TROUBLE

HEADLINE

伊藤英明の自宅で火事騒動!出火元は目黒区青葉台のスキャンダルの名所!?

都内有数の高級住宅街で、9月上旬の深夜4時、消防車15台が出動する火災が発生した。

もうもうと黒い煙が立ち上り、現場に急行した消防車から降りてきた数十人の消防隊員が、大きな声を出し、消火活動を始めた。

火元となったのは、コンクリート造3階建ての低層マンションの3階。

そして、その下の2階はなんと伊藤英明(40才)の自宅だった。

心配そうに様子を見守っていた大勢の近隣住民の中には、小林麻央(33才)の姿も。

急いで出てきたのか、薄ピンクのパジャマ姿のままだった。

tr20150914-3市川海老蔵(37才)と麻央夫妻の自宅は、伊藤のマンションからわずか50mほどのところにある。

「海老蔵さんと伊藤さんは大の仲よしで、家族ぐるみのつきあいをしていますから、心配で駆けつけたんでしょうね」(芸能関係者)

幸いにも、伊藤と身重の妻・A子さんにけがはなく、火事も2時間ほど経った午前6時過ぎに完全に消し止められた。しかし…。

「上の階で消火活動に使われた水が浸水して、伊藤さんの部屋も水浸しになってしまい、電化製品もかなりダメになってしまったそうです。

A子さんは生まれてくる赤ちゃんのためにベビー用品も揃えていたそうなので、被害はかなり大きかったと思いますよ」(前出・芸能関係者)

[引用/参照/全文:http://www.news-postseven.com/archives/20150913_350345.html]

出火元マンションはいわくつき物件

閑静な住宅街として知られる伊藤のマンションだが、かつては意外な人物のスキャンダルも報じられている物件だ。

「このマンションにはAKB48の運営会社である株式会社AKSの元社長・窪田康志氏も住んでおり、2013年4月24日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、元AKBの河西智美(23)をお泊りさせたことが報じられました。

tr20150914-1

当時マスコミ関係者の間では、窪田氏の自宅というよりは伊藤の自宅として知られていた物件だけに、近隣の海老蔵宅への取材をかねてこちらの様子を見る記者も多かった」(週刊誌記者)

さらに5月8日発売の『週刊文春』でも、俳優・坂口憲二(39)が路上で女性とキスをしたり、立ち小便する様子とともに、そこに合流した伊藤が女性連れでマンションに入っていく姿をスクープしている。

tr20150914-2

「マンションの部屋の中での様子は、知る由もないところ。ですが、当時共演していた連続ドラマになぞらえ『真夜中のダブルス』と報じられたこの記事は、業界関係者にも衝撃を与えたものです」(前出の記者)

結婚後もこのマンションに住み続けている伊藤。

結婚直後には『フライデー』(講談社)で過去にハワイでナンパした女性達との“乱交写真”が流出してしまうという下半身トラブルも。

今回の火事は災難の一言だが、いわくつきのマンションというだけに、せめて“厄祓い”になってくれればいいものだが……。

[引用/参照/全文:http://dailynewsonline.jp/article/1011466/?page=all]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事