TALENT

HEADLINE

華麗なる転身!?成功している芸能人、ミュージシャンたちの意外な前職【若い頃のお宝画像付】

2017年12月24日に放映されたドラマ「陸王」(TBS系)の最終回の平均視聴率は20.5%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)を記録した。

老舗足袋屋の挑戦、そして奮闘を描いたドラマは初回から終始、好調をキープ。主人公・宮沢紘一を演じた役所広司(62)の深みのある演技力に引き込まれた視聴者も多かったはずだ。

役所広司

現在、日本を代表する俳優となった役所は、“演技界の東大”と呼ばれる「無名塾」出身。

主宰である俳優の仲代達矢(85)が「役どころが広くなるように」と願をかけ、「役所広司」と名付けたのだが、この芸名には前職も絡んでいることはご存じだろうか?

役所は無名塾に入る前、千代田区役所の土木工事課に勤務していたのだ。「お役所」と「役どころ」をうまくかけた仲代のユーモアセンスに由来し、見事その名の通りの名俳優となった。

一方、芸能界を見渡すと役所のほかにも意外な職歴を持つ俳優や歌手が実は多い。

藤井フミヤ

「有名な話ですが、人気歌手の藤井フミヤさん(55)はデビュー前、なんと国鉄職員だったんです。貨車に飛び乗って連結をしたり、貨車を仕分けしたりしていたそうです。

佐賀県の鳥栖駅と長崎県の早岐駅で働いていたとバラエティー番組で明かし、ネットで話題になったこともあります。

鉄ちゃんの憧れである、ブルートレインの連結作業もしてそうです。当時は歌手としてプロになるつもりは全然なかったというから驚きですね」(スポーツ紙の芸能担当記者)

阿部サダヲ

個性派俳優として売れっ子の阿部サダヲ(47)もイメージとは違う職場で働いていたひとり。

「今やドラマや映画に引っ張りだこの阿部さんの前職も意外です。高校卒業後、秋葉原の家電量販店に就職。

FAX機器を販売するコーナーに所属していたのですが、接客の仕事が嫌で仕方なく、できればお客さんが来てほしくなかったそうです。

出勤途中、出社する気にならず逆方面の電車に乗って海に向かったこともあるとか。なんと上司に『辞表の書き方の本』を渡され、やめることになったと言っていました。

その後は22才で『大人計画』のオーディションを受けるまで、トラック運転手やコンビニ店員、警備員など職を転々としたそうです」(前出の記者)

要潤

一方、予期せぬ事態により芸能界入りを果たすことになった人物もいる。俳優の要潤(36)だ。

「要さんは『笑っていいとも!』(フジテレビ系)でおなじみだったスタジオアルタのアルバイト警備員をしていました。

たまたま司会のタモリさんの目に留まり、イケメン男性を紹介するコーナーに出演したんです。それがきっかけとなり、芸能界入りをしました。タモリさんの人を見る目には驚かせられますよね。

竹内力

ほかでは、コワモテでおなじみの竹内力さん(53)の前職は、驚きの銀行員。行員時代に習得した札勘定の技術が彼の代表作である『ミナミの帝王』で大いに役立ったと語っていました」(同)

人は見た目で判断できないが、豊富な経験が人を魅了する演技力や表現へとつながっていくことは間違いなさそうだ。

[via:https://dot.asahi.com/dot/2017122700089.html]

ネットの反応

・役所さんは知ってたけど 皆 意外だったなぁ
・リキアニキの若い頃は爽やかイケメンって感じだったからね
・やっぱ印象的なのは声優:若本規夫の機動隊員かなぁ…
・声優の矢尾一樹さんはAV男優とか噂があるとかないとか
・要潤のエピソードは作り話
・要潤は居酒屋でバイトしてる時に芸能人事務所にスカウトされた

人気芸能人の「意外な前職」仰天リスト

現状を変えるため、新天地を目指すのが人の常。それは、テレビを賑わす芸能人も例外ではない。「人気者でも、いきなりデビューした人は数少ないものです。大抵はアルバイトも含め、何か別の仕事を経験した後に売れっ子になっているものですよ」(芸能記者)

哀川翔

そこで今回は、そうした“意外な前職”を持つ芸能人に注目していこう。まず、誰もがひれ伏す大物ながら、3万匹近いカブトムシをふ化させた“カブトムシ王”という意外な一面も見せる哀川翔アニキ。

「今でこそコワモテな哀川ですが、実は女性誌『ポップティーン』のフリーライターだったんです」(前同)

今からは想像もつかないが、渋谷や原宿に出かけては女の子に街頭アンケートを取るなど、比較的ナンパな仕事もしていたという。

「そのうち、街頭でダンスなどのパフォーマンスをする集団に出会って興味を惹かれ、特集を組んだ。それが『一世風靡セピア』の前身の劇団で、そこから芸能界に入ることになったと、本人が語っています」(同)

ちなみに、当時のペンネームは「ショウ ロンリーリバー」だったそうで……芸名の“哀川翔”まで一貫したセンスを感じる。

山村紅葉

堅い仕事といえば、2時間ドラマなどの常連である山村紅葉も、一時、意外な職業についている。

「学生時代から女優デビューし、母である山村美紗氏原作のサスペンスドラマなどに出演しましたが、卒業とともに芸能界を一度引退。なんと、国税調査官として大阪国税局に勤務するんです。

国税の女査察官を描いた伊丹十三監督の映画『マルサの女』が大ヒットしたのが、ちょうど山村の引退している時期。彼女は結婚を機に退職して女優復帰しますが、もし早めに復帰していれば、同作にはうってつけのキャストでしたね」(映画雑誌編集者)

椎名林檎

リオ五輪の閉会式で、続く東京への引き継ぎ式の音楽監修を務め、日本代表歌姫となった椎名林檎にも、現在からは想像もつかない前職があった。

「音楽を志しながら、警備員のバイトをしていたそうです。深夜勤務などもあり、なかなかふだんは見られない世界を垣間見ることができた経験が、デビュー当時の情念渦巻くドロッとした世界観に影響したのか。今や、すっかり“五輪の人”ですが、デビュー時の“日陰の女”な部分を待っているファンも多いんですけどね」(音楽業界関係者)

YUKI

一方、同じく意外ではありながら、すでに今に通じる部分を見出せるのが、YUKIの前職。

「彼女はバンド“JUDY AND MARY”でデビュー前、地元、北海道でバスガイドをしていたそうです。行く先々の観光ガイドをしながら地元の歌を歌ったりもするので、入社試験に歌のテストがあったそうですが、会社中に響く大声で松村和子の『帰ってこいよ』を歌って一気に有名人になったとか(笑)」(前同)

幅広いファン層に支持される彼女の原点は、年輩客から子どもまで相手にしていた、このバスガイド時代の経験なのかもしれない。

[via:ヴィーナス]
https://taishu.jp/detail/29719/

山口智充[ex.DonDokoDon]

前職:家電量販店の営業担当
関西で有名な家電量販店・マツヤデンキで営業担当として2年半勤務。優良社員賞を受賞するほど優秀な社員だったものの、ミュージシャンを目指すために退職。会社の重役が来て引き止めたといわれています。

氷室京介

前職:英会話教材の営業
出身の群馬県内で英会話の教材の訪問販売していたそうで、営業成績はトップクラス。ただ、1997年の渡米時、殆ど英語を話せなかったとか。

中島美嘉

前職:マクドナルドのクルー
中学卒業後、高校には進学せず、約1年間地元鹿児島でマクドナルドのクルーをしていたとか。スマイルの無いややモチベーションの低いクルーだったそうですが、その時から「絶対に歌手になる」と言い切っていたといいます。

坂本冬美

前職:梅干しの検査員
生まれ故郷の和歌山の梅干し会社の工場で梅干しの塩分などをチェックする検査員をしながら演歌歌手を目指して歌の練習のためカラオケ教室へ通っていたそうです。

前職が意外すぎる芸能人ランキング

1位:竹内力(前職:銀行員)14.8%

2位:あき竹城(前職:ヌードダンサー)12.0%

3位:タモリ(前職:ボーリング場支配人)7.0%

4位:藤井フミヤ(前職:鉄道職員)6.6%

5位:福山雅治(前職:電気メーカーのサラリーマン)6.4%

[via:ポストセブン]
http://www.news-postseven.com/archives/20161118_468160.htmlNEWS

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事