OTHER

HEADLINE

『なんでも鑑定団』最大のお宝発見!ラーメン屋店主所有の陶器に中島誠之助「思わず体が震えました」

テレビ東京は20日、鑑定番組「開運!なんでも鑑定団」の収録で、世界に3点しかないとされる「曜変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)」とみられる陶器が、新たに見つかったと発表した。

現存する3点はいずれも日本の国宝に指定されている。

同局によると、茶碗は徳島県のラーメン店経営の男性が番組に鑑定を依頼したもの。大工をしていた男性の曽祖父が、戦国武将・三好長慶の子孫が暮らす屋敷の移築を請け負った際、買い受けた骨董(こっとう)品に交ざっていたという。

男性は20年以上前に譲り受けたが、押し入れにしまったままだった。最近、気になって調べると、天目茶碗に似ていたため、鑑定を依頼した。

20日夜に放送された番組では、古美術鑑定家の中島誠之助さんが「曜変天目に間違いない。『鑑定団』始まって最大の発見だ」と“国宝級”の評価を出し、2500万円の鑑定額を付けた。

曜変天目茶碗

藤田美術館所蔵の曜変天目茶碗

茶碗の内側に、漆黒のうわぐすりの中に銀色の斑紋があり、宇宙に星が輝くように見えるのが特徴。南宋時代(12~13世紀)の中国で作られた。完全な形で残るのは世界に3つとされ、大徳寺龍光院(京都)、藤田美術館(大阪)、静嘉堂文庫美術館(東京)所蔵。

[via:http://www.nikkansports.com/general/news/1754620.html]

お宝データ

鑑定品:天目茶碗
鑑定依頼人:橋本浩司さん
ジャンル:焼き物・茶道具
鑑定士:中島誠之助
本人評価額:¥ 1,000,000
エピソード:

ご当地ラーメン(徳島ラーメン)の激戦区で「支那そば 巽屋」を営んでいる。

お宝は、腕利きの大工にして骨董好きだった曾祖父が、明治時代に三好長慶の子孫が暮らす武家屋敷の移築を請け負った際、大枚を叩いて購入した大量の骨董の一つ。

その殆どが昭和20年の徳島大空襲で焼失してしまったが、このお宝は三好家の家系図など雑多な物と一緒に郊外の資材置き場にしまいっぱなしになっていたため、難を逃れた。

自分なりに調べたところ、凄いお宝のようだが、本当に価値があるものなのかどうか知りたい。

鑑定結果:2,500万円



鑑定士総評:

「開運!なんでも鑑定団」が始まって最大の発見。この茶碗は12世紀から13世紀、中国の南宋時代に福建省の建窯で焼かれた曜変天目に間違いない。

日本にもたらされた天目茶碗は数がかなりあるが、ただその中で曜変というのはたった3点、しかもその全てが国宝。今回この依頼品が出たことによって、4点目が確認されたということになる。

漆黒の地肌に青みを帯びた虹のような虹彩がむらむらと湧き上がっており、まるで宇宙の星雲をみるよう。鉄分をかなり多く含んだ土を焼き締めてあるので石のように硬い。それを丁寧に真ん丸に削り出した蛇の目高台。

これは国宝「稲葉天目」の高台とほぼ同じ。高台の真ん中に「供御」という二文字が彫ってあるが、これはかつては天皇や上皇に差し上げる食事のための容器であったことを表した。ところが時代が下り、室町時代になると将軍が使うものにも「供御」と彫るようになった。

裂や曲げ物の容器、そして三好家の系図がついているが、これらによって室町幕府第13代将軍足利義輝を頂いて権勢を奮った三好長慶が、足利家から取得した東山御物の一碗であることは間違いない。

もしこの茶碗が信長・秀吉・家康が所有し、さらに現代に伝わったものであれば国宝になっていたかもしれない。

[via:http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20161220/03.html]

岡田プロデューサーは「鑑定士中島誠之助が番組22年の歴史の中でも『最大の発見』と大絶賛する様には思わず体が震えました」と収録を振り返り、「日本にはまだまだ本当にすごいお宝が眠っている」と興奮した様子で語った。

[via:http://news.mynavi.jp/news/2016/12/20/022/]

鑑定額ランキング

これまで同番組で発見されてきた高額のお宝には、坂本龍馬の手紙2通(4,000万円)、巨匠レオナール・フジタが描いた「日本のモナ・リザ」と称賛された絵(3,000万円)、日本最古の郵便物(3,000万円)、マリリン・モンローが身に着けたイエローダイヤモンド(1億5,000万円)などが存在する。しかし同局 岡田英吉プロデューサーは「今回はさらにすごい!」と太鼓判。

[via:http://news.mynavi.jp/news/2016/12/20/022/]

ネットの反応

・国宝級でも2500万にしかならないのん?
・正直言うと、億を期待してたからガッカリ(´・ω・`)
・煽ったわりに安くね?国宝級なんて言うから一億いくと思ってたのにな。
・煽り過ぎてハードルが半端なく上がったパターンだな
・コレでラーメン出すのか? 一杯いくらだ?
・あああ、国宝の曜変天目とは全然デキが違うねー ちっとも宇宙感がないじゃん
・番組のテコ入れのために煽っただけで他の曜変天目と時代が同じだけで全く違う
・天目茶碗自体はそんなに珍しいもんじゃないよ 国産のもある
・窯変出てるだけで曜変なんて呼べる代物じゃない
・そもそも大名の子孫が家宝を大工に売るとかありえるの?
・鑑定団はオークションの開始価格を鑑定額にする場合が多いから、サザビーズあたりでオークションかけたら数億、数十億になると思う
・番組後に鑑定団に品の買い取りをお願いすると手数料を差っ引かれ安値で買いたたかれるんで、以前紳助がオコってたw
・最低2500万円からのスタートってことだろ もし欲しい人が10人以上いればあっという間にオークションで5000~8000万円以上になるわ
・持ち主の脱サララーメン屋さん100万円で!!って元気良かったのに金額見てドン引きしてたな 個人で持つのは怖いから売った方がいいと思った
・国立博物館辺りが3000万くらいで買い取ってくれればいいなと思ったんだが 間違っても中国人には売らないでほしいw
・骨董品なんてもんは売れて初めて価値があるんや!それまではただのガラクタや!

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事