TALENT

HEADLINE

渡辺麻友の不機嫌モード裏の顔・・・卒業後は「はい、殺意」キャラを解禁すべき!?


渡辺麻友主演『サヨナラ、えなりくん』より

卒業間近の渡辺麻友、裏の顔はワガママ放題!? 愚痴、不機嫌モード、潔癖症…「そして爆発」

まゆゆの愛称で親しまれ、AKB48からの卒業をすでに発表している渡辺麻友。王道アイドルを貫き通した彼女にも、当然ながら裏の顔があるという。

「渡辺麻友は、初対面のスタッフを異常に警戒することでおなじみです。顔見知りでないスタッフに『まゆゆ』と呼ばれると、楽屋裏でマネージャーに対して愚痴を言うという噂も。

また、潔癖症な面も有名で、撮影場所が汚いとあからさまに不機嫌モードになってしまうとか。

特に、野外での撮影では自分の姿を一般人に撮影されることを極端に嫌がるので、直ぐにロケバスに逃げ込めるように動線を作っておかないと大変だと聞きます」(週刊誌記者談)

王道アイドルならば、撮影裏でもしっかりとアイドルをしていると思っていたファンには残念なエピソードだが、そもそも彼女はすでに自分の中ではアイドルをとっくに卒業していたという。

「本人は、アイドルではなく女優業路線へとすでに気持ちを切り替えているようです。

プライベートで仲の良い指原莉乃が、自分とは真逆のバラエティタレントとしてアイドルの頂点を極めたのを目の当たりにし、アイドルとして成功することは数年前から諦めていたようです。

ただ、女優としてもなかなかうまくいかず、ドラマで主役を任されることも何度かあったのですがことごとく失敗している。そういった中で、『AKB48のまゆゆ』でいる事がどんどんストレスに変わっていったようです」(週刊誌記者談)

その感情が爆発したのが、今年行われた総選挙だったという。

「渡辺は卒業発表を決めていたので、天気が大荒れだった沖縄でもいつになく上機嫌だったようです。ただ、自分の卒業発表の前にNMB48須藤凜々花が結婚発表をして全てが台無しとなり、舞台裏で渡辺が激怒するという事件があったといいます。

結局は、AKSの幹部が事を収めたようですが、その後行われた沖縄での撮影では、NMB48のメンバーと渡辺麻友を近づかせないように厳戒態勢がしかれていたという話があります」(スポーツ新聞記者談)

そんな荒れているまゆゆ、アイドルを卒業した後は、しっかりと女優として活躍できそうなのか?

「元々、宝塚の大ファンで演劇舞台も大好きな渡辺は、ドラマではなく舞台に挑戦したいと話しているという。ただ、演技力が高いわけではないので、AKB48の肩書が無くなった時に果たして女優としてのオファーが来るのか?

特に舞台は演技力やアドリブも求められるので、卒業後に大失敗をしてしまうことも予想されます」(アイドル雑誌編集談)

一から出直し、なんてことにならないといいが。

[via:https://gunosy.com/articles/RutGd]

ネットの反応

・ワガママ放題ってほどの話にも見えないけど。
・まゆゆは須藤にキレてもいいと思う
・まゆゆは神経質そうだしね
・腐女子アイドルというか裏垢でいってるような事を素直に話したほうが受けるのに。
・先日の握手会も大遅刻でヲタがブチ切れてたのに悪びれた様子もなかったらしい
・裏表があって何が悪いんだよ
 仕事なんだからオンオフなきゃやってらんないだろ
・性格悪いんじゃなくて悪くしなきゃ自分を保てなかったが本質だろうね
・まゆゆは目が常時死んでるからなぁ…ドラマとか演技はキツいと思う
・もっと「はい、殺意」キャラ出していけばいいよ
・潔癖症なのに良くキモヲタと握手なんて出来たな
 そのプロ意識はすごい
・前田敦子同様に性欲が爆発しそうだな
・まゆゆは素は腐女子だからな
 ただ女優は向いてないからソロ歌手か声優目指しとけや
・まゆゆはプライベートが謎に包まれてんだよね
・渡辺の表面的な情報を摘まんで膨らませた記事の典型な内容

まゆゆラストシングルで
百恵流「ステージにマイク」

2017年いっぱいでAKB48を卒業する渡辺麻友さん(23)が最後に参加するシングル曲「11月のアンクレット」(2017年11月22日発売)が10月8日、千葉・幕張メッセで行われたAKB48グループのコンサートで初披露された。

もちろんセンターポジションは渡辺さんで、とりわけ目を引いたのが、曲の最後でマイクをステージに置いて客席に背中を向ける振り付けだ。

1980年に行われた山口百恵さん(58)の引退コンサートを想起させる演出で「サヨナラムード」を盛り上げた。

これまでも、アーティストや歌手が解散や活動休止といった節目で同様の演出を行ったことはあった。ただ、今後繰り返し披露される楽曲で、こういった演出が取り入れられるのは珍しい。

ここ10年でも宇多田ヒカル、中野美奈子らが「ステージにマイク」

渡辺さんがシングル曲でセンターポジションを務めるのは3年ぶり6回目。この日のコンサートは2017年6月に行われた「選抜総選挙」の「感謝祭」の位置づけで、新曲はアンコール後に披露された。

渡辺さんは新曲披露後に客席を振り返り、「緊張で動揺」して、振り付けをいくつか間違えたことを明かした。

実は、この「ステージにマイクを置く」演出自体は、必ずしも珍しくはない。

ここ10年ほどを見ただけでも、15年11月には、柏木由紀さん(26)らでつくるAKB48の派生ユニット「フレンチ・キス」の解散コンサートの最後で、メンバー3人がマイクを置いてステージを去った。

テレビ番組でも同様の演出があった。現在はフリーで活躍する中野美奈子アナウンサー(37)は、12年7月のフジテレビ退社前の最後の番組収録で「提供読み」の後に「10年間お世話になりました」と一礼。ステージにマイクを置いた。

10年12月には、「人間活動に専念」するなどとして活動休止を宣言していた宇多田ヒカルさんが、活動休止直前のコンサートで同様の演出を取り入れている。


初代DJ OZMAさんは08年12月のラストライブで、マイクをステージに置いた末に衣装を脱ぎ捨てて全裸でステージを後にした。

ただ、これらの「ステージにマイクを置く」演出は、解散や活動休止といった節目の「1回きり」だった。これに対して今回の新曲の演出は今後繰り返し披露される予定で、渡辺さんの「卒業ムード」を盛り上げることになりそうだ。

なお、1980年10月に行われた引退コンサート時、山口百恵さんは21歳。現在の渡辺さんは23歳で、AKB48卒業後も芸能活動を続ける意向だ。

[via:https://www.j-cast.com/2017/10/10310758.html]

関連商品

コメント

  1. 4
    名無しさん 2017/10/18 14:49

    功労者だから1~2年はゴリ押しでTVに出られると思うけど、マエアツみたいに泥酔して醜態をさらすようなことはしないでほしい。

  2. 3
    名無しさん 2017/10/18 14:08

    声の質は「声優」むきだとは思うが・・・
    いかんせんDAIKONで・・・役者ではムリだろ・・・
    キャラ弾けさせ、なんでも屋の方が向いてると思う

  3. 2
    名無しさん 2017/10/18 7:50

    AKBメインメンバー最速での瞬殺で消えそうな子。
    声優って既に飽和状態だろうに•••
    アニメ好きだから『声優』選択なんて他の素人あがりと変わらない。

    だったら、映画での濡れ場要員から海外進出の方がとりあえず首の皮一枚で活きていけそうだけどな。
    濡れ場なら得意中得意の分野だろうし•••演技とマグロ時代を謳歌してきたんだから。

  4. 1
    名無しさん 2017/10/18 7:47

    何をやってもダメな人
    芸能人に向いてない

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事