TALENT

HEADLINE

綾瀬はるか&松坂桃李に破局報道!二人を引き裂いたホリプロ裏ルールの存在

昨秋あたりから大物カップルの結婚が続いているが、次に気になるのが綾瀬はるか(30才)と松坂桃李(27才)だ。2014年公開の映画『万能鑑定士Q』での共演がふたりの急接近のきっかけだった。

t20160303-1

「その映画のロケで出かけたフランスのパリでは、半日だけのオフを利用して、ふたりでオルセー美術館にも出かけたそうです。ふたりとも、絵を描くのも見るのも好きだそうなので、気が合ったのでしょう」(芸能関係者)

その後も交際は順調に進んだ。女性セブンは昨年春に互いのマンションに通い合うふたりの姿をキャッチ。

広島で暮らす綾瀬の父親は「ふたりの交際を見守っている?」という問いかけに、「そうですね」「本人らの問題」と答えていた。

しかも「もうホントに年じゃけえねえ。親としては、早く結婚してもらいたい」と本音も飛び出し、結婚は時間の問題かと思われていた。

ところが──ふたりは年明けには破局していたという。ふたりをよく知る関係者が明かす。

「結婚願望の強い綾瀬さんと、まだ自由でいたい松坂くんのスレ違いです。綾瀬さんはとにかく30才のうちに結婚したがっていました。結婚を報じられるときに『31才』と書かれることを本気で嫌がってましたから。

そもそも綾瀬さんは、5年前に大沢たかおさん(47才)と交際していた時も結婚を意識していました。でも綾瀬さんが多忙を極め、周囲の許しを得られず破局。

だからこそ今回は『結婚させてもらえないなら、事務所を辞めても構わない』とまで周囲に言っていたそうです。当然、それは松坂くんの耳にも入っていたと思います」

綾瀬の誕生日は3月24日。まもなく彼女にとっての“結婚リミット”を迎える。ところが、松坂の方は結婚の決意まではできなかった。

「まだ20代で、今が仕事でも勝負所。周りの人たちにも“30才ぐらいまで結婚なんて考えることもできない。とにかく今は仕事をしたい”とこぼしていたそうです。

それに綾瀬さんの想像以上の天然ぶりにも、“ついて行けないんだよなァ…”とこぼすこともありました。結論が出ない中、最後は綾瀬さんの方から“結婚しないなら”とさよならを決めたそうです」

ふたりは今、多忙を極める。綾瀬は主演ドラマ『わたしを離さないで』(TBS系)でヒロインを務め、3月からはNHKの放送90年大河ファンタジー『精霊の守り人』に出演する。

一方の松坂も4月から『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)で学校教師役を演じることになっており、夏には『秘密』、『真田十勇士』と映画公開が控える。仕事に邁進するふたりにしばらくは春は来そうにない。

[引用/参照/全文:女性セブン2016年3月17日号]
http://news.livedoor.com/article/detail/11248983/

ホリプロ裏ルールの存在
t20160303-2
綾瀬と松坂は、2015年の元日には、一部スポーツ紙で大々的に「真剣交際中」と報じられ、双方ファンを驚かせた。

「実はこの時点では、『友達以上恋人未満』という方が正しく、プライベートで接点こそあったものの、交際しているわけではありませんでした。

ただ、その後はどうやら正式に恋人同士に発展したようで、昨年4月には『セブン』に“自宅通い愛”をキャッチされています」(スポーツ紙記者)

しかし同誌最新号によると、結婚願望を強く持つ綾瀬に対して、松坂はまだ独身を希望しており、今年初めの時点で綾瀬から別れを切り出したという。

また「セブン」によると、綾瀬は所属事務所・ホリプロについて「結婚させてもらえないなら、事務所を辞めても構わない」と周囲に言い放っているそうだが、同プロにはこんな“裏ルール”が存在しているという。

「ホリプロは、綾瀬が大沢たかおと交際している際、事務所の車で大沢宅に送迎するなど、交際自体については協力的な面があります。しかし、人気の上下に大きく関わる結婚となると話は別で、特に売れている時期には、どうしても許可しない。

t20160303-3

綾瀬の同僚である石原さとみも、一昨年に結婚式場を探していたことを一部マスコミがキャッチしましたが、結局ホリプロは認めなかった。

同プロでは、有力な所属タレントが若いうちに結婚するという事例はほとんどなく、深田恭子や優香も、結婚報道はたまに流れるもののいまだ独身です」(芸能プロ関係者)

[引用/参照/全文:http://www.cyzowoman.com/2016/03/post_19160.html]

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事