COVERGIRL

HEADLINE

深田恭子の桃色乳首をスタッフが見た!?『下剋上受験』入浴現場はニップレスと前貼りナシ!

「自然な表情を出したいんで、何も着けなくて大丈夫ですよ」

と、全裸入浴撮影を自ら志願。入浴時に一瞬ピンクの乳首が見え隠れした瞬間があったほど…。

実は、このシーンの撮影の際、スタッフが乳首や股間を隠すニップレスと前貼りを用意したところ、彼女は、それらを使おうとしなかったというのだ。

深田恭子(34)が初めて妻役を演じているTBS系連ドラ『下剋上受験』(金曜午後10時)で、ついに“全裸入浴シーン”を解禁し、話題騒然となっている。

「このドラマは、中卒の父親と低偏差値の小学生娘が難関中学受験を目指す物語で、深キョンは、父役である阿部サダヲの妻を演じています。

学歴社会がテーマの作品なのですが、1月13日放送の初回から、いきなり入浴シーンを解禁し、その三十路裸体のエロさに視聴者を興奮させたのです」(放送記者)

それは、深田と子役が一緒に自宅の風呂に入っているシーンだ。

「頭にタオルを巻いて髪をアップにした深キョンと子役が並んで湯船に入り、笑顔で数え歌をしたのです。

深キョンは両腕の肘を湯船のヘリにかけるようにして前かがみになっているため、乳房は両腕に隠れた形ではありました。

とはいえ、おっぱいをカバーしきれずに、やや浮いたような腕の様子から見ても、Fカップ乳がこぼれ落ちる寸前の状態であったことがうかがえ、セクシーでした」(同)

入浴シーンでは、撮影現場にいたスタッフから“たわわな乳房”と“ピンクの乳首”が目に飛び込んできた、という羨ましい声が上がった。

深田の入浴効果もあってか、初回、2回とも放送視聴率は、1桁が当たり前とされる昨今では健闘といえる10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。

「実は深田、今後も毎回のように入浴シーンを織り込んでいく気が満々なのです。初回こそ、爆乳は両腕で“封印”しましたが、午後10時台ということもあって、どんどん露出を増やしていく方向。

最終的には全裸シャワーやランジェリー姿まで披露していく予定のようで、視聴率が右肩上がりになれば、さらに脱ぎっぷりもエスカレートするでしょうから、期待は大きい」(同)

今回“全裸入浴”解禁に踏み切ったのは、私生活でも幸せを手に入れる寸前だからとみられている。相手はもちろん、極秘交際中の亀梨和也(30)だ。

「’15年1月公開の映画『ジョーカー・ゲーム』と、同2月スタートの連ドラ『セカンド・ラブ』で立て続けに共演して親密になり、1年以上、極秘交際しているとされる2人ですが、すでに亀梨は深キョンに対し、近い将来の結婚を約束していると言われます。つまり深キョンは婚約を勝ち取っている状況で、上機嫌なのです」(スポーツ紙記者)

2月14日はバレンタイン、同23日には亀梨の誕生日がやってくる。

「バレンタインや亀梨のバースデーは、2人で夜を過ごす予定のようです。当然、結婚への具体的な日取りの話があることは確実。そんなわけでウキウキしている深キョンが、今回、全裸入浴を進んでこなしていると考えてよいでしょう」(同)

ただ、最近、再ブレイクしている深田は、結婚前にもう一度、セクシー写真集を発表するとの見方が強い。昨年7月には、セクシー水着写真集を2冊同時発売し、お尻のワレメまで披露してバカ売れ。

同11月にもエロい肉体を強調した写真集を出し、これもヒット。結婚前には最後の露出攻勢として、乳輪をギリギリまで見せ、尻のワレメも全開にした“ほぼ全裸”写真集を発売する計画が進んでいる。

ビバ、深キョン。

[via:http://wjn.jp/article/detail/1271220/]

視聴率が伸びないのはなぜ?

芸能ジャーナリストはこう分析する。

「優しくて、ほっこりしたママ役もいいのですが、深田の魅力を活かしきれていない感じがします。香夏子は“元ギャル”なのですから、もっと突き抜けた感じの性格のほうが良かったのでは。

せっかくの入浴シーンも、『ドクターX』の米倉涼子よろしく、浴槽で“V字開脚”くらいやらないと『深キョンの無駄遣い』と言われてもしかたありません」

これまでも、「富豪刑事シリーズ」(テレビ朝日系)や映画「ヤッターマン」などで、コスプレ的魅力を放ち話題になってきた深田。今回のドラマでも“ハジケタ元ギャル”姿を見せてほしいものだが‥‥。

[via:http://www.asagei.com/excerpt/74557]

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 2
    名無し 2017/02/18 10:58

    そんな話されてもな〜 こっちはつまらんよ

  2. 1
    名無しさん 2017/02/18 3:09

    漏らすスタッフは、どうなの?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事