SPORTS

HEADLINE

大魔神佐々木が出廷 更生支援を約束に清原被告涙。電話で詫びも「桑田だけは絶対に許さない」

s20160517-1

佐々木氏更生支援を約束

覚せい剤取締法違反の罪に問われた元プロ野球選手の清原和博被告(48)の初公判が17日、東京地裁(吉戒純一裁判官)で開かれ、弁護側の情状証人として野球評論家の佐々木主浩氏(48)が出廷。

清原被告の人柄などについて証言したほか、「2回目はないと強く信じる」として清原被告が更生するためのサポートを約束した。

開廷前から傍聴席の一番後ろに座り、険しい表情で裁判を見守っていた佐々木氏が証言台へ。

まず、佐々木氏は2人の出会いや、友人関係になった経緯を説明。高校時代、スターだった被告の元へ佐々木氏が「写真を撮ってはしい」と駆け寄ると笑顔で応じてくれたと供述。

また、プロ野球の同学年選手で集まる「同期会」を結成した時に清原被告を会長に指名したことについて触れ、「(清原被告が)会長ならこの会がまとまると思った」と述べ、清原の優しく、温かい人柄を強調した。

s20160517-2

今回の清原被告の逮捕に「苦しい思いをしているなら、そばで相談を聞いてあげればよかった」と後悔の念も吐露。「(同被告は)野球人。彼と一緒に何かしら野球に携わることをやっていきたい」と今後の更生へ向けて力を添えていく約束をした。

盟友の“登板”に、清原被告は下を向き、終始ハンカチで涙をぬぐった。

清原被告とは同学年。東北高時代に3季連続で出場した甲子園で知り合い、プロ入り後も「ライバルで親友」と呼び合った。

14年3月に清原被告に薬物使用疑惑が持ち上がった後も、同12月の自身の野球殿堂入りパーティーに招待した。それだけに清原被告が2月に逮捕された際は、「ぶん殴ってやりたい。裏切られた気持ちで悲しい」と話していた。

[引用/参照/全文:http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/05/17/kiji/K20160517012604090.html]

「心の隙間埋めるため」と供述

清原被告は黒っぽいスーツの上下にネクタイ姿で、裁判が始まる直前に入廷。落ち着いた表情で、法廷に向かって1度、軽く頭を下げたあと、弁護士の横の席に着席。

裁判官が午後1時半すぎに開廷を告げ、被告に対して証言台の前に立つよう促しました。

清原被告は、「はい」と小さい声で返事をして証言台の前に立ち、そのまま裁判官に向けて深く一礼した。

裁判官は「本人かどうかを確認します」と告げたあと、名前と職業などを聞きました。これに対して清原被告は「清原和博です」「無職です」などと、はっきりとした声で答えていた。

検察は「遅くともプロ野球を引退した平成20年すぎごろから覚醒剤を使い始めた」と指摘。

また、本人の調書を読み上げ、「監督やコーチになりたいという希望があったが依頼がなく、心の隙間を埋めるため覚醒剤に手を出した。やめられなかったのは、心の弱さが原因だ」などと供述していたことを明かした。

清原被告は「間違いありません」と述べ、起訴された内容を認めた。

[引用/参照/全文:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160517/k10010524131000.html]

傍聴券 抽選倍率は188倍

s20160517-3

元スター選手の姿を見ようと、用意された20席の傍聴券を求め、ファンら3769人が朝から集まり、約188倍の抽選となった。

[引用/参照/全文:http://mainichi.jp/articles/20160517/k00/00e/040/203000c]

裁判は午後3時半ごろにすべての審理が終わり、判決は5月31日に言い渡される。

近影1枚30万円、インタビュー10分100万円

清原サイドの“ガード”は堅く、3月の保釈直後に日テレが病室から外を眺める様子をキャッチして以降、その姿はとらえられていない。

現在は都内のマンションで“引きこもり状態”になっているとみられるが、メディアの前に出てくるのはいつなのか。清原被告の関係者は“復帰”へ向け、少しずつ動きだしているという。

s20160517-4

「裁判を前に清原被告の支援者がマスコミに“売り込み”をかけているようなんです。近影の写真は1枚30万円、インタビュー映像は10分間で100万円と、具体的な数字も提示している。

すでに、ある民放キー局がインタビューを申し込んだとの情報もあります。仕事もなく“金欠状態”の清原被告ですが、当面はメディアに露出して稼ぐしかないのではないか」(メディア関係者)

「清原被告は釈放後、佐々木氏に『本当に申し訳なかった』と詫びの電話を入れています。その時に『桑田(真澄氏)だけは絶対に許さない』と話したそうです。

桑田氏は清原被告逮捕直後に会見し『2人で力を合わせて野球界に貢献できる日を心待ちにしたい』などと、ペラペラ話していましたが、その姿がよっぽど腹に据えかねたんでしょう」(テレビ局関係者)

s20160517-5

[引用/参照/全文:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/181426]

ネットの反応

・大魔神に見捨てられたらもうオシマイだぞ ちゃんと言うこと聞け
・わざわざ出向く佐々木は偉いわ
・助け船を出すキャラが、桑田から佐々木に代わっただけだから、多分、何の進歩も無く、また逮捕させるよw
・べつに桑田は悪くないだろ…
・このバカの口癖の「絶対に許さない」自分に向かって言えよ。
・ダルクいってないとか全然反省してないな
・桑田への悪口は決して欠かさないゲンダイ
・桑田が居なくても巨人には入れなかったと思うよ。修学旅行でバスガイドのねーちゃんと。。
・他に大きいニュースがありすぎて。誰ももう興味ないだろ。
・同胞からのパチンコ営業もこなくなったのか?
 >当日ドタキャンの恐れが大きいのと来てもその後の接待が面倒なのとで嫌われていると聞いた
・この人はこの先も何かあったら桑田のせいにして生きていくのかね

コメント

  1. 7
    研ちゃんグンソク 2016/05/19 15:35

    息子もかわいそうやし
    親も親戚もいい迷惑だな!

  2. 6
    名無しさん 2016/05/19 15:29

    糞だな!
    清原よ
    それにしても息子がかわいそうだな!

  3. 5
    名無しさん 2016/05/18 21:50

    芸能界やめてヤクザの道へ

  4. 4
    名無しさん 2016/05/18 18:14

    刺青を彫って野球に携わりたいなんて…。常識はずれ。

  5. 3
    名無しさん 2016/05/17 21:20

    桑田への恨み節を、未だに言ってるようじゃ、成長・反省ともにない罠

  6. 2
    名無しさん 2016/05/17 21:09

    なんで清原が桑田に恨みもってんの?ただのひがみみたいなもん?
    清原は薬はやめられてもオツムは弱いままでしょ

  7. 1
    名無しさん 2016/05/17 17:57

    桑田からしてもお前は許さないというと思う。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事