OTHER

HEADLINE

味は高評価も・・・コンサルに「90%潰れる」と言われた杉本彩のカレー店が移転を決意!?

o20160303-3

2月29日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に杉本彩(47)が出演。自身が経営するカレー店の将来性を評価され、表情を曇らせる場面が見られた。

この日の番組は「芸能人の心配な…潰れる確率SP」と題され、杉本が昨年オープンさせた「Koume」が飲食店コンサルタントらに評価されることになった。

o20160303-1

「Koume」は、杉本が自ら3か月かけて開発したオリジナルカレーが売りで自信もあったのだが、グルメサイトの評価では「ごく普通」「店が狭苦しい」など厳しい意見が多く、杉本自身も不安に思っていたのだという。

そして実際に専門家が店に赴いて評価が始まったのだが、これがなかなかの辛口。

評価は外観、店内、メニューの3つをそれぞれ10点満点評価(平均6点)で行なうのだが、まず外観が2点をつけられてしまう。店が半地下にあることなどがその理由だった。
o20160303-4

そして店内も4点。入り口からの動線が入り組んでいて、店員の姿がすぐ見えないことがその理由とされた。ここまでの厳しい評価に、杉本は早くも深刻そうな表情を見せる。
o20160303-6

そして最後のメニュー。店名がつけられた「こうめカレー」は、ルーに動物性のものを一切使っておらず、素揚げされた野菜も載せられ、見るからにヘルシーそうな一品だった。
o20160303-5

ここまでの評価で杉本はかなり緊張していたが、気になる判定は8点という高評価。ルーも具材も単純に美味しいと専門家からも絶賛され、杉本も「涙出そう!」と、かなりテンションが上がっていた。

ここまで順調に来ていた店の評価。このあと1年以内に潰れる確率が発表されたのだが、これがなんと90%と判定されてしまう。

o20160303-2

美味しいけれど、そもそも野菜のみのメニューではお客さんの絶対数が少なすぎるというのがその理由だった。結果を聞いた瞬間は、かなりショックを受けていた杉本。

しかし、この理由は納得できるものだったようで、店を青山に移転する計画があると、すでに改善に取り組んでいることを明かしていた。

「この番組ではかつて元木大介(44)の経営するラーメン店が厳しい評価を受け、業績不振で本当に閉店してしまいました。芸能人の経営する飲食店は多いんですが、やはりプロがやっているわけではないですから、難しいところはあるようですね。

ただ、早くも移転を検討しているように、杉本はかなり真面目に取り組んでいるようです。デビット伊東(49)の営むラーメン店・でびっとのように、杉本の店も成功する可能性はありますよ」(飲食業界関係者)

――果たして成功なるか? 今後に注目だ。

[引用/参照/全文:http://taishu.jp/20354.php]

【関連リンク】

Koume (コウメ) – 四谷三丁目/カレーライス [食べログ]

ネットの反応

・あんなのに980円も出すならココイチやゴーゴーカレーの方がマシ
・地下や半地下の店って固定客いないと無理だな
・カレーにヘルシー要素なんて求めてねーんだよボケ
・青山の場所にもよるが今のとこよりはマシだろうな アホな女がウヨウヨいるからなw
・コンサルタントほど信用出来ない商売はない
・中村屋とかトップスみたいに高級路線に行くかC&Cみたいにスタンドカレーのどっちかに行くしかない気がする
・koumeよりも子産めよ
・公式サイトを見たけど、カレーとワインの店なんだな。
・旨いからと言って流行るかどうかは別問題 特にカレーは、ココイチみたいに無難の方がウケる場合もある
・青山の気取った奴ら カレー屋なんて行かねーし
・本人が料理上手だからカレーも凝っててかなり美味いじゃないかと想像
・家主が悪すぎだよwあんな場所に自販機据えたら。入居してるテナントの邪魔になる。物件の価値を高めたいと思ったら。自販機なんて撤去するよw
・カレー店なのに「koume」という名前を聞かれた杉本は「うちの愛犬の名前。話せば長くなる…」とだけコメントした。
 >もしかして煮込んでないよな…..
 >犬肉カレーが食える店なの?

店名の由来
o20160303-0

お店の名前KOUMEは、元繁殖犬の杉本彩の愛犬、小梅に由来している。

小梅は繁殖犬としてレイプ同然の扱いを11年も受け、人間不信で保護施設でも人を恐れビクビクしていました。

保護施設を訪れたときにどうしても小梅のことが気になって頭から離れなかった杉本彩が里親になり、小梅は優しさに触れ、少しずつ元気を取り戻していった。

この時の経緯は、「天才!志村動物園」で紹介され、動物と話せるアニマルコミュニケーターのハイジによって明かされた小梅の過去や、杉本彩と通じ合って初めて尻尾を振った姿は、多くの視聴者の涙を誘った。

杉本彩は女優やタレント業の傍ら、年間16万頭にも及ぶ犬や猫の殺処分問題をはじめ、毛皮(リアルファー)や化粧品の動物実験の反対の啓発活動を行ったりと、動物愛護活動家としても活躍している。

自身はベジタリアンというわけではないようですが、新規オープンのカレー屋さんのメニューの一部に100%植物性のメニューも導入したというのは、やはり動物たちへの配慮からだった。

[引用/参照/全文:http://lokahi-plus.com/animals/koume/]

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 2
    名無しさん 2016/03/08 15:38

    決定的にメニューの魅力が無いのを指摘されるまで気付かない時点で飲食のマネージャーは務まらない
    純粋に経営者なら別だがそんな大きな店でもチェーンでも無い
    ココイチの方がマシどころか相手にならんよ

  2. 1
    名無しさん 2016/03/07 16:46

    ココイチの方がマシってことは絶対ないと思う。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事