COVERGIRL

HEADLINE

『まれ』で注目の若手女優は笑顔のウラにギンギンな計算高さ!?清水富美加の素顔とは…

女優の清水富美加(20)が、10日放送のトークバラエティ『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、イメージとは異なる素顔を明かした。

丸くて大きな目をきょろきょろさせながら話す姿からは、いかにもキュートな雰囲気を漂わせる清水だが、その内側には情熱的なところがあるようだ。

co20150812-1

14歳で事務所のオーディションを受けたという清水だが、MCのくりぃむしちゅー・上田晋也から「すんなり入ったわけだ?」と問われると、「すんなり入りました」と即答。

さらに「中学2年生にしては、計算してやりました」と切り出し「正直、中学生の時すごいモテてたんです。すごいモテてて、その時は(自分のことを可愛いと)勘違いして思ってました」と明かした。

飾り気のない素直な清水に、初っ端から上田らは「気持ち良いね!」と絶賛。

続けて

「すでにオーラのあるような人とか、すごいおっぱいの大きいお姉さんとかがいて、並んだ時に自分は“アカだらけのブス”なんだなって。アカ抜けてる方達がいっぱいいて」

と独特な表現でオーディション時を振り返ると、スタジオは爆笑の渦に。

その後は見た目でなく中身で勝負しようと悟った清水は

「わざと頭にマイクをぶつけたりとか、『最後に一言どうぞ』って言われた時もDAIGOさんみたいな怠そうな感じで『グランプリください。お願いします』って、吉川ひなのさんたちがいる前で言ったら、グッドキャラクター賞というのをもらいました」

と見事、事務所所属の鍵を手にしたことを語った。

現在NHK連続テレビ小説「まれ」(NHK総合ほか月~土/あさ8時)で主人公の親友・一子役を演じ注目を集めているが、もともとは「ヒロインしかやりたくない」という思いで、朝ドラのオーディションに臨んだという清水。

「朝ドラのヒロインなんて、言ってしまえばわかりやすく売れるじゃないですか。売れたかった」とまたもや素直に発言し、オーディション中も「一生懸命頑張るとか当たり前だから。頑張るとこそこじゃないから」と周りに対し“ギンギン”な闘志を燃やしていたよう。

しかし実際にはヒロインではなく親友役としてオーディションに合格。

複雑な心境を抱えながらも父親に相談したところ「お前は主役を張れる器じゃない。こんなありがたい機会滅多にないんだから、その器になるために修行してこい」と言われたことを明かし、「そこでギンギンモードが終わった」と親友役に挑むことを決意したと話した。

ヒロインに抜擢された女優・土屋太鳳について「チキショウ!みたいな気持ちはあった?」と上田から問われると、清水は「まったくなかったです。これどこでも言ってるんですけど、本当にいつ死んでも天国に行くくらいすごいいい子なんですよ。菩薩みたい」と珍回答。

上田に「勝手に殺すな!」と痛烈ツッコミを喰らい、スタジオは終始笑いに包まれていた。

[引用/参照:http://mdpr.jp/news/detail/1511258]

「朝ドラの影響で目下知名度を急上昇させている清水さんですが、2011年に放送されていた『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)でヒロイン役を務めたときも、特撮ファンを中心に話題を集めました。

co20150812-2

これまでのライダーヒロインといえば清楚なタイプが多かったのですが、清水さんは天真爛漫で弾けっぷりが印象的な異色のキャラを演じており、それが多くの人の印象に残ったようです。

その後少しパッとしなかった時期もありましたが、明るいキャラクターをウリにして順調に活躍の幅を広げていると思います。

今回の番組では、その可愛らしい個性の中にちょっと計算高い部分が見えましたが、それもまた素直な印象で好感が持てました。いい意味でのイメージとのギャップになりそうですから、ますます魅了されたファンも多かったのでは」(芸能ライター)

[引用/参照:http://news.infoseek.co.jp/article/menscyzo_20150811_228771/]

co20150812-3

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 2
    アカサカサカア 2015/08/17 23:04

    朝ドラ脇役で良かったんじゃない?あんな本で視聴率を主役の責任にされてもね。。事務所色強いし、良い役者さんも2、3人居るが台無しだね!

  2. 1
    まれまれ 2015/08/15 13:08

    自然体だし素直だしいい子!なかなかいないタイプの女優さん、貴重ですね。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事