SCANDAL

HEADLINE

ベッキーの金スマ見た川谷元妻が謝罪前収録に衝撃を受け抗議文!?・・・元妻「これで終焉に」

sc20160519-1

フライング収録に川谷元妻が抗議文

5月13日、バラエティ番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)でテレビ復帰を果たしたタレントのベッキー(32)。

しかしトントン拍子に進んだかに見えた復帰劇の裏で、川谷絵音(27)の妻・A子さんが弁護士と相談の上で、ベッキー側に抗議の書面を送ったことが週刊文春の取材でわかった。

〈何よりもまず、川谷さんの奥様へ謝罪したいというのが今の一番の気持ちです〉

4月22日に週刊文春へ手渡された手紙の中では、ベッキーはA子さんへの謝罪を最優先したいと綴っていた。

謝罪の実現はしばらく難航すると見られていたが、この手紙が突破口となり、5月2日にベッキーはA子さんに直接、謝罪をしている。

だが一方で、その時点ですでに金スマの収録は済んでいた。その事実をベッキー側はA子さんに知らせず、A子さんは13日の放送を報道で知ることになる。ベッキー側からオンエアの連絡があったのは放送当日の夕方だった。

今回の一件についてサンミュージックは、「ベッキー本人も、奥様が放送の事実を、報道で先に知った事に、大変申し訳なく思っております。放送終了後も、本人は奥様の心情を気にしております」と回答した。

[引用/参照/全文:http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6157]

元妻、騒動「これで終わりに」

タレント・ベッキーが13日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で仕事復帰したことを受け、不倫騒動の相手「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音の元妻が、ベッキーの所属事務所社長宛に心情をつづった手紙を送っていたことが18日、分かった。

元妻の代理人・大久保理弁護士がこの日、ベッキーの事務所を通じて報道各社に文書を送付して明かした。2日にベッキーから謝罪された元妻は「これですべてを終わりにしたい」と騒動の終焉(えん)を希望しているとした。

完全復帰を目指すベッキーを後押しする形になった。この日、川谷の元妻の代理人が、ファクスで送付した文書には、元妻の切実な思いが記されていた。元妻の代理人からのFAXは以下の通り。

—————-

冠省、当職は、川谷絵音氏の元妻であるA子さんを代理して皆様にA子さんの心境につきご説明させて頂くことで、今回の騒動の終焉とさせて頂きたいと願っております。

明日発売になる週刊文春の記事については、記載されている内容のほとんどは事実と違うものではありません。「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」の番組を見て、A子さんが衝撃を受けたのは事実です。

週刊文春の記事にあるように、5月2日にベッキーさんから謝罪の言葉を受けた後、A子さんはこれで全てを水に流し、今回の騒動を終わりにしましょうとベッキーさんに伝えたのも事実です。

A子さんの気持ちは、謝罪を受け終わって部屋を出る際に、A子さんがベッキーさんに掛けた一言が全てを物語っていると思います。

A子さんはベッキーさんに、「これから私も頑張るので、ベッキーさんも頑張って下さいね。」と言って部屋を出ました。帰りのタクシーの中で「先生、ベッキーさんに言った言葉、私の本心なんですよ。」と彼女は話していました。

週刊文春の記事で、一点だけ事実と違う記載があります。

それはA子さんが、「弁護士と相談の上で、ベッキーさんの自分への謝罪と仕事復帰へのタイミングのズレへの違和感と、放送の内容について、サンミュージックに抗議の書面を送ったという。」との週刊文春の記載の部分です。

事実は、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」の放送前にサンミュージックの社長が当職に架電してこられ、A子さんの心情をきずかって、気分を害されることがあればご連絡下さいと言われたところから、A子さんが当職の目の前で素直な心情を手紙に書いたもので、抗議文ではありません。

あくまでも社長に思いの丈を聞いて欲しいとの気持ちから書いた手紙で、他人の目に触れないように当職が預かり、翌日、サンミュージックの社長に直接届けたものです。

これはあくまでもA子さんが社長に分かっておいて欲しいA子さんの気持ちを伝えたもので、これで全てを終わりにしたいとのA子さんの気持ちも当職から伝えております。

A子さんは、ご自分も含めて、川谷絵音さんも、ベッキーさんも、今回の騒動で躓かずに生きて行けるようにしたいと願っています。

A子さんは心根のやさしい女性です。A子さんは、川谷絵音さんが社会から猛烈な非難を浴びていることを心配しています。

どうか、マスコミの皆様におかれましては、3人が今回のことで躓くことなく、将来の人生に向かって、前向きに歩き出せるように応援して頂きたく、心よりお願い申し上げる次第です。

草々

—————-

[引用/参照/全文:http://www.daily.co.jp/gossip/2016/05/19/0009098617.shtml]

sc20160519-1

ネットの反応

・ドラマや映画撮影でよくあることじゃん ラストを先取りする 撮影の都合なんだよ
・ベッキーはもうどうでもええが、川谷は叩くぞ。騒動中ずっと自分だけ素知らぬ顔してやがって。
・元嫁立派だわ
 >これが初めて世に出た元嫁の意見だぞ。初めてだぞ。
・元嫁が終わりって言うなら俺はもう叩くつもりはないけど心象最悪なのに変わりはないからな
 >どの立場から言ってんだよコイツ
・おまえら暇になるな(´・ω・`)
・これは元妻もこれで終わりにしたいってことだな
 >うーん、もう関わりたくないのだろう一般人だし
・ただ、今後ベッキーが復帰して世間に受け入れられるかどうかは話が別w
・ゲスは責任を取って「ゲスの極み乙女」の原盤権をサンミュージックに譲渡したという情報も
・「これで終わりに」っていう言葉を使うときはほぼ99.999%金で決着つけてる
・そりゃ、こんなもん金で話しつける以外にどうしろと?
・こんな酷い文章でよく弁護士が務まるな
・嫁が怒っているのは謝罪の日に金スマ収録済みを黙っていたこと、その一点だけ
・ベッキーが犯した間違いと正しい順序

× 復帰番組の収録 → 川谷絵音の妻に謝罪 → 許してもらえた → 妻「先に復帰番組収録してたの!? おかしくない?」
○ 川谷絵音の妻に謝罪 → 許してもらえた → 復帰番組の収録

・サンミュージックの社長が「気分を害したら連絡して下さい」と言った

元嫁は金スマについて何も知らされていなかった
(ここは文春の通り)

気分を害したので、社長に言われた通りに、手紙を送った
(抗議文まではいかない。素直な気持ちを書いた手紙)

こういうことだろ
ベッキーが金スマについて伏せていた糞だという事実は全く変わらん

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事