OTHER

HEADLINE

ベッカム夫妻が家族全員の名前を商標登録した理由

デヴィッド&ヴィクトリア・ベッカムの愛娘ハーパーの名前が、商標登録されたようだ。

BBCによると、ヴィクトリアはハーパーの名前を大英帝国とヨーロッパで商標登録した。現在5歳の彼女の名前「ハーパー・ベッカム」を商品につける権利を法的に保有するのは母のヴィクトリアということになった。

「Mirror」紙によると、ヴィクトリアはすでに長男のブルックリン(18)、次男のロメオ(14)と三男のクルーズ(12)の名前を昨年12月に登録。

デヴィッドは2000年に、ヴィクトリア自身も2年後に手続きを済ませていて、これで家族全員の名前が登録された。

ヴィクトリアは今後、玩具や子ども服などのブランドに娘の名前を使用するのではないかと見られている。

また、音楽や映画、TVなどエンターテインメントのコンテンツにハーパーの名前が使われるのを防ぐこともできるという。

国際的な法律事務所のパートナー、オリヴァー・ブレイ氏は、通常キャリアが軌道に乗ってから登録するものだとしながら、「ソーシャルメディア時代ならではかもしれません」と話している。

[via:https://news.infoseek.co.jp/article/cinemacafenet_48618/]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事