OTHER

HEADLINE

剛力ピンチ!?ZOZO前澤社長の「食の専属アシスタント」募集にネットは「公然と愛人募集すんな」の声

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長は8月16日、自身の公式SNSを更新し、「食のプライベートアシスタント」を募集すると発表した。

全国のおいしいレストランの情報を収集し、実際に食べ歩き、味がよかった店舗に前澤社長を連れていく--といった業務を担うという。

アシスタントは地域を問わず、日本全国を食べ歩き、おいしいお店を探す。料理のジャンルも不問で、「高級、B級、ご当地、何でも、とにかくおいしいものを食べまくるお仕事です」としている。レストランを予約・手配したり、SNSで食に関する情報を発信する業務も行う。

レストランのシェフやオーナーとのコミュニケーションも任せる。アシスタントが選定した飲食店と前澤社長が、同社長の出身地、千葉県で共同事業を始める可能性もあるという。

業務委託契約、応募期間は31日まで

募集要項によると、定員は1人で、報酬は「能力と経験により応相談」。スタートトゥデイへの入社ではなく、業務委託契約を結ぶ形となる。

求められる能力は「食が好き」「舌が良い」「お酒の嗜みがある」「コミュニケーション能力が高い」「営業力がある」「元気で健康」--と多岐にわたっている。

応募期間は8月16~31日。書類審査、スタッフとの一次面接、前澤社長との最終面接を経て内定となる。

前澤社長は「前澤の『食』に関する知識や造詣をさらに深めるためのお手伝いをお願いします」「3度の飯より飯が好き!という方のご応募をお待ちしています」としている。

[via:ITmedia]
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180817/soc1808170011-n1.html

前澤社長が9日、自身のインスタグラムのストーリーズを更新。交際中の女優・剛力彩芽(25)との食事を公開した。

前澤氏はアワビやフカヒレ、トリュフといった高級食材を使った豪華な料理の写真を連続して投稿。デザートの後には「おなかいっぱい」の言葉とともに、剛力の満足そうな表情をアップした。

[via:スポニチアネックス]
http://news.livedoor.com/article/detail/15141038/

【関連リンク】
前澤専属「食のプライベートアシスタント」募集|前澤友作|note

ネットの反応

・金余ってんだな
・秘書にやらせろよ
・人に頼って食通気取りか
・まじかよゴーリキちゃんと一緒に飯食えるなら行ってやるわ(´・ω・`)
・どうせ若くてきれいな娘を選ぶんだろ
・公然とカキタレ募集w
・新しい玩具探してる 剛力飽きたか
・もうお払い箱かよw
 >勘ぐられるよな
・しかしまあ、この社長の道楽、女好きが見え見えバレバレ。
・社長目当ての女性が殺到するから女性の方が応募多そう、剛ちゃんピンチ
・女性が選ばれたら剛力さんがインスタで更にややこしくなりそう
・公然と愛人募集すんなや
・男でも女でも微妙な野心家しか来なさそう
・飲食を次の事業への展開として、全飲食費を合法的に経費にする作戦だろ
・体悪くしそうな仕事やなあ・・・
・こいつ友達少ないの?
・渡部でいいんじゃない
 >ほんと、専属契約を結べばいいのにな。
・本当の食通が馴染みの店をお前に教えるわけねーだろ
・たぶん晩年は、紀州のドンファンみたいになるんだろなw
>3度の飯より飯が好き!
・こんな寒い奴と一緒に行動せにゃならんのは辛いだろw
・前澤の接待をずっと続けると思うと精神病むわ。
・結局会社というのは社長役員を崇拝できるかできないかで全く精神負担が違う宗教施設だしな。
・金があるときは周りからチヤホヤされ、なくなった瞬間に誰もいなくなるだろうな 貧乏人の僻みですが
・もうだれかれかまわず構って欲しくてたまらんみたいだなw
 >ZOZOTOWNの宣伝だよ ずっとマスコミは前澤の報道するやん
・売れなくなった芸能人が沢山応募したら面白いな
・太鼓持ちが欲しいんだろ カラテカの入江とか
・早い話 剛力に飽きた だよね
・いいじゃん 金持ちはどんどん無駄遣いしろよ
>業務委託契約
・これな いつでも終了できる思いつき企画w
・「ぼくは100万以下のワインは飲まないんですよ、場所変えましょう」とか平気で抜かしてたらしいな
・こいつに格付出てほしい GACKTにボコボコにされて 写る価値無しになってほしい
・ランチパックでも食っとけよ

「100万円以下のワインは」

前澤はまだ40代に入ったばかり。伸び盛りの数年前までは、「人たらし」が行き過ぎることもあった。

2012年の9月頃のこと。前澤は東京・表参道の高級レストランで、株主だった大手企業にまねかれ、幹部ら3人と食事をしていた。この幹部は、スタートトゥデイがまだ規模が小さい頃から目をかけてくれて、出資を働きかけたり、有名ブランドが出店するように口をきいてくれた「恩人」だ。

「次は何を飲みましょうか」。ホスト側が提案すると、前澤はこう話したという。「僕は最近、100万円以下のワインは飲まないんですよね。こちらの店にはないようなので、店を変えてみませんか」

ホスト役である幹部はその場で激高こそしなかったものの、次の店には行かず、そのまま解散になった。 それ以降、このメンバーでの会食は開かれずじまいになっているという。

ツイッターで、商品の送料がかかることを「詐欺」だとつぶやいた利用者に、ただで商品が届くと思うな、と返信をし、問題になったのも同じ年の出来事だ。この頃から前澤は言動に慎重になりはじめた、と近しい 人物は話す。

[via:日経新聞電子版]
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33756090T00C18A8000000/

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2018/08/17 19:47

    擁護でもなんでもないが、
    ごく普通のごはんも
    食べてるやろ。ゾゾタウン社長さん

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事