SCANDAL

HEADLINE

渡辺淳之介Pと現役アイドルが不倫旅行&半同棲 事実を認め謝罪も…大森靖子パワハラ音声流出との関係は?

巫まろ[ZOC] 渡辺淳之介
巫まろ[ZOC] 渡辺淳之介

10月20日早朝、渋谷区の高級住宅地のマンションから1組のカップルが荷物を抱えタクシーに乗り込んだ。

約2週間にわたって同じマンションに出入りしていたものの、決して2ショットにならなかった2人は、この日は一緒にエントランスを出ると、キョロキョロと周囲を見回すなど警戒モード。

明らかに“ただのカップル”ではない空気を漂わせていたが、実は男は人気のアイドルプロデューサー。隣の女性は、小学生の頃からアイドルとして活動してきた超ベテラン人気アイドルだ。

2人は乗り込んだタクシー内で顔を寄せ合い、笑みをうかべていた。走ること20分、品川駅で下車すると新幹線に乗車。並んでグリーン席に座り、手にした酒で乾杯したのだった――。


グリーン車内で手を繋ぐ渡辺と巫©文藝春秋

人気アイドルPと元ハロプロ

人気アイドルグループ「豆柴の大群」や「BiS」「BiSH」などのプロデューサーとして知られ、音楽会社である株式会社WACK代表取締役も務める渡辺淳之介氏(37)が、ハロー! プロジェクトの「アンジュルム」元メンバーで、昨年よりアイドルグループ「ZOC」に加入した巫まろ(かんなぎまろ・26)と半同棲していることがわかった。

渡辺は既婚者であり、巫とは不倫関係ということになる。2人は渡辺の誕生日直前の10月20日に “お忍び旅行”に出かけていた。


USJでお揃いのスヌーピー帽を被る渡辺と巫©文藝春秋

渡辺といえばこれまで数々の炎上商法を仕掛けた敏腕プロデユーサーだ。人気タレント・ ファーストサマーウイカの育ての親としても知られている 。

「ファーストサマーウイカも所属していた『BiS』は、樹海を全裸で走るPVが話題になった。今でこそ大人気の『BiSH』も、デビューMVではメンバーが馬糞をかけられるなどの過激な演出がなされ賛否をよんだ。

過剰演出やそれでおきる炎上は渡辺さんの仕掛けであり、ショーのようなもの。それらは常にメンバーからの信頼があって成立している。

自身が手掛けるアイドルに『結婚しよう』と告白したりして炎上するようなこともあったが、こういった話は全てネタ。実際の“お手つき”は一切なく、仕事一筋の生真面目な男で、誰よりも遅くまで仕事をしていた。

約5年前に結婚して子どもも生まれ、世田谷区に家があるが、忙しさのあまり事務所に寝泊りばかりしていて、自宅に帰れないことをいつも嘆いていました」(WACK関係者)

仕事一徹の人間だった渡辺だが、最近どうも様子がおかしいという。前出の事務所関係者によるとその裏に、巫の存在があるという。

巫まろ ハロプロ時代は福田花音
巫(かんなぎ)まろ ハロプロ時代は福田花音

巫に入れ込んでしまい、仕事にも支障が…

「渡辺さんが巫との交流が深くなったのは巫が『ZOC』に加入した昨年春以降です。

巫が所属している『ZOC』は、アーティストの大森靖子が社長をつとめる『TOKYO PINK』という事務所のアーティストですが、実はこの事務所は『WACK』の親戚のような事務所で、渡辺さんが陰ながら支援している。

2つの事務所はビルひとつ挟んだ場所にあり、渡辺さんはどちらにも頻繁に出入りして仕事にもかかわっている。

11月には『BiS』と『ZOC』がコラボしたスプリットシングルの発売が予定されており、一時的に渡辺さんが『ZOC』を担当します。ですが、渡辺さんは仕事に支障がでる程、巫に入れ込んでしまった」(前出)


対バンツアー「BiS×ZOC presents We are BZ tour」も開催

『TOKYO PINK』社長の大森靖子もブチ切れ

2人の関係は、ZOCメンバーはもちろん、それぞれの事務所スタッフ内にも知れ渡っているという。

「事務所では微妙な空気が春ごろから流れています。たくさんの年頃の少女たちがオーディションに参加してくれるなか、『社長が付き合いのある事務所の“身内の子”と不倫したら示しがつかない』って……。

今年8月、大森さんが巫まろを叱り飛ばす『パワハラ音声』が流出しネットで大炎上したのですが、当時、既に巫は『渡辺との仲は事務所も公認だ』と吹聴しWACKの“社長夫人”を気取っており、周囲からも『ありえない』といわれていた。

大森さんがブチ切れた根底には彼女の素行の問題があったと思います」(別の事務所関係者)

取材班も10月1日以降、渡辺が別邸として今年3月に購入した「WACK」名義のマンションに出入りする巫の姿を連日、目撃している。

巫も渡辺も自宅に帰ることなく、週のほとんどを別邸のマンションで過ごしていた。渡辺がマンションを出るのは決まって昼前。

巫は渡辺が留守の際にもマンションに出入りしていたが、マンション入り口前では決まって周囲を確認する警戒ぶりだった。


嵐山で手つなぎデートを楽しむ渡辺と巫©文藝春秋

旅先では大胆な行動に…

そんな「厳戒態勢」のなかで、決定的瞬間を捉えたのが冒頭にふれた10月20日の旅行だった。

2人は京都で新幹線を降りると、荷物を駅のコインロッカーにいれ、事前に予約していたとおもわれるハイヤーに乗り込み、嵐山へとむかった。

「緊急事態宣言が解除され、観光客がもどりつつある嵐山は、随分活気が戻ってきています。昔から嵐山は修学旅行客はもちろん、芸能人にも人気で、隠れた食の名店やパワースポットも多く、お忍びデートでもよく使われるんです」(地元飲食店員)

[via:文春オンライン]
https://bunshun.jp/articles/-/49679


湯葉チーズを頬張る巫©文藝春秋

手繋ぎ、記念撮影、おんぶにハグまで…

嵐山に着いた渡辺と巫は、これまでの警戒ぶりとはうってかわって大胆になった。

他の観光客と一緒に人気スポットである嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車に乗りこむと、2人で仲良く記念写真を撮影。他にも人通りが少ない小道では、手を繋ぐシーンも見られた。

さらに、京都の名所「渡月橋」付近の河原では、なんと巫は渡辺に“おんぶ”され、その後も路上で数度ハグをしては、互いに笑みを浮かべていた。


巫を京都の街中でおんぶする渡辺©文藝春秋

「巫は10月5日に投稿したYouTube動画で、ファンに“自身に対する偏見”を聞いた際『人の彼氏を奪いそう』という声が多かったことを告白。

本人は笑って否定していましたが、結果的にまさにそのとおりだった。巫は恋愛依存体質で渡辺に関しても仕事で関係のある女性に対して変な対抗意識を燃やしたり、過度な束縛をしたりで、周囲は戸惑っています」(巫まろの知人)

15時、渡辺と巫は嵐山をタクシーで離れた。むかった先は清水寺付近にある超高級ホテル。コンシェルジュに迎えられチェックインをした後、2人で夜を過ごした。

「宿泊したのは1泊最低10万円、いい部屋だと100万円近い部屋もある京都を代表する5つ星ホテルです。お二人はとてもラブラブなご様子で、『東京から来た』と話してくれました。翌日はUSJに行かれると伺いました」(ホテル関係者)

ホテル関係者の話のとおり翌日、2人は大阪ベイエリアのUSJに現れた。

2人は検温を済ませ、入り口で園内スタッフに迎えられると、まずはお揃いのスヌーピーの被り物を購入した。


手を繋ぎながら、パークに向かう渡辺と巫©文藝春秋

USJを堂々手繋ぎデート

続いて、最初に向かったのは人気アトラクション「鬼滅の刃XRライド」。USJが『鬼滅の刃』とコラボした期間限定のVRジェットコースターを楽しんだ2人は、テンションがあがったのか、周囲を気にすることもなく、堂々と腕を絡め、デートを満喫していた。

「スタッフの多くは巫との関係に気付いていますが、直接本人の口から聞いたことはない。今回の不倫はこれまでのような炎上を狙ったネタではないだけに、残念で仕方がない」(WACK関係者)

プロデューサーとアイドルの道ならぬ恋――「文春オンライン」ではこれまでにも多くのアイドルと運営側による“禁断の恋”を報じてきた。

渦中の渡辺は、一体何を語るのか。10月27日、別邸から出勤する渡辺を直撃した。


直撃取材に応える渡辺©文藝春秋

ーー渡辺さん、文春オンラインです。少しお時間よろしいですか?

「わかりました、はい」

ーー巫まろさんと交際されていませんか?

「ああなるほど、ちょっと……後でコメントしてもいいですか?」

立ち止まり、全てを悟った表情の渡辺は、ガクッと肩を落とした。

ーー渡辺さんはご結婚されていますよね?

「はい……」

ーーそうなると不倫じゃないのかな? と。

「そうですね」

ーー今出てこられた家は、自宅じゃないですよね?

「はい」

ーーご自身がプロデユースに関わったタレントさんですし、そういった関係があるとメンバー間で不信感が生まれてしまうと思うのですが。

「そうですね」

ーー先日、京都・嵐山と大阪のUSJに行くところをお見かけしました。

「正式なコメントは改めてにさせてください」

同日、渡辺が社長をつとめる株式会社WACKに質問状を送ると、10月28日、不倫の事実を認め、以下の回答をした。

「(巫がマンションを出入りしていることや京都旅行は)間違いありません。巫さんとは交際しております。

(渡辺が)既婚者であることも間違いありません。家族とは以前から別居状態であり、離婚協議中でした。家族にはもちろん関係各所様にもご迷惑をおかけして申し訳ありません」

また、巫の所属事務所である「TOKYO PINK」からは以下の回答があった。

「この度はZOCメンバー、巫まろの私事にて、お騒がせしてしまい大変申し訳ございません。本人に事実関係を確認した所、渡辺さんと懇意にしているとの事でした。

渡辺さんが離婚協議中とは伺いましたが、お相手のご家族に対して、社会通念上許されない事だと本人も深く反省をしております。今後に関しましては詳細を確認し、各所相談して参りたいと思っております」

[via:文春オンライン]
https://bunshun.jp/articles/-/49679

渡辺 巫まろ 大森が謝罪

渡辺氏は報道直後に自身のツイッターを更新し「今回の報道につきまして」と書き、謝罪文の画像を投稿。

「この度は私事にてお騒がせしてしまい、大変申し訳ございません。そして、ZOCファンの皆様や、WACKをご支援いただいている関係者の皆様の思いを裏切るようなことをしてしまい。大変申し訳ございません」と謝罪。

続けて「現在、妻とは以前から別居しており妻に全てを打ち明け、離婚協議中でありました。そんな中とはいえ、今回の件は許されない事だと痛感し、重ねてお詫び申し上げます」と謝罪の言葉を並べた。

さらに「私の家族や、巫まろ様、巫様の所属事務所の大森靖子様と少しでも活動に支障が出ないよう、今後の対応を相談して参ります」と表明。「重ねてこの度は申し訳ありませんでした」と改めて謝罪した。

巫も同じタイミングでツイッターに謝罪文を投稿。「この度は、ZOCファンの皆様や関係者の皆様のご支援を裏切るようなことをしてしまい。大変申し訳ございません」と謝罪。

「お仕事を通じ、渡辺さんと懇意になり、このようなお付き合いが到底許されることではなくご家族の方に不快な思いをさせてしまい、深くお詫び申し上げると共に、私のあさはかな行動を反省いたします。重ねまして、大変申し訳ございませんでした」とつづった。


大森靖子

大森もツイッターを更新し〝不倫報道〟に言及。

「この度は、ZOCメンバー巫まろの件に関して、ファンの皆様、関係者の皆様のお気持ちを裏切ってしまい大変申し訳ございません」と謝罪。

「渡辺さんより、巫と懇意にしていることを以前より伺っており、一部メンバーもこの事実を知り、困惑しておりました。巫まろも大切なメンバーの一人ですが、他メンバーも私自身もZOCの活動に人生を賭けているため、ぶつかる事もありました」と2人の不適切な交際を知っていたと明かした。

内情を知る大森は「その後、渡辺さんのご家族や、ZOCファンの皆様関係者の皆様、そして日々活動を共にしているメンバーに迷惑をかけることのないよう向き合って参りましたが結果、このような事態になり、大変申し訳ございません」と改めて謝罪。今後については「諸所詳細を確認し、今後の相談を各所として参りたいと思っております」としている。

人気アイドルグループを輩出する渡辺氏は、今年3月に発売したAKB48・柏木由紀のシングルのプロデューサーを務めた。新プロジェクトとして「WACK所属の全7グループに柏木由紀が加入しての新曲制作」が発表された。

[via:東スポ]
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3755806/

【閲覧注意】ZOC大森靖子パワハラ音声

音声書き起こし

スタッフ「まろが何か・・・まろが何か今思ってること言ってもらっても」
まろ「んっっんっ」
スタッフ「んっっんっ」
まろ「思ってることって何ですか?」
大森「www小学生の感想w」
スタッフ「いったん落ち着いて」
大森「www」
まろ「え、なんで私がこんな目に会わなければいけないんだろうって思って」
大森「どこがですか?どんな目にあってるんですか?こちらにですか?」
まろ「辛い事しか無いです」
大森「今まで色々言ってきたこと全部結構真摯に受け止めて言われた通り活動してきたと思うんですけど」
大森「1個ああこの人駄目だなってきずいただけで辛いこの人には対応できない病気なんだきついこの人は無理はい無理拒絶ってことですよね?」
大森「それが辛い?こんな人だとは思わなかった?」
まろ「1個なんですか?この事1個なんですか?」
大森「1個だよ!一人だもん!一人の人間も無理って時に?」
まろ「私この事一1個で拒絶してるわけでないです・・・」
大森「まあ拒絶して無理なら別にいいですけどそれで」
大森「人間的に無理だったってだけでしょ」
大森「私がショックです終わり」
まろ「分かりました・・・」
大森「自分が何したか分かってます?」
まろ「なんですか?」
大森「え、自分がどれだけ想像力に及んでなくて自分がどんだけわざと傷つけたか分かってますよね?」
大森「自覚的にやってますよね?昨日の?ツイートとか!」
まろ「ツイート?」
大森「昨日のツイートのこのアプリの更新も自覚的にやってるよね?」
まろ「ツイートはあなたのLINEの発言で皆がなんて感想書いたらいいのか」
大森「じゃあ私がどう思うかはどうでもいいのか!」パァン!
大森「私はどうでもいいんだろ!どうでもいいのか!」
まろ「ううう・・・」
大森「自分だけ傷ついてるぶってんじゃねぇよ!昨日お前も言っただろうが!」
大森「辛いのはお前だけじゃねぇか!お前が言ったんだ!」
まろ「ううう・・・」
大森「おい!お前が言ったんだからな!」
まろ「ああああああ!」
大森「ああああああ!じゃねぇ!」
大森「ふざけんなよ!」
スタッフ「一回落ち着こう?」
大森「お前だけ傷ついてるんぶってるんじゃねぇよ!」
まろ「ああああああああ」ガチャ
まろ「ああああああああ」バタバタバタ
大森「一回落ち着け!!!!!」

ネットの反応

・変な話キャラ通りではある
・こんな微妙なアイドルどうでもいいだろ
・スマイレージの福田かよ
・「シンデレラの生まれ変わり」とか妄言吐いていたやつか
・道重やももちの芸風をパクってた奴だな
・え?プロデューサーってそーゆーモンでしょ?
・文春巻き込んだ水ダウ企画のわけねーか
・クロちゃんに色々言ってたけどお前の方が(アイドルに手を出して)問題起こしそうだなって思ってたわ
・事務所もタレントもみんなヨゴレやからしょうがない
・BISHが大当たりして調子こいちゃったかな…
・離婚協議中は動いちゃいけない。
・地下アイドル業界なら魑魅魍魎だよね
・クロちゃんもこういうのやりたかったんだよな
・パワハラ音声当時はまろ可哀想という声が大半だったが、今回の不倫発覚で、流れが変わるか?
・大森がまろにキレて怒鳴り散らすパワハラ音声で炎上してたけどこの件があったならさすがに同情するわ…
・不倫を叱る大森って社長が正論だったてことか
・大森のパワハラ、発狂の原因はこれのことか
・なんかネタっぽく感じてるのは俺だけ?
・自分のところじゃなく余所様の子に手出しするPは珍しいんじゃね?
・まろは大森靖子を陥れてたし相当したたかな女だな
・またZOCかい むしろ開き直ってこういう路線の方が売れるのかもな
・この事務所はなんでも炎上、炎上、炎上だな
・元々、この方向のアイドル売りは、汚さも込みだろ?
・BiSHの紅白消えたな。

関連商品

コメント

  1. 1
    名無しさん 2021/10/30 21:01

    キモいおじさんって感じお男だな

  2. 2
    名無しさん 2021/10/31 5:29

    芸能界って人をだまして金を盗むことに何の違和感も覚えてない詐欺師ばっかよな

  3. 3
    名無しさん 2021/11/01 21:20

    巫(福田) 自体が他人の金で生き
    ようって女だ
    …いずれしっぺ返しは来るだろう

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事