TALENT

HEADLINE

内田裕也死去【追悼】矢沢、布袋、幸宏、泉谷…ミュージシャン、芸能界から追悼コメントまとめ

ロック歌手で俳優の内田裕也(うちだ・ゆうや、本名=雄也)さんが3月17日午前5時33分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。79歳だった。お別れの会を行うが日取りなどは未定。

兵庫県出身。1959年に日劇ウエスタン・カーニバルでデビュー。尾藤イサオさんらと共に、66年に来日したビートルズの前座を務めた。

映画俳優としても活動し、「十階のモスキート」や、自ら脚本を手がけた「コミック雑誌なんかいらない!」などに主演。91年に東京都知事選に出馬し落選した。

2018年9月に妻で女優の樹木希林さんを亡くしたばかりだった。長女はエッセイストの内田也哉子さん、娘婿は俳優の本木雅弘さん。

[via:日本経済新聞]
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42587510Y9A310C1CC0000/

本木雅弘のコメント

仕事の予定がありロンドンに滞在中でした。訃報(ふほう)の連絡は妻(内田也哉子)から、英国時間で17日に日が変わった深夜に電話で知らされました。

最後に会ったのは3月10日です。前日アメリカから帰国した長男(UTA)と次男を連れて病院へ見舞いに行きました。

熱はありましたが、とても穏やかで、孫たちの話にも嬉(うれ)しそうに頷(うなず)き、現在放送中の私のCMについても「なかなか イイな」と褒めてくれました。

容体を見守る日々の中で、私も妻もどこかで覚悟はしておりました。

時代を切り開いてきた業界の先駆者を失(な)くしたという事においても非常に残念ですが、岳父として、常に紳士的に接してくれた事に、ただただ感謝しかありません。

[via:朝日新聞デジタル]
https://www.asahi.com/articles/ASM3L3WJZM3LUTFL004.html

ミュージシャンからの追悼

ロック歌手で映画俳優としても活躍した内田裕也(うちだ・ゆうや、本名内田雄也)さんが17日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。79歳。

18年9月15日に妻で女優の樹木希林さん(享年75)に先立たれ、喪失感が消えない中での死となった。ロック界の重鎮の突然の訃報に、音楽仲間から悲しみのコメントが相次いだ。

矢沢永吉

ロック歌手の矢沢永吉(69)は「裕也さんがいなくなるってさみしいですね。じいさんになっても、よぼよぼになっても、もっと生きてほしかったです。心よりご冥福をお祈りいたします」と悼んだ。

ミッキー・カーチス

ロック歌手で俳優のミッキー・カーチス(80)も「内田裕也が亡くなったようだ!仲間がどんどんいなくなってしまう!ロックロールお疲れさん」「ユーヤが亡くなって悲しい日だがこれからやすらぎのロケだ!仕事で頑張ろう!」とツイッターでつづった。

綾小路翔

ロックバンド「氣志團」の綾小路翔(42)はツイッターで「裕也さん、前の家の時、よくご近所でお見かけしました。あの辺りの人間で、真っ黒なグラサンかけて襟足長いのは間違いなく自分と御大だけだったので、近隣の方々には混同されてるんじゃないか説も…?新元号には興味なかったんだろうな」と回顧し、「天国でも地獄でもロケンローかまして下さい。シェケナベイベー!」とメッセージを送った。

高橋幸宏

音楽家の高橋幸宏(66)は「裕也さんが亡くなった!合掌」とツイッターを更新。

「初めてお会いしたのは僕が16でアマチュアの時。これからお前の事『船木裕次郎』って呼ぶよって言って、本当に暫くそう呼ばれてた。え、何故ですか?、って訊くと、長くなるから、その話はまた。沢山の個人的エピソードと共に…」と裕也さんとの思い出をつづり、「心からお悔やみ申し上げます」と偲んだ。

布袋寅泰

ギタリストの布袋寅泰(57)はインスタグラムで「R.I.P. Mr Rock’n roll. 内田裕也さんの訃報を聞き心よりお悔やみ申し上げます」と追悼。

昨年行ったツアーの東京公演に来てもらい、ほめてもらったといい、「本当に嬉しかったです。きっと天国でロックンロールの先駆者たちから盛大な歓迎会を受けていることでしょう。素敵なパートナーと手を繋ぎ踊ってください。ロックンロールとは『頑張ろうぜ!』の合言葉。僕も死ぬまでロックンロールします。ありがとうございました」と大先輩への感謝で締めくくった。

泉谷しげる

俳優で歌手の泉谷しげる(70)は裕也さんとの思い出をつづり、「実際、ユーヤさんに接して感じたことなンだけど~なンともいえない男の色気があり、そして可愛いのだ こっりゃあ意外とモテモテくんなのかな~ 感じたことを言っておだてりゃよかったンだが、オイラにもイメージあるもンで(笑) 」とつづり、「冥福を…は違うらしい お悔やみを…もなぁ やはり『テメェこの野郎』かな お元気で」と締めくくった。

[via:スポニチ]
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/18/kiji/20190318s00041000178000c.html

陣内孝則

陣内は自身がボーカルを務めるバンド「ザ・ロッカーズ」で毎年、内田さんが主催する恒例の年越しライブ「ニューイヤーワールドロックフェスティバル」に出演していた。

「私にとっては恩人です。ロックってのは生き方だと体現した人だと思います。媚びないブレないすぐ怒る、そんな人でした」と感謝。

「よく裕也さんの事を歌が上手くないとかヒット曲がないとか批判する人もいましたが、あんなにセンスの良い色気のあるカッコイイ人を私は知りません。ご冥福をお祈りします」と悼んだ。

[via:スポーツ報知]
https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190318-OHT1T50110.html

辻仁成

「内田裕也さん、昔、野音ライブのあと楽屋に戻ったら裕也さんからの差し入れマグナムのドンペリがどんと鎮座していて、息を呑みました。ありがとうございました。一生忘れません。ご冥福をお祈りいたします。」

[via:Twitter]

サンボマスター山口

「内田裕也さんが旅立たれたと聞いて、とても寂しい気持ちです。ロックンロールに偉大な功績を残された内田裕也さんに感謝いたします、本当にありがとうございます。ご冥福をお祈りいたします。」

[via:Twitter]

美勇士

桑名正博さんの長男でミュージシャンの美勇士もツイッターで内田さんとの2ショットをアップ。「こんな僕のライブや舞台など、ことあるごとに顔をだしてくれて気に掛けてくれる、怖くて優しい先輩でした」とコメント。

和田唱

トライセラトップスの和田唱も「1966年、ビートルズの日本公演の前座で、アニマルズの『朝日のない街』を歌う裕也さんのレア映像。好きなんだよなぁ、これ。R.I.P」とつぶやいた。

[via:デイリースポーツ]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00000052-dal-ent

この訃報に、世代を超えた各界の芸能人らが続々と追悼する言葉をコメントしている。

崔洋一

「今日の日を迎えるようなことは全く予測はしていませんでしたけども、希林さんが半年前にお亡くなりになって、ご葬儀の後、裕也さんとお話できたんですけど『大変素晴らしい式であった』とおっしゃっていて、お2人にしか分からない独特の世界観っていうのは確かにあったんだなと。

ボクも44年ぐらいの関係になるんですけど、名実ともにそういうことを感じる。他人が理想の夫婦の形態であるとか、ある種の異端の夫婦であるとか、いろんな言い方ができると思うんですけど、それは2人が分かっていればそれで十分ではないかと思いました」と語った。

また、役者としての魅力については「純粋ですよね。自分がつくる世界観、それは音楽でもそうだったと思うんですけど、映画の中でもピュアな部分(がある)」と指摘。

「従って、若き日の私とも現場で何度もぶつかり合うということもある。仕上げの段階まで、最後まで厳しいやりとりをしていた。そういうピュアな部分が、社会との接点でいろんな誤解を生んできたのも事実。

また、裕也さん自身がそういうことを恐れない。つまり時に自分にとっての批評の対象として、世の中や社会を見つめていた。そういう表現者でもあった」と話し、死を悼んだ。

[via:東スポ]
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1313365/

デヴィ夫人

夫人と内田さんは数十年来の旧知の仲。「彼が若くてスカッとしてスマートな時代にお会いしました。私が外国に行って日本に帰ってきてからもパーティーやお仕事でご一緒しました」と当時を懐かしみつつも「朝、ニュースが飛び込んできて、『あ!』って。(内田さんの妻の樹木)希林さんを追うように亡くなった。昭和の時代がこうやって一人一人消えていくんですね」と語った。

唯一無二の個性を持っていた内田さん。夫人は「そんなに頻繁に会う間柄ではありませんでしたが、彼は非常に世界観があって、ご自分の意見、主張を持っていた。ただのロックンロールマンではなかった」としんみり。

「筋が一本通っている人が少なくなるなかで、また一人こういう方が亡くなった。昭和を語れる人がだんだん亡くなるのは寂しいと思います」と悼んだ。

[via:スポーツ報知]
https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190318-OHT1T50095.html

中村獅童

獅童は「20代の頃から可愛がっていただき、近年では、四年連続で年末のNew Years World Rock Festivalにバンドとして参加させていただきました。自分が落ち込んだときにも、テレビを通じて励ましてくださったこと、そして、今年、最後のNew Years World Rock Festivalでの魂の歌声…一生忘れません」と記し「心よりご冥福をお祈り申し上げます」としのんだ。

[via:オリコン]
https://www.oricon.co.jp/news/2131791/full/

市川海老蔵

海老蔵は「内田裕也さん、朝のニュースで今知りました。まずはご冥福をお祈りいたします」とした上で、「実は私は少しだけ面識があります」と告白。

「初めてお会いしたのはというか出会ってしまったのは18歳の時、私がその時付き合っていた女性と行ったお店に扉を開けたら子分?家来?仲間?よくわからない怖い人たちを従えて一番奥の席に内田裕也さんいらっしゃいました。凄い迫力で驚いたこと覚えています」とし、「私も若く粋がって生意気だったせいもあり すぐに険悪なムードになり笑笑お店の外へ」と“一触即発”となったことを明かした。

「そのあとももちろん会うつもりもないのに たまたま会うこと5、6回 ご縁があったのかな」という海老蔵。

「27、8歳の頃 競馬場でバッタリ!おー!ロックンロール!と声をかけてもらい、実はさ、海老蔵に話がある。だから時間くれ、と、私もはい!とお返事し日を改めて初めてきちんと会う事になりました」

「それは内田裕也さんにとってとっても大切な場所らしく会うなり直ぐにここで交渉して失敗した事がない。ジョンレノンともここで約束したと、凄いお話ばかりでした。そのお話の内容はご自身の製作映画への私へのオファーでした」と告白。

「あまりにも壮大な話でした、引き受けるかどうか迷いましたがお断りました。すみません」とオファーを断ったことも明かした。

「お会いすると分かるのですが怖い方のようで心の中のピュアな光が眩しい雄でした。そして何か優しくないけど優しさがある」と海老蔵。

「奥様もそういう計り知れない魅力に惹かれたのかなと私は勝手に思っていました、樹木希林さんが旅立たれ すぐに旅立たれるところなど 最もそうならなそうな方ですが、、、内田裕也さんの奥様への想いを感じてしまいます。

凡人には理解できないお二方の関係、私は素敵だなと感じます。そして空では仲良くくっついていてほしいなーとファンとしては思います」

と昨年9月に死去した妻の女優・樹木希林さん(享年75)にも言及し、「内田裕也さんのご冥福を心から心からお祈り致します。ロックンロール!!、、、、!!!」とつづっていた。

[via:スポーツ報知]
https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190318-OHT1T50075.html

加藤浩次

加藤は「『スッキリ』で内田裕也さんがVTRに出たときに、僕もちょっと覚えていないんですが、僕が変なことを言ったんでしょうね。

内田裕也さんが僕の言った言葉を聞いたら、吉本興業に電話がかかってきて『お前のところにいる加藤っていうの、俺の文句言ったのか!』って電話があって…」と明かした。

その後、加藤は吉本興業を通じて自身の電話番号を伝えてもらうと「内田裕也さんから電話かかってきて『おい!俺の文句言ってんのか、このやろう!』」と怒鳴られたという。

加藤は事の詳細を説明して謝罪すると「『俺に電話番号を教えるなんて気合入ってるな。わかった。ロックンロール』って切られた」と語った。

その後、加藤が出演している番組への出演を依頼すると、内田さんは「あのときの加藤だな。じゃあ、出てやる」とすぐにオファーに快諾してくれたことも明かした。

[via:サンスポ]
https://www.sanspo.com/geino/news/20190318/geo19031811590015-n1.html

指原莉乃

指原は「突然の悲報に接し、驚いております。CDをご一緒した際には、たくさんのことを教えていただきました。コンサートも出演してくださって盛り上げていただいたことを思い出します。異色なコラボレーションではありましたが、思い返すと楽しい思い出ばかりです。心よりご冥福をお祈りいたします」とコメントした。

指原は2014年6月発売のシングル「シェキナベイベー」で内田さんとデュエット。15年のAKB選抜総選挙では「水着コンサート」を公約に掲げて1位になった指原に、内田さんがビキニを贈呈したことも話題になった。

[via:スポーツ報知]
https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190318-OHT1T50102.html

蓮舫

「内田裕也さんの訃報。とてもとても悲しいです。事業仕分けの時、必ず会場に傍聴に来てくださり「税金の使い方を見たい」とお話しされていました。いつも赤い薔薇を一輪くださいました。粋な方です。心からお悔やみを申し上げます。」

[via:Twitter]

ネットの反応

・樹木希林追ったか
・結局この人娘に何一つ父親らしいことしなかったなあ
・死去なベイビー
・樹木希林逝ってから早い
・津川も雪路の後追うように死んだし
・やっぱり樹木希林がいないとこうなるのか
・男は本当に先立った嫁の後を追うよな
・やっぱり嫁に先立たれると男は弱いわな
・シェケナ(尊敬を込めて)なかなかのロックンロール、最愛の人を天国まで追っかけてくなんて。
・なんだかんだで仲良い。ご冥福お祈りします…
・あの世でも結局別居しそうだが
・ハドソン川を泳いでたのが懐かしい
・本木は安堵していることだろうな 問題行動に手を焼いていたみたいだし
・年寄りの肺炎は怖いな 元気だったのに数時間後には亡くなったりする。
・そういやたけしもコメント出しそうだな
・格好悪いところが最高に格好よかった。ラブアンドピース
・加藤が絡まれたエピソードは面白かったわ イカれてるけど憎めない馬鹿って感じ
・コミック雑誌なんかいらない時代になった
・石巻はロックンロールは名言
・分析すると、ヒモだろ。
・島田陽子の金も全部使ったんだろ?稼ぎの良い女のヒモとしては最高なんだろうな。面白くて。
・内田裕也はロケンローラーというよりプロデューサーやろ
・人脈も広くて人材発掘能力がある 有名な所だと沢田研二とおくりびとの監督
・ハチャメチャしても嫁さんに捨てられず、娘もなんだか思慮深い感じで前日オムライス食って、あんまり苦しまず死ぬとか最高の人生だなおっさん。合掌

関連商品

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事