TROUBLE

HEADLINE

大槻教授がたけしのオカルト番組に噛み付く!ヤラセを暴露、BPO提訴も「いや、そういう番組やん」

反オカルトとして知られる早稲田大学名誉教授の大槻義彦氏が、『たけしの超常現象特番』でヤラセがあったと自身のブログで明かした。大槻教授は、テレビ朝日側の対応によってはBPO人権委員会へ提訴するとしている。

24日に放送された『ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル』では、今年、世界各国で話題となったUMA(未確認生物)の特集や、全米最強の“ブレインハッカー”ことジョー・ブロギー氏が出演者たちの頭の中をのぞき見る実験を実施。超常現象について、肯定派と否定派が議論を戦わせた。

番組に出演した大槻教授は、この超能力者のコーナーでヤラセがあったとブログで暴露。

番組の台本には「4名の名前がはっきり書かれて」おり、予めハッキングされる人が決まっていた。しかし、番組内では「スタッフがいろいろ迷って見せ」偶然選ばれたように見せかけたという。

さらに、超能力ではないことを証明するために自らの脳をハッキングするように申し出ると、超能力者は『6月生まれはやりにくい、どうも困る』と難色を示し、スタッフが『大槻教授はダメなんです。いろいろ事前の段取りがあるのですから!!』と却下。

大槻教授は、『ここで私は引き下がるがこの部分は編集でカットするなよ!』と念を押したが、関連のシーンをすべてカットして放送されたとしている。

大槻教授は27日、テレビ朝日側が番組を打ち切りにしなければ、BPO(放送倫理・番組向上機構)へ提訴すると表明。

「私の科学者、教育者としての人格が否定されたことに対する損害の申し立て」として、BPO人権委員会への提訴と同時に記者会見を開く段取りだと綴っている。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/12470427/]

『たけしの超常現象特番』のヤラセ、ウラのウラ[大槻教授ブログ]

番組が終わって挨拶、このときにもチーフディレクターにこのことを話した。彼はまたもや顔を背けた。最後に出口でテレビ朝日の責任者にも会ったので『カットしないように』と念を押した。

これほどやっても彼らは私の意向に反して、この件にかかわるすべての私の発言、映像をカットした。彼らは一介の『超能力者』を守り、オカルトを支持し、大槻を否定した。

この番組20年の歴史の中で、この番組が幼稚なウソ八百に塗り固められたオカルトを放送してきたが、しかし私が理路整然と反論、否定することもそのまま取り上げてきた。これまで私の反論はあからさまにカットされたことなど一度もなかった。

しかし残念ながら数年前に制作会社のスタッフが入れ替わった。それ以降、あからさまにオカルト擁護に変わり、オカルト否定派を削減し始めた。

今回などオカルト派一色。否定派は申し訳程度に私一人だけ。その一人の意見すら大幅カットだった。もはやこの番組、来年はないだろう。20周年記念を前にして異色の『たけしの超常現象特番』も消えるのだ。

この番組を毎年見ていただいた皆様、長いことありがとう!

[via:大槻義彦の叫び、カラ騒ぎ]
http://blogs.yahoo.co.jp/otsuki1936/32953148.html

ネットの反応

・だから何?
・わかってて見とるんやけど
・いやそういう番組やん
・この番組でやらせだって怒る視聴者はいないだ
・もう超常現象肯定派の番組には呼ばれないな
・やらせだから面白い
・こういう大槻だけがマジなのも含めてのあの番組なんだからこれはこれでプロレス
・大槻教授はガチだったのか そっちの方がビックリだわ。
・なんでカットしたのだろう?そういう大槻の言動が、この番組の大きな見せ場だろうが!
・ブログに投稿するのも台本でしょ
・プロレスはヤラセだと暴露して総スカンくらったミスター高橋みたいだな
・たけしが出ている時点でヤラセとインチキの塊だろw 何を今さら
・大槻教授頑張れ
>「制作会社のスタッフが入れ替わり」
・ここがポイント
・もともとは大槻の言う通り、肯定派と否定派でけっこうマジな討論する番組だった。
・まあ番組の主旨が変わっちゃったんだから仕方ないと言えば仕方ないけど。
・プロレス的に1番面白いだろう部分をカットした事に関してはスタッフの無能さを感じる

コメント

  1. 2
    名無しさん 2017/01/07 4:05

    テレビ不快すぎて見なくなった。教授も出るのやめたほうがいいよ。

  2. 1
    名無しさん 2016/12/28 18:23

    テロップにこの番組はやらせですと一言あればな。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事