SPORTS

HEADLINE

イラク戦は前線大改革!?負傷者続出でハリル監督が決断 非公開練習でテストされた布陣とは

「W杯アジア最終予選、イラク-日本戦」
(13日、テヘラン)

W杯アジア最終予選イラク戦に臨むサッカー日本代表は12日、試合会場で冒頭15分間を除く非公開練習で最終調整を行った。

公式会見でバヒド・ハリルホジッチ監督(65)は「最も大事な試合。すべてを出して、勝つトライをしないといけない」と強調。

酷暑に加えて、負傷者が相次ぐ中で迎えるイラク戦で、7日の親善試合・シリア戦から前線の顔ぶれを大幅に入れ替える“大改革”を決断した。

引き分け以上で6大会連続のW杯出場に王手がかかる大一番で、勝負をかける。

総力戦だ。まばゆいフラッシュを浴びながら会見場に姿を現したハリルホジッチ監督。

「選手の状態に我々が適応しないといけない。足りないものもあるが、それを言っても、言い訳にしか聞こえない。選手には勝つぞと言っている」。決意がにじむ低い声が、会見場に響いた。

右膝手術の影響で長期離脱中のMF長谷部を筆頭に、負傷者が相次いでいる。

シリア戦ではMF香川が左肩を脱臼して離脱。MF山口も右すねなどの打撲でイラク戦の欠場が濃厚だ。そんな中で、指揮官が決断したのが前線の“大改革”だ。

関係者によれば、非公開で行われた戦術練習では、シリア戦の先発からセンターFW大迫を除いた5人を配置も含めて変更した布陣をテスト。

右FWには5戦ぶりの先発復帰となる本田を、左FWには久保、インサイドハーフと呼ばれる攻撃的MFには原口と井手口、山口の代役にはMF遠藤が起用される可能性が高い。

低調に終わったシリア戦からのてこ入れという側面はもちろん、大幅入れ替えは酷暑対策も兼ねている。開始時刻の予想気温は35度超。刺すような強い日差しに加え、湿度は10%未満と乾燥した空気も、選手の体力を容赦なく奪う。

指揮官も「本来ならば、試合をしない。健康上のリスクがある」と語るほどの過酷な環境だ。チーム全体にこまめな水分補給など、一定の対策も授けているだけではなく、中盤に機動力とタフネスさを兼ね備えた人員を配置することで、攻守の主導権を握る狙いがある。

「本当に強い覚悟を持って勇敢にいける選手が必要になる。勇気を持ち、アグレッシブにいける選手、自分に自信を持って能力をすべて出せる選手だ。そうすれば、大きな仕事ができる」。

引き分け以上でW杯出場に王手がかかる一方で、負ければプレーオフに回る可能性が膨らむ、運命のイラク戦。全身全霊をかけて、勝利をつかみ取る。

[via:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170613-00000014-dal-socc]

ナイターにできない理由

キックオフは現地時間の午後4時55分。試合会場となるシャヒード・ダストゲルディ・スタジアムの関係者が、気温35度超が予想される酷暑の中でゲームが行われる意外な理由を明かした。

「規定の明るさに達するナイター設備はあるが、電気系統に不安がある。わずかだが停電のリスクがあるので、できればナイターを使いたくない事情がある」。

12年U-16アジア選手権の決勝・日本ーウズベキスタン戦を午後7時に開始するなど過去にはナイターで試合をした実績も多数あるが、報道陣が大挙する日本のW杯予選でのナイトゲームは回避するべきとの判断があったという。

キックオフ時間は日本時間の午後9時25分。観戦には最適の時間だが、酷暑試合にはテレビ放映とは別の裏事情が隠されていた。

[via:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00000141-spnannex-socc]

ネットの反応

      大迫
久保          本田
    原口  井手口 

      遠藤
長友          酒井宏
    昌子  吉田  

      川島

・こんな感じ?
・嫌な予感しかしない
・これ右サイドの守備が死にませんか
・絶対ねーわ 
・暑さの中 本田が守備放棄するのは目に見えてる
・本田のスタメンは避けた方が良いんじゃねーか。
・非公開で行われた情報を漏らす関係者って誰ですか?
・妄想丸出しの記事だよなぁw
・こんなフォメなら合宿も親善試合もなんの意味もなくなるやん
・井手口にインサイドハーフは無理。攻撃センスがない。
 本田をインサイドハーフに回したほうが良い。右FWは岡崎でよくね?
・地味に香川がいないのが痛いな
・ハリル結構メンタル弱そうだしプレッシャーでおかしくなってるのか
・そんな暑い時間に試合するなよ、電通
・日本のメディアの本田推しは本当にキモチワルイな
・今回時間あるから色んなパターン練習しただけじゃないの?
・この記事ありえねーだろ
・スリルジャパン

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事