SCANDAL

HEADLINE

師匠、あなたもゲスだったのか・・・桂文枝に不倫報道「18歳の頃から 身も心も捧げてきた」

sc20160219-0

文枝よ、おまえもか――。

タレント、ミュージシャン、国会議員と不倫が続々と暴露される中、超ベテラン落語家もその仲間入りだ。

発売中の写真誌「フライデー」(講談社)が6代目桂文枝(72)と歌手・紫艶(しえん・38)の「20年不倫」を報じたのだ。

記事によれば、2人は紫艶が18歳の頃に交際がスタート。大阪・梅田のマンションや文枝の定宿であるニューオータニで逢瀬を重ね、その関係は20年に及ぶという。文枝は紫艶の名付け親でもある。

sc20160219-3

「今回、最初に載っている写真は、2~3年前の独演会のとき、楽屋に押しかけてきて撮った写真。

それ以外はかなり大昔の写真で、本人はフェイスブックにアップして『知人だけに公開できる設定にしていたのに、パソコンの不具合で流出したのかも』なんて言っているそうですが、別れ話がもつれてわざと流出させたのではと囁かれています」(芸能関係者)

「生涯、師匠だけ」

sc20160219-4

紫艶は現在、都内でホステスをやっているそうで、芸能界は事実上引退。

「私が親密になった男性は生涯、師匠だけ」とも語っているだけに、ちょっとやそっとの関係でないことは確かなよう

文枝は22日に大阪市内で「創作落語の会」の会見に出席予定。何を語るか注目だ。

[引用/参照/全文:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/175673]

吉本興業は否定
sc20160219-5
同誌に、紫艶が18歳から20年交際していると告白。同じ舞台に立つ機会を得たことで、交際に発展したと話している。誌面では、旅行先で撮られたとみられるツーショット写真などを複数掲載している。

文枝の所属事務所、吉本興業は「記事に書かれている事実はございません。写真は10人ぐらいで一緒のときのもので、ここ十数年、会ったこともない状態」と説明している。

[引用/参照/全文:http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160219/enn1602191156009-n1.htm]

師匠、あなたもゲスだったのか

大阪・梅田の個人事務所で撮ったという一枚。プライベートの師匠はTシャツやスウェットなど、リラックスした服装を好むという

まさに、目を疑う写真の連続だった。

マンションの一室でニット帽をかぶり、美女と顔を寄せあう男。酔っぱらっているのか、食事中の女性に赤ら顔でキスする男。ジェットスキーに水着姿の女の子を乗せ、大海に走り出さんとする男――

それがすべて、桂三枝改め6代目桂文枝師匠(72)だったのである。

取材を進めると、またひとつ驚きの事実が判明した。師匠の隣に写っている女性は知る人ぞ知る人物だったのだ。

「これ、紫艶(しえん)という関西出身の演歌歌手ですよ。彼女のウリは演歌歌手なのに90㎝の巨乳で、’00年に”艶歌歌手”として東京デビュー。

当時、彼女は竜雷太、あおい輝彦などがいた『アクターズプロモーション』に所属していて、元俳優の阿知波信介社長自ら先頭に立って売り出していたので、よく覚えています」(グラビア専門カメラマン)

sc20160219-1

新人同然の彼女のために、阿知波社長は有名カメラマンやヘアメイクと週刊誌へのグラビア展開について相談するなど、とにかく気合が入っていたという。

前出・カメラマンが続ける。

「阿知波社長は『三枝師匠の大切な人だから』なんて冗談めかして言っていましたけど……本当だったんですね。ただ、阿知波社長は’07年5月に鹿児島で自殺。その後、アクターズプロは破産してしまったので、いまとなっては師匠と紫艶の関係を知る人物はいなくなった」

関西大学の「落語研究会」の創設者であり、古典落語も創作落語も得意とする上方落語界の大御所。

人間国宝に推す声もあがるなど、文枝師匠は礼儀を重んじる人物として知られ、吉本興業の後輩芸人たちをビシ!バシ!と指導するエピソードは有名……だったはず。

愛妻家としても知られ、長寿番組『新婚さんいらっしゃい!』(テレ朝系)の司会はハマり役。年明けからベッキーに”育休元議員”と立て続けに不倫が発覚したが師匠、まさかあなたも――!?

sc20160219-2

本誌は紫艶の居所をつきとめ、取材を試みた。件の写真を見せると彼女は絶句。観念したのか、

「こんな写真を見られたら、否定できないですよね……。師匠とはあたしが18歳のころから交際しています。つき合ってもう20年になります……」

と告白した。フライデーでは、冒頭に紹介した写真を複数枚掲載。上方落語の重鎮による「不倫劇」はどんな展開をみせるのか。

[引用/参照/全文:http://friday.kodansha.ne.jp/archives/73260/]

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事