TALENT

HEADLINE

ゴチ新メンバーの田中圭 愛妻家アピールで更にモテモテも…合コン不倫はなかったことに?

細身のスーツが映える長い脚、ワイシャツの袖をまくると現れる白い腕に浮いた血管。観客に背を向けると、背中には汗が滲んでいる。

ときにコミカルにときにシリアスに、そして、キスシーンでは色気のリミッターを外して、田中圭(34才)が、見る者をその世界へと引き込んでいく。

9月1日に始まった舞台『サメと泳ぐ』で田中が演じるのは、脚本家で成功したいという野心を胸に秘め、憧れの世界の扉を叩く純朴な青年。

上司の大物映画プロデューサー役は田中哲司(52才)だ。成功するためには手段を選ばない周囲に染められて、次第に2人の歯車は狂っていく。

田中はこの春、男性同士の純愛を描いたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で大ブレーク。8月上旬に発売したドラマの公式本は15万部を突破した。

9月13日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)では、人気コーナー『グルメチキンレース ゴチになります!』の新メンバーに決まったことが発表され、ネットは大盛り上がりとなった。

「とにかく今、田中さんの人気がすごい。雑誌のグラビアをはじめ、2年前に発売された写真集が再び売れに売れている。

今回の舞台ではドラマの役柄を彷彿とさせるスーツ姿の場面も多く、女性ファンが殺到。追加公演が決まり、連日、立ち見席が用意されています」(芸能関係者)

舞台初日の前日である8月31日の夜7時、最終リハーサルを終えた田中は東京・三軒茶屋にある世田谷パブリックシアターから足早に出てきた。

胸元が大きく開いた秋らしいベージュのシャツに黒のハーフパンツ姿。手にはバームクーヘンで有名なスイーツショップ『治一郎』の紙袋を提げ、脇にはお酒の箱も抱えている。田中は1分1秒を争うような急ぎ足で車に乗り込んだ。

「田中さん、その日は自宅での夕飯の時間に間に合わせるためにと、必死に急いで帰っていました」(舞台関係者) 

田中は2011年にドラマで共演した元女優と結婚。翌年に長女、2016年に次女が誕生した。

「田中さんの大ブレークを喜びながらも複雑な胸中で見ているのが奥さんだとか。ドラマ、舞台、映画にバラエティー番組への出演も続いて超多忙な上に、スタッフたちとの会食も増えて、家族と過ごす時間が減ってしまった。

それだけに、家族とのごはんの約束は絶対のようで、仕事が終わったら一目散に自宅に帰るんです。愛妻家でうらやましいですが、恐妻家ともいわれています(笑い)」(前出・舞台関係者)

ちなみに上司役の田中(哲司)も、この日は6月に双子を出産したばかりの妻・仲間由紀恵(38才)の元へまっすぐ帰宅。「嫁さんずラブ」な男たちだった。

[via:女性セブン2018年10月4日号]
https://www.news-postseven.com/archives/20180920_764908.html

田中圭 合コン不倫はなかったことに?

10代から役者活動をしてきた田中圭だが、今年の春に放送された『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で大ブレイク。

彼のグラビアを掲載した女性誌が飛ぶように売れたりとすっかり“売れっ子”になった田中圭。そんな彼が“愛妻家”とあっては、さらに世の女性たちから“モテ”てしまうことだろう。

しかし“愛妻家”だからこそ、妻以外の女性との“浮気”には要注意。同じことの繰り返しになってしまうが、愛妻家はとにかく“モテる”のだ。

むしろ妻との2ショット写真を女性に見せたりして“愛妻家アピール”をするのは、浮気上級者の常套手段。やはり“一途な男性”という愛妻家のイメージが、女性を惹きつけるのかもしれない。

実際に「独身時代は全然モテなかったのに、結婚してから急にモテるようになった」という声もある。

ブレイクしたせいかなかったことになっているが、田中圭には不倫スクープの前科がある。

彼が結婚したのは2011年のことだが、2015年に「FLASH」(光文社)がグラビアアイドルの西崎莉麻(25)との浮気現場を報じたのだ。

記事によると六本木での“合コン”に参加した田中圭は、西崎に「俺、チューすんの莉麻ぐらいしかいないよ」などと囁いていたとのこと。

合コンに参加していること自体がグレーゾーン(妻によってはアウト)だが、“チュー”をしていたのなら完全にアウトだろう。

“愛妻家”をアピールしていても油断ならないのは、彼がすっかり改心してその気がなかったとしても、女性たちが放っておかないからだ。好意を持ち群がる女性たちを強い意志で振り切れるのかどうかが心配だ。

田中哲司は浮気の前科2犯

実際に愛妻家として知られる俳優・田中哲司(52)も、浮気がバレて当時交際相手だった仲間由紀恵(38)に平謝りした過去があるうえ、さらに仲間と結婚してからも、「フライデー」(講談社)に“不倫疑惑”を報じられている。少なくとも前科2犯である。

2人の子どもにも恵まれた田中圭、もう二度と浮気報道のないようにしてもらいたい。

[via:messy]
http://mess-y.com/archives/66794

ネットの反応

・完全に向井理と逆転したな
・高橋一生と同じような売れ方だな
・ぐるナイ見るまで、顔と名前が一致してなかった。
・田中圭と小出恵介の区別がつかない件w
・トーク番組見たらひと目でヤバイ奴だと分かる
・マスコミに作られた人気だからな…1年後には元の目立たない脇役専門に戻っている
・結婚してるの割と知られてないけどな
・田中圭を支持してるのは30代の独身腐女子だと思う。
・こうやって便乗急露出を始めると高橋一生みたいにボロが出るか付け焼き刃がバレて人気急降下も早そう
・しかし随分昔からそれなりに有名なのに突然ブレイクって珍しいな
・腐女子に見つかっただけ
 >腐女子の購買力ハンパねえな
・もっと早く人気出てもおかしくなかった
・銭ゲバのイメージしかない
・東京大学物語の映画版で範田紗々とベッドシーンやってたな
・女関係より悪い違法カジノで逮捕間近の噂が絶えないじゃん

コメント

  1. 1
    名無しさん 2018/09/25 22:56

    ゴチメンバーに新しく加入するタレントが現れる度にネットで話題になるが、ただ出演者が変わるだけって話なのにニュースになる意味が分からん。
    ニュースになるほど視聴者が多くて需要が見込めるのか?
    何年も何年もタレントがただ飯を食って値段を予測して、最も大きく外した人が全員の食事代を奢るだけの番組。
    そんなにあの番組に世間が関心を持つ世の中だとしたら、やはり視聴率って概念は感性の老いた人間の数が多いという事であって、視聴率なんてのはテレビを益々ツマラナイ方向に向かわせる指数でしかない。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事