賞と国際批評家連盟賞をW受賞しました」(映画ライター)


映画『愛のむきだし』

ここから園の快進撃が始まっていく。

「’10年には『冷たい熱帯魚』、’11年には『ヒミズ』、’13年には『地獄でなぜ悪い』の3作品を、ベネチア国際映画祭に出品。’21年にはハリウッド進出を果たすなど、世界的に評価されています」(同・映画ライター)

私生活では’11年に園の映画に出演していた女優の神楽坂恵と結婚。’19年に脳梗塞で緊急搬送され、生死の境をさまよった末に回復。

入院した2日後には長女が誕生している。そんな園の悪評が、業界内で後を絶たないというのだ。前出の映画配給会社の幹部が明かす。


神楽坂恵

「出演予定の女優を園監督が自分の事務所に呼び出して、性行為を迫ったけれど、彼女は断った。すると園監督は前の作品に出ていた別の女優を呼び出して、目の前で性行為を始めたというんです。

それを見せられた女優が驚いて固まっていたら、一緒にいた助監督が外に連れ出してくれて。助かった……と思っていたら、今度はその助監督が彼女をラブホテルに連れ込もうとしたというのです……」

園の映画作品に出演したことがある、女優のAさんは眉をひそめ、こう証言する。

「普段から“女はみんな、仕事が欲しいから俺に寄ってくる”と話していました。“主演女優にはだいたい手を出した”とも。

ある女優さんのことを“俺のおかげで売れたんだ”と言ってましたが“別の男に乗り換えられて、捨てられた”って嘆いていました」

映画監督という立場を利用して、女優たちに関係を迫っていたというのであれば、悪質極まりない。これが“噂”であればよかったのかもしれないが、園作品に出演したことがある女優のBさんが、その身に起きた実体験を告白する。

急に脱ぎ出した園子温

「あるイベントで出会い、LINEを交換したんです。その後、新宿で飲むことになりました。複数人いましたが、その席ではたしかに“俺はたくさんの女優に手を出しているけど、手を出したやつには仕事を与えている。だからほかの監督とは違うんだ”と話していました」

悪びれる様子もなく、堂々と話していたというのだから、それが“問題行為”だという認識を持ってはいなかったのだろう。しかし、Bさんも、それが問題だということに気づけてなかった。

「当時の私は“役者として売れたい”という目標があったから必死でした。あるとき園さんから連絡が来て、都内のシティホテルに来ないかと誘われて。“俺は仕事あげるよ”とずっと言っていたので、受け入れて向かったんです」(Bさん、以下同)

平日の昼間、Bさんはそこで園と関係を持った。

「嫌がることをされたとかはありませんが、“彼氏がいるなら、彼氏に電話しながらシタい”と言われました。“いない”と伝えたら“俺のために彼氏つくって”と。そういう性癖なんでしょうね。避妊はしてないです」

ほどなくして、園が監督する新作のオーディション案内が事務所に届いた。

「会場で園さんと会ったとき、アイコンタクトをしてきたので“受かった”と思いました。撮影が終わった後も、何度かLINEが来ましたが、“都合が合わない”と返事をしていたら、連絡が来なくなって…」

別の女優からは、こんな話も聞いたという。

「マネージャーと一緒にアトリエに呼ばれて3人でビールを飲んでいたら、いきなり園さんが脱ぎ始めて“ふたりでして”と要求してきたそうです。結局、園さんは飲みすぎたせいか、途中でやめてしまったみたいですけど」

これだけではない。元女優で音楽活動もしていたCさんは、怒りをあらわにする。

「10年ほど前、枕営業を公言していた女優さんに誘われて、俳優Tの自宅で行われていた7~8人ほどでの飲み会に参加しました。

時間が深くなると参加者たちはなんとなく帰るような空気になり、私もそのタイミングで帰ろうと、エレベーターで降りました。

すると、Tの舎弟のような後輩俳優が、階段を駆け降りて追いかけてきました。そこで、“Tさんが帰らないでって言ってます”と腕を掴まれて、しばらく口論になって。ですが、なんとかタクシーに乗って帰ることができました」

「コレクション見せるよ」

後日、その飲み会の別の参加者を通じて、Tから連絡があったという。

「“俺の後輩が悪いことをした”と謝りたいという連絡がありました。さすがにその気持ちを無下にするのも悪いので、直接会うことに。後日、ランチに行ってお店を出ると“俺、このあと友達の家に行くんだけど一緒に来る?”と誘われたのが、園の部屋でした」

連れられていったのは、都内の高級マンション。

「2LDKほどの部屋で、生活感が全然ありませんでした。私は、ソファを背もたれのようにして床に座って、園は赤いカーペットに置かれた小さいテーブルで、缶ビールを飲みながら『みんな!エスパーだよ!』の脚本を書いていたようでした。

私たちも缶ビールを渡され、3人で話していると“この子、Tの女?”と、確認されました」(Cさん、以下同)

しばらくすると、Tの携帯に着信が。

「そのままTは部屋を出て行って、全然戻ってきませんでした。その間“有名女優と別れて落ち込んでいたとき、今の奥さんに俺は救われたんだよ。だからすごく感謝してる”という話をしていたのを覚えています」

向かいに座っていたはずの園だったが、話をしながらだんだんCさんに近寄ってきて、いつの間にか隣に。

「肩に腕を回して、突然キスされて……。私は驚いて“本当にやめてください。さっき、奥さんに感謝してるって言ってたじゃないですか”と。すると、今度は違う話をし始めて、抱きついてきたんです」

その後も押し問答が続く。

「ずっと抵抗していると“俺は業界で有名なヤリチンだよ?”って言ってきました。言い間違えだったようで“違う、違う! 有名なアゲチン!”と焦っていましたが……。

そして“俺、ハットがすごい好きなんだよ。コレクション見せるよ”と、別の部屋に案内されました」

その部屋が、寝室だった。

「私は、絶対に寝室に入りたくなかったので、ドアの外からハットを見ていました。でも、強引に腕を引っ張られ、ベッドに押し倒されて馬乗りされました。そして、キスをされたり、首元を舐められたり、胸を揉まれたり……。

私の身体に股間を押しつけてきて触らせようとしてきたり、服の首元から、中に手を入れられたりもしました」

どうにか部屋を出ようと、Cさんは床に転がり下りた。

「園は服を脱いで、“見て見て”と言ってきました。その隙に荷物を取って、なんとか逃げ帰ることができて。お酒が入っていたこともあり、追いかけてはきませんでした」

しかし、その後も一方的な連絡が続いたという。

「後日、プロデューサーを名乗る人から“『みんな!エスパーだよ!』出ればいいじゃん”、園本人からも“曲をエンディングに使わせてよ!”と連絡が来たんです。私はどちらにも淡々と、マネージャーの連絡先を伝えました。

それでも園は“結局政治で負けて、曲使えなかったよ~”と私に直接連絡をしてきて。しばらくは“舐めたい”とか“今何してるの?”といったLINEが届きました」


園子温がとある女性に送ったセクハラLINEのスクショ

Cさんは、不信感を抱き続けていることがある。

「いったいどこから仕組まれていたのかと考えると怖くって。女優さんに誘われてTの飲み会に参加したところか、Tの後輩俳優が追いかけてきたところか、後日Tから謝罪したいと言われたところか、Tが電話をして出て行ったところなのか……。

どの出来事も、園のレイプ未遂につながっていたような気がして。この10年の間に、被害を受けている方が増えていると考えると、本当に胸が痛いです」

園子温に直撃!

日本を代表する映画人の1人として、自身がしてきた行為についてどう思っているのか。3月下旬、園の携帯に電話をして、話を聞いた。

─映画に出演するにあたり、園監督が女優に性的な関係を求めていたというが?

「いやいや……ちょっと待って……ええっと……何の話ですか」

─キャスティングする際に性行為の対価として映画に出演させていた?

「それは……知りませぇん……それは……」

小さな声でボソボソと話し、ろれつが回っていない。

─実際にそう証言する女性がいます。

「そんな……ありえ、ありえないですね」

すると突然、園に代わって女性が電話に出て、文書で質問するように要求。しかし、質問状を送っても期日までに回答はなかった。

すべての性的な虐待が許されないことに、彼は早く気がつくべきだ。

[via:週刊女性]
https://www.jprime.jp/articles/-/23641

制作プロがコメント

園氏の制作プロダクション「(株)シオンプロダクション」は、報道に先立つ今月1日、公式ホームページで謝罪コメントを発表し、今後については「事実関係を整理して、改めて発表いたします」と表明していた。

以下、全文

関係者各位

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

関係者各位の皆様にご迷惑とご心配をおかけしてしまい、

心よりお詫び申し上げます。

事実関係を整理して、改めて発表いたします。

2022年4月1日
株式会社シオンプロダクション

[via:デイリー]
https://www.daily.co.jp/gossip/2022/04/05/0015195068.shtml

人気映画監督の園子温

「園の作品には、暴力や性などをタブーなく扱う過激な内容が満載で、大ヒットするような大衆向けの映画ではなく、一部のコアな映画ファンに熱い支持を得ているものが多い。『紀子の食卓』以降は毎作品のように海外の映画祭に出品されて受賞も多いため、海外でも評価が高い国際派監督といってよい。

 一方、破天荒なキャラでテレビなどメディア出演も多く、先月に同じく複数の女優への不適切行為が明るみに出た映画監督の榊英雄と比べれば、はるかに知名度は高い」(映画会社関係者)

また、映画制作スタッフはいう。

「榊は“誰に対しても腰が低い”“男気がある”という評判だったので、報道に驚いた関係者は多かった。

一方、園が女優たちにそういう関係を迫っているという話は以前からあり、園のキャラクターや作風も相まって“そういう人”というふうに業界内では許されてきた感もあるので、特に驚きはない」

園とは、いったいどういう人物なのか。

「世間のイメージどおりハチャメチャな人で、いつもお酒を飲んでいて、酔って手が付けられなくことも。それが原因で、園の現場に長年携わってきたスタッフが“もうやってられない”となり離れていったこともあると聞く」(同)

榊英雄と同じ手口

先月、映画監督の榊英雄や俳優の木下ほうかが強い立場を利用して日頃から女優に不適切な関係を迫っていたことがたて続けに「週刊文春」によって報じられ、映画業界内の悪しき行為に関する告発が相次いでいる。

園についても、俳優の松崎悠希が先月、自身のTwitterアカウント上で

<俺の知り合いは園子音とその取り巻きの「ワークショップ」に通い始めて「事務所(マネージャー)を信用するな」と教えられ、そして「一人」になったところで身体を要求された>

<この監督は本当に、こういう話がめちゃくちゃ多い。一体これまで何十人の俳優が被害に遭ったのか>

<泊まらせてくれたら、君のために明日の朝、ホットケーキを作ってあげる」 これが園子温が女優を口説く時の常套句らしいですなあ。思い当たる方、もの凄くいるのでは?>

と投稿していた。


『全裸監督』森田望智

ワークショップはセクハラの温床?

「俳優を目指してワークショップに通う若い人は少なくなく、最近では『全裸監督』でブレイクした森田望智も“ワークショップ出身”といえる女優の一人。

榊も自身が主宰するワークショップで知り合った女性に関係を持ち掛けていたとされ、榊や園子温のせいで、まるでワークショップが業界人によるセクハラの温床のように世間から見られてしまっている」(映画会社関係者)

ちなみに園は私生活では11年に園作品の常連組である女優、神楽坂恵と結婚しているが、業界関係者はいう。

「園は神楽坂と交際前、『愛のむきだし』で主演した満島ひかりと付き合っていたのは有名な話。園のほうがかなり真剣だったようで、その後、神楽坂と結婚したと聞いて“満島と別れてたんだ”と驚いた記憶がある。


『愛のむきだし』満島ひかり

多くの女性に監督という立場を利用して関係を迫っていたところをみると、いくら無頼派を気取ってきても、結局、女性に依存しないと生きていけないタイプなのでは。個人的には園の作品は好きだし、才能は誰もが認めるところだろうが、園には失望を覚える」

相次ぐ告発を受け、監督が優越的な地位を使用して女優に不適切な行為をはたらくようなことが映画業界内では“悪しき慣習”化しているのではないか、という見方も広まっているが、映画制作関係者はいう。

「ひと昔前ならいざ知らず、今はTwitterなどのSNSもあるし、“あの監督が女優を食ってる”なんて話はすぐに業界内で広まるので、当然仕事にも支障が出てくるし、女優には事務所もついているので、基本的には“あり得ない”。園や榊は例外中の例外」

園の釈明が待たれる。

[via:Business Journal]
https://biz-journal.jp/2022/04/post_288264.html

園子温監督作品
主演&出演女優(抜粋)

・自殺サークル(2002年)さとう珠緒、宝生舞、嘉門洋子
・ノーパンツ・ガールズ 大人になったら(2005年)及川奈央
・紀子の食卓(2006年)吉高由里子、吹石一恵

・気球クラブ、その後(2006年)川村ゆきえ、永作博美
・愛のむきだし(2009年)満島ひかり、安藤サクラ
・エクステ(2007年)栗山千明、つぐみ
・冷たい熱帯魚(2011年)黒沢あすか、梶原ひかり、神楽坂恵
・恋の罪(2011年)水野美紀、神楽坂恵
・ヒミズ(2012年)二階堂ふみ、神楽坂恵、黒沢あすか
・地獄でなぜ悪い(2013年)二階堂ふみ

・TOKYO TRIBE(2014年)清野菜名、市川由衣、叶美香
・新宿スワン(2015年)沢尻エリカ、真野恵里菜、冨手麻妙
・みんな!エスパーだよ!(2015年)池田エライザ、高橋メアリージュン

・リアル鬼ごっこ(2015年)篠田麻里子、トリンドル玲奈、磯山さやか
・ラブ&ピース(2015年)麻生久美子、真野恵里菜
・リアル鬼ごっこ(2015年)トリンドル玲奈
・アンチポルノ(2017年)冨手麻妙、筒井真理子

・新宿スワンII(2017年)広瀬アリス、梶原ひかり
・東京ヴァンパイアホテル(2017年)夏帆、松井玲奈、今野杏南

・クソ野郎と美しき世界(2018年)馬場ふみか
・愛なき森で叫べ(2019年)日南響子、鎌滝えり、川村那月
・プリズナーズ・オブ・ゴーストランド(2021年ハリウッドデビュー作品)ニコラス・ケイジ、ソフィア・ブテラ
・エッシャー通りの赤いポスト(2021年)モーガン茉愛羅、藤丸千、黒河内りく、藤田朋子

ネットの反応

・主演には大体手を出した?
・ええっ、じゃあの人も?
・吉高由里子さん…
・エライザは羨ましい
・満島は別の監督ともやって結婚して離婚しとるしね
・女優と映画監督が結婚なんてのは大昔からあるんだ、手を出すに決まってるだろ
・この人はもともとこれで有名だったし今更
・邦画っていつも似たようなキャストでズブズブすぎるから闇が暴かれた方がええわ
・事実関係をどう整理して公表するの?
・誰とやったかリストアップしてください
・被害者リストって事か
・もう、俺はこの女と寝てこの役をつけてやったと逆にカミングアウトしてほしい
・日本にハーベイワインスタインが何人おるのか。
・エライザ、メアリージュンは当確っぽいが
・清野菜名を脱がしてくれたのにはマジ感謝
・こいつの作品は枕女優ばっかかよw
・園子温喜び組のヨゴレ女優のみなさん
・ほぼ全部の主演助演女優はやられてるって言うことでいいんかな
 >有名人とはやらない、新人や売れてない子
・神楽坂恵好き
・この輩にヤられた現役で活躍中の有名女優がたくさんいるから、被害すべてが表に出ることはないだろう
・事実を発表されたらたまらん人が何人もいそうw
・作品観てた奴なら「ああ、やっぱりな」という感想しか無くて驚いてる奴なんて皆無だろ
・1回デビューして消えたのに女優で復帰して、事務所独立した満島ひかりはそういうことで芸能界で生きてんのか。
・深作欣二や五社英雄が今の時代に生きていたらポリコレ棒でリンチにあったのかな
・黒澤なんかもパワハラでアウトだったかもなぁ
・是枝のハラスメント抗議文に賛同する映画関係者少なすぎてわろける
・映画よりもテレビ局のプロデューサーのほうがひどいだろ
・枕して売れたらラッキー売れなかったらセクハラで訴える どちらにとっても博打だなw
・邦画が暗いのは非モテ監督のルサンチマンとザーメン臭さのせいだな

関連商品

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事