SCANDAL

HEADLINE

渡部建のゲスい裏の顔 女性を肉便器扱い?多目的トイレ不倫に痛烈批判 芸能人の反応【まとめ】

多目的トイレで“性のはけ口”に

都内在住会社員の女性Xさんが「週刊文春」の取材に重い口を開く。

「たしかに私と渡部さんは、多いときには週2回ほど関係を持っていました。結婚後も別れることなく、トータルで30回は超えているかもしれません」

そのうち、渡部が密会場所として指定するようになったのが、東京都港区に聳える六本木ヒルズだった。

「彼は『地下駐車場に隣接した多目的トイレに来い』と言うのです。エレベーターの前で落ち合って、トイレの鍵を閉めた瞬間に……。

その後も彼はヒルズのトイレばかりを指定し、会える時刻を伝えると、地下2~4階にあるトイレを徘徊し、誰もいない階を確認した上で『地下○階ね。すぐ来て』と指示を出してくるようになったのです」(同前)《中略》


六本木ヒルズの多目的トイレ

前出・Xさんは渡部との逢瀬を振り返って言った。 

「彼は私のことを“性のはけ口”くらいにしか思っていなかったんでしょうね。せめて一人の女性として扱って欲しかったと思います」

こうした複数の女性との不倫について取材を申し込んだところ、渡部は所属事務所を通じ、事実関係を認めた。


文春の直撃取材に渡部は「知りません、知りません」と完全否定していた。

「ご指摘の女性と関係をもってしまったことは私の不徳の致すところであり、家族を深く傷つけ、また応援をしてくださる皆様に対し多大なご迷惑をおかけしたと大変反省しております。妻にも説明し、謝罪しました。誠に申し訳ありませんでした」

6月11日(木)発売の「週刊文春」では、他の女性の告白、音楽イベントで渡部がナンパに勤しむ様子、渡部への直撃取材、そして妻の佐々木が相手女性と交わした会話の内容など、写真ページを含め5ページにわたり報じる。

[via:文春オンライン]
https://bunshun.jp/articles/-/38334

別れ際にLINE削除に1万円

記事によると、2015年4月に佐々木希との交際が報じられた頃から、別の女性と関係を持っていたという。パーティで知り合った飲食店勤務の女性Aさんは、その後、ホテルに呼び出されたという。

同じ時期に週2回ほど会っていた女性Bさんは、六本木ヒルズの駐車場フロアに呼び出され、多目的トイレでセックスの相手をさせられたと話している。

事が終わると、マスクをつけ帽子をかぶり、LINEでのやり取りを削除させられたという。口止め料なのか1万円を手渡された。

去年9月(2020年)に知り合った女性Cさんとは、お台場で行われた音楽フェスで談笑し、大音響の中で抱き寄せて奥に消えていった姿がとらえられている。

女性から「あんなに可愛い奥さんがいるのに、どうして浮気するのか」と聞かれ、「仲はいいが、それは別。かわいい子がいたら行っちゃうじゃん」と答えたという。

[via:J-CASTニュース]
https://www.j-cast.com/tv/2020/06/11387744.html

佐々木希 不倫相手に電話

テレビ電話で相互自慰

テレビ電話を使ってお互いに自慰行為を見せあうという変態プレーを求めることも。このプレーの静止画が周辺関係者に流出したとも一部では報じられており目も当てられない。

B子の暴露(記事まとめ)

・2017年 4月 佐々木希と婚約発表
・2017年 7月~9月 B子と地下トイレで3回セックス
・2017年 10月 明治記念館で結婚披露宴、挙式
・2018年 1月 B子と地下トイレでセックス

・地下2~4階を徘徊し人がいないトイレを見つけると「地下〇階、早く来て!」とLINE
・「俺に会いたかった?」と言い、入った瞬間にズボンを降ろし「はい舐めて」と命令
・フェラから挿入、フィニッシュまで平均3~5分
・終わると即マスクと帽子、B子に「LINEのやり取り消して!早く、携帯見せて」と言う
・1万円をB子のバッグに乗せて「はい、またね」とその場を去る
・子供が生まれると「疲れた(佐々木希に)家庭の時間を持つように言われるのがウザイ。束縛されすぎて遊べない」と愚痴る
・B子が佐々木希さんに申し訳ない、なんでこんなことするの?と聞くと「奥さんは別でしょ!別に仲はいいよ!今は子作り活動ばっかりしてるし今日も生でして来た、でも彼女は仕事もしないで1日中家にいる、夜俺が出かけようとするとどこ行くの?とかイチイチ構ってちゃんしてきてウザイんだよ。他に可愛い子が外にいたらそっちにも行く、これは普通の話。」と言ってきた
・地方ロケのときはテレビ電話をしつこく求めてきた
・B子に「バイブやローターを用意して!」「早くオナニーして!」と強要
・カメラをオンにすると渡部のオチンチンのドアップが映り20分もシゴく姿を見せられた
・渡部はフィニッシュになると立ち上がり走り出しトイレに駆け込む
・便器に射精するのが定番

渡部 チャラナンパの裏の顔

1994年に、児嶋一哉(47才)と共にアンジャッシュとしてデビューした渡部は、甘いマスクを武器に“モテ芸人”の代表格に。2015年に佐々木との熱愛が発覚し、ふたりは2017年に結婚。翌年9月には第1子が誕生した。

渡部は野球、グルメなどの得意分野にイクメンも加え、幸せな“パパ芸人”になったはずが、“夜の活動”は結婚後も自粛されなかった。

「芸能界のグルメ王ともいわれる渡部さんは、年間の外食の数は1000回を超えるそう。それ自体は非難されることのない話なんですが、問題は食後です。

仕事関係者と高級クラブや会員制のガールズバーなどに流れ込み、女性と一緒に飲み明かすことも多かったようです」(芸能関係者)

別の芸能関係者は、たまたま一緒になった店で見た渡部の言動が強く印象に残っていると明かす。

「去年、都内の高級ラウンジで渡部さんを見かけました。席についた女性の手を握りしめて真剣に口説いていたのには驚きましたね。

女の子が“あんなにきれいな奥さんいるのに!”ってツッコむと、“奥さんも好きなんだけど、きみのことも好きなんだよ”とデレデレしていました」

音楽好きの一面を生かし、『Love music』(フジテレビ系)では森高千里と共にMCを務め、FMラジオでは番組ナビゲーターを10年以上続けている。だが、音楽業界でも有名だったのは素行の方だった。

昨年、東京・お台場で開催された音楽フェス『ULTRA JAPAN2019』で若い女性と遊んでいる姿が目撃されていた。

「『VVIP』という芸能人や経営者といったセレブ専用のフロアがあるのですが、そこでいちばん派手に遊んでいたのが渡部さんでした。

シャンパンを何本も開け、モデル風の女性を口説いている姿はもはや“ウルトラ名物”という人も。

とにかくバブリーでチャラチャラしている印象でした。聞けば、彼はこのフェスに何年も連続で来ているのですが、決まってひとり。ナンパ目的なんでしょうね」(音楽関係者)

佐々木希「別居も離婚もしない」

そうした夫の本質を妻は感じ取っていたのだろうか。まだ第1子が1才にもなっていない昨年7月。佐々木はインスタグラムで公開していた渡部とのツーショットをすべて削除していた。

これを機に、渡部の遊び癖を知っている関係者の間に、一気に不仲説が広まったという。

「今年2月、佐々木さんは自身の誕生日にインスタグラムを投稿していましたが、友人とのツーショットや母の手料理などが並ぶ中、渡部さんの写真はありませんでした。佐々木さんは“子供ができてから彼が変わった”とこぼすこともあったようです」(テレビ局関係者)

今回の不倫スキャンダルで、佐々木が渡部に三行半を突きつけるのかと思いきや、そうではないという。

「佐々木さんは別居も離婚もしないと周囲に言っているようです。いちばんは子供のこと。やはり父親の存在は大きいですし、夫を信じたい、という気持ちもあるのでしょう。

仮に渡部さんがCM降板となれば、違約金が発生するかもしれません。“夫を見捨てられない”という思いも感じられます。渡部さんも、今回で懲りて夜遊びから足を洗ってくれればいいのですが」(佐々木の知人)

渡部の懺悔の日々が始まる。

[via:女性セブン]
https://www.news-postseven.com/archives/20200611_1569463.html

芸人は女性を性処理の道具に

2017年に結婚した佐々木希と第一子がいながら、複数の女性との不倫が発覚したことに対して、「芸人の浮気くらいいいじゃない」と擁護するコメントもSNSに散見されますが、相手の女性の人権を蹂躙するような重大な問題になっているようです。

とある芸能記者は

「嵐の二宮和也がセクシー女優を急に呼び出して、公衆トイレで…と報じられたことを思い出す内容でした。それよりも今回の話はヒドいです」

と呆れています。

今では熱血正義漢司会者として活躍する加藤浩次にも似たエピソードが過去にあったことも芸能マスコミ関係者は回顧しています。

「ナインティナインのオールナイトニッポンで岡村に「『加藤浩次が楽屋で……させていたんですよ』とネタにされていましたが、今回はそんな悠長な笑いネタではありません。

普通に交際しているカップルじゃないから、渡部はエグ過ぎますね」と私生活が乱れているスポーツ紙デスクまでも渡部建の二面性に驚いていました。

かつて、複数の芸人と交友を持った女性タレントは、怒り心頭でこう語りました。

「芸人って、女を性処理の道具くらいに思っている人が少なくないですよ。すぐに家に来たがる人ばかり。お金を使わずにHして、自分がスッキリしたら、ハイさようなら。ネタと一緒で瞬発力、短時間勝負なんでしょうか。

飲み会で持ち帰られたり、デートしたりしたりしましたが、女性を粗末にすることで、自分が売れている証と勘違いしている残念な人が多いですね。

今回の渡部は見せしめとして、女性の敵の身勝手な芸人は一掃されてほしいです」

あまりにも残念な裏顔と結末に、番組関係者は頭が痛いようです。

[via:TABLO]
https://tablo.jp/archives/25189


ブログ「わたべ歩き」でやたらヒルズの店が多いのは…便利だった?

芸能コメンテイターたちの反応

立川志らく
「そりゃ、奥さん可哀想」
「関係者はものすごい迷惑」
「家庭のことですからね。本当は、放っときゃいいんです。だって、芸人が女遊びしたってだけの話ですよ」
「大スターがしたわけじゃない。お笑い芸人がしただけのこと」

加藤浩次
「渡部は世界の渡部なんてイジられていたけど、なんか大事なものを見失っていたのではないか」
「やっていることがケチくさい印象がある。とにかく調子に乗っていたんだよ」
「反省して一からやり直して欲しい」

ハリセンボン春菜
(出演自粛を申し入れについて)「予想や憶測を呼んで火に油を注いだ」
「いろんなことに思いやりが足りない」
「記事が出るということは、(不倫相手の)女性3人が週刊誌に喋ってるわけですよ。自分の扱いがぞんざいだったから、それに腹が立ったから喋っちゃったと思う。その女性たちへの思いやりも足りなかった」

(佐々木希に対して)
「コロナ禍の中で小さいお子さんを奥さんが育てられて、いろんなことが不安になる中でこういう記事が出ることで、1個余計な心配とか不安が乗っかってしまうっていうことに、思いやりがないな」
「私たちが守ってあげたいのは奥さんなので、これ以上憶測を呼ばないように、詮索しない思いやりを私たちは持つべきだと思う」

(相手女性を特定する動きに)
「そういう二次被害、三時被害がないように、そういうことをしないっていう思いやりをもたなきゃいけないな」

小倉智昭
「渡部くんとは仕事をしたこともありますので、おしゃべりもうまいし、頭のいい人で、実際にいろいろ接してみると思いやりがあって、人使いもきちっとする人なんで、好感持っていたんですけど、『週刊文春』を見たときはちょっと悲しくなっちゃいましたね」
「使う側も気を使って使うトイレなんですよ。なるべく早く出なきゃなって思う。そこに2人で入るっていうこと自体が信じられないんだよね」

坂上忍
「(多目的トイレを利用する方)の多くは障がい者の方だったり、お子さんをお抱え方なのに」
「会議室っていう発想は、私にはなかなかないんですけど(笑)」

フット岩尾望
「その中で会っていたとなれば、“ミーティング”していることになる」
「怪しまれないように相方を探していたのかな」

薬丸裕英
「読み進めていく中で正直思ったのは、えぐいなって思った。それはなぜかというと、渡部君って、すごい礼儀正しいしイメージがいい。そのイメージと裏の顔の落差がありすぎて」
「多目的トイレって?何してるの?って」
「この記事が確かなら、オレはちょっと人間性を疑う」

安藤優子
「なんでここまでやってくれる妻がいて、こういうことをするんだよ」
「本当に困ったもんだという、それしかない」
「47歳の男性って、もっと分別があるっていうか、そういう幻想を持つんですけど。幻想ですかね?」

高橋克実
「僕の中では時代がもう確実に変わったんだな。女性の在り方というか、立ち位置というか。昭和の頃はこういうことがあっても、ここまでいろんなことが細かに、詳細に出てきたことはない気がする。女性の方がここまで言える時代なんだな」
「不倫はいけないことなんですけど、相手があってできることだから。ここまで明らかにされたら男の方もぐうの音も出ませんし。ここまでつまびらかにされたら聞いている人も引くと思うし。こういうことがさらされる世の中なんだな」
「凄い時代になっちゃったな。僕が思ってた芸人さん、俳優が派手にこういうことをやっていた時代とは確実に違うんだな」

羽鳥慎一
「希さんの精神的な部分が心配です」

高木美保
「DV被害者保護の団体の人によると、不倫や浮気は精神的な虐待にあたるといいます。それくらい相手の尊厳を傷つける行為なんです。仮に佐々木さんに許されたとしても、それは佐々木さんが日々許す努力を続けているということを忘れないでほしい」

玉川徹
「不倫の問題は、極めて当事者同士の問題なので、他者がいろいろ当事者について言うことに意味がないってずっと言っているんです」
「それでも敢えてコメントするんであれば、責任の問題は当然、発生する。不倫は必ずそれが発覚すれば責任を負うのは社会のルールなんで、甘んじて責任を負わなければいけないのは誰でも同じ事だろうと思います。迷惑かかってますんで」

尾木直樹(教育評論家)
「パーフェクトな嫁をもらったことで世間の羨望に耐えられなくなり、アブノーマルに挑戦したくなったのでは」

金子恵美(元衆院議員)
「にわかに信じがたいのが、これだけの立場にある人が、普通は人目を避けたい、隠れてお部屋を取るとかいろいろ考えるはずが、多目的トイレって私も子供のおむつ代えで使ったりしますけど、短い時間でも外で待っている方がいらっしゃるんで、そうした時に顔が知られている人が男女2人出てきたら、これは非常に疑われるわけですから、その時からリスクを侵し続けてきたのかなという心理が分からないですね」

長谷川まさ子(芸能リポーター)
「私の取材では、渡部さんは複数の女性と結婚前からお付き合いし、結婚後も続いていた、不倫関係にあったということです」

武井壮
「不倫男を擁護するつもりはまるでないが、それをペラペラ喋る女性にも辟易としている」
「妻帯者と知って不貞を働いたなら被害者ではなく加害者であって、それを雑誌やマスコミに喋って唯一の被害者である相手の妻や子供に二次的な損害と甚大な精神的社会的ダメージを与える低俗な行為だと認識するべきだよ」

大久保佳代子
「渡部さんって私のイメージでは、いい意味でも悪い意味でも損得を考える人。損得勘定ができる人なんです。まあ、頭がいいというか、こんなことになるかもしれないのに、それをやっていたという、計算ができてないというか、そこがもう不思議で。男の悪い習性ですか、何ですか?」とあきれ顔。「なんで?がまずは大きい」

ノブコブ吉村崇
「この件に関しては私みたいな人間が何も言えませんけど、バカなんですよ、我々は」

ウーマン村本大輔
「王様はブランチだけじゃなくブレイクファーストもランチもディナーもおやつも。大食いだった」
「他の女行くなら結婚するんじゃないよ」
「結局嫌いな芸人ランキングトップのおれがノースキャンダルで岡村さんとか渡部さんとか好感度高い芸能人がスキャンダル起こしてるって世の中見る目がないねぇ」
「厳しいことを言うけど女も男を見る目を養わないと。どんな男かは毎日その人と本音で語り合えばだいたいわかる。はっきり言うと匂う」

おぎやはぎ矢作兼
「人力舎の王子様、裏の顔が暴かれちゃった」
「驚かなかったのは人力舎芸人だけ」
「俺も小木も結婚式に呼ばれなかったからね。野次る人間は絶対に奥さんの前から排除だからね」
「グルメとか会食が多いのは、浮気チャンスのため。新婚だったら家で食事するのが普通なのに、外に出られる大義名分になる」「甲子園もそう。泊まりの仕事だし」

おぎやはぎ小木博明
「渡部さんがそんなに好感度高いことを知らなかった。記事を見て『イケてる中年キャラ』ってあって、この人イケてたんだと初めて知った」
「クリーンなイメージの時に言っても、誰も信じてくれなかったもんなぁ。言いたい放題言ってると、たまに(渡部に)背後から首しめられる時あったんだよ、『あんまり言うんじゃねぇ』って」
「佐々木希ちゃんには本当に申し訳ないことをしたということですよ。事務所の方、関係者の方には申し訳ないと思います。これは人力舎代表として謝らせていただきます」

カンニング竹山
「グルメは食い物だけじゃなかった。何やってんだバカ野郎。奥さんにちゃんと謝って、もう一度働いてほしい」
「児嶋君もこんなこと知らなかったはずですからね、“えーっ”て驚いてると思う」
「そもそも皆さん勘違いしちゃいけないですよっていうのは、芸人なんてこんなものですからね、僕も含めて。テレビだからみんな食うためにこうやってキャラやってますけど、芸人なんてまともなやついねえんだから。そういうことを分かりながら見てもらえると我々はありがたいです。やったことはだめですよ」

有吉弘行
「いつも良いイラストありがとうございます」

「そりゃあ文春に売られますよ」

「複数女性との不倫」については、各スポーツ紙などですでに報じられており、SNS上のトレンドは「渡部」「複数女性」「不倫」「佐々木希」など、このスキャンダル関連で埋め尽くされていました。

「渡部が複数女性との不倫って…どんだけ性欲強いの?」

「妻の佐々木希が家で待っているのに…信じられない…」

ネットやSNS上には渡部さんへの批判が一斉に並びましたが、さらに、本丸の『週刊文春』の記事によって、燃え尽くさんばかりの大炎上となりました。

女性Xさんの発言した「性のはけ口」、そして「多目的トイレ」…芸能人としてというより家庭人、社会人として致命的な要素が満載です。

「トイレに呼び出して2~3分でことを澄まし、女性に1万円渡して別れたって…渡部さん、そりゃあ、文春に売られますよ!」

そんな核心を突く意見まで飛び出しています。

地に落ちた「グルメ王」が、公の場で真相を語る日は訪れるのだろうか。

[via:TABLO]
https://tablo.jp/archives/25217/2

ネットの反応

・多目的なヒルズ族か
・小賢しい変態性獣だよホント
・果てしなくキモいな
・結局何人いるんだよw
・アパ不倫なんて極上だな!
・ホテルならまだよかったのになぁ便所イメージは一生抜けんわな
・永久謹慎すべき
・ブログ投稿日=回数ってことですねw
・オマエの究極グルメは女かい!
・ラジオ番組も ヒルズらしいですね
・トイレに呼び出してってマジで肉便器扱いが人としてヤバイ
・対価1万円って買春だろw
・渡部「女はみんな便器」
・性のはけ口なの分かっててなんで行くの?呼び出しに応じなきゃいいとは思うのですが
・イメージだけで商売している佐々木希にとって、旦那の便所不倫は痛いだろうな
・いい夫婦みたいな虚像は崩れたからね。渡部の復帰も難しい。セックス依存症の夫を見守る妻としてお涙頂戴しかあるまい。
・多目的トイレの嫁とずっと言われるんだろうな
・もともと地方のヤンキー気質なんだろ お茶の子さいさいでしょ
・佐々木希も浮気相手に電話して裁判ちらつかせるってなかなかだな
 >同じ土俵に立っちゃったね
 >渡部が嫁に女から誘って来たと嘘付いたから
 >脅すつもりが渡部から聞かされてない情報が山盛りか
・子供が本当にかわいそう思春期になって父親の名前ググったら…考えるだけでも怖い
・もう夫婦で謝罪AVしかないだろ
・女が1万でトイレプレイくらいだから調教も完璧なんだろうな
・不倫ぐらいでいちいち離婚するようなら世の中の9割の夫婦は離婚してるわ
・性依存症なんだから病院連れて行けよ
・やっぱりアベノシカクだったか
・既婚者と知りながら30回も関係をもってる時点で同罪だと思うのですが
・世界のサイコパス渡部「もうマンションには来づらいから、渋谷の会議室を探しておいてよ」
>かわいい子がいたら行っちゃうじゃん
・これ渡部の言う通りでしょ?
・可愛い子とイッちゃうw
・佐々木希より可愛い子なんていないやん
・正直でよろしいw世の女性はこの男の気持ちを肝に銘じておくようにw
・六本木ヒルズ自体がそそり立つチンコみたいなもんだから、使用方法は間違ってない。

関連商品

コメント

  1. 10
    性獣渡部建 2020/06/21 13:14

    性獣渡部建が毎日女100人妊娠させれば一年で36500人人口増。SEX依存症だけにSEXマシン、射精マシンぴゅっぴゅっぴゅっ射精して精子ぴゅっぴゅっぴゅっ女性器を性獣渡部建の精子で満たしたら次の女性器に
    ぴゅっぴゅっぴゅっ射精して女性器から精子垂れている女性に
    「 おめ-の女性器に射精したからもう帰れ 」。
    女性器に毎日精子ぴゅっぴゅっぴゅっ。
    俺は性獣渡部建、女優並みに美人な若い美人限定で女性器に精子ぴゅっぴゅっぴゅっ。
    毎日1リットル射精できる射精マシン精子ぴゅっぴゅっぴゅっ。女性器を精子で満たすだけでは足りず、最後はイマラチオで胃袋も精子で満たす。
    100年継続すれば性獣渡部建の精子で3650000人人口増。下衆不倫子供も親を見て育つため下衆不倫。

  2. 9
    名無しさん 2020/06/16 23:21

    六本木ヒルズそのものがソソリタツペニスは草

  3. 8
    名無しさん 2020/06/16 13:22

    先ず、本当にあった事実なのかどうかの確証がないから、闇雲に信じる事は早計だよね。。 弱った落ち目の人を、息の根を止めるまで追い詰め叩き続ける、ここ数年の流れ。
    自惚れてて、異常な行動もあり周りからはよく思われていなかった可能性は高いのは伝わるけど、セレブリティな生活をしていた人への嫉妬を感じるのも事実。
    強制わいせつや性的虐待の様な事柄なら、この際に被害者女性は訴えればいいわけで、金を貰い要求をのんで一緒に楽しんでいたのなら、自分は匿名であることないことを誇張して取材を受けて、また金を貰うのも下劣だと感じるよ。
    週刊誌も、倫理的な問題だけで、ここまで人を陥れて発行部数を増やし商売をするのも、アコギすぎるよ。これを正義だと思ってたらそれも異常だよね。

    でも、行為がある程度事実なら、渡部氏は一度「性依存症」の疑いを持って受診してみた方がいいかもね。

  4. 7
    名無しさん 2020/06/14 19:59

    私も元彼が性欲旺盛で、市民病院のトイレ、何処でも、吐き出したくなると、私の気持ちも考えず、どんなところでも、エッチさせられてました。
    山だろうが、川、海だろうが、浜岡の電子力発電所の敷地だろうが、荷物のコンテナのしきだろうが、、、
    今、思い出すと地獄です。
    わから、別れました!
    良かった!
    また、彼女が出来たみたいで、その彼女は、彼に負けず、性欲イケイケみたいなので、お互い、人目をはばからず、性欲のまま、エッチしてるんでしょうね!
    考えると、気持ち悪い!

  5. 6
    名無しさん 2020/06/14 1:12

    紅白歌手の大御所
    GHさんも、同じような感じですよ
    流石にトイレではなく宿泊先のホテル
    一万円ではなく三万円だけど

  6. 5
    名無しさん 2020/06/12 9:47

    ③←こういう認識を持つ未熟者が早く成熟した思考能力を持ちますように…

  7. 4
    名無しさん 2020/06/12 7:28

    マスゴミって連日テレビで大騒ぎして離婚するしかないような状況まで追い込むよな
    マスゴミが騒がなければ修復できた芸能人夫婦は何組いた事やら

  8. 3
    名無しさん 2020/06/12 3:50

    安倍政権がピンチに立たされると決まって大芸能スクープがリークされる。今回はこれですか?安倍ちゃん。
    でもね、これは弱いよ。弱い弱い。チンカス芸人がチンカスセックスしただけだろ?
    こんなことでいちいち騒いで番組の枠割いたらそれこそ安倍政権の思う壺。結果、自分ら国民がまた苦しむ。いい加減メディアも気付けよ。
    バカにされてんだよ。自民党という性獣に。

  9. 2
    名無しさん 2020/06/11 23:39

    騒ぎすぎ。
    不倫という行為は同じはずなのに、行う人によって扱いの大きさが違うのは不公平。
    もっと酷いのは、そのタレントの所属事務所によって叩くか叩かないかが決まる事。
    今回は自主的とは言え、渡部が様々な仕事を失ったのに対して、某ハーフタレントの女性は同じ不倫なのにテレビでは全く扱われず、そうなると新しくCMに起用されるという実に不公平な事象が起こるのである。
    不公平というのは差別という事。
    世界中が黒人差別で騒いでいてるのに、結局は差別が無くならないのはこういう事が原因。
    テレビの事情次第で扱いに差が生まれるし、それによって世間も簡単に影響されて大騒ぎする一貫性の無い理屈で動く社会が未熟で稚拙。

  10. 1
    名無しさん 2020/06/11 22:30

    世界中の法律を変えて、異性との行為は1名だけと決めればよい。
    複数人と行為を行うものは、去勢処理を施す。
    不貞行為は死罪とする。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事