TROUBLE

HEADLINE

角田信朗がブログで松本人志との確執を告白 関係修復を訴えるも「格闘技界の嫌われ者」の声も

K-1競技統括プロデューサーでタレントの角田信朗(55)が自身の公式ブログで、ダウンタウン・松本人志(55)との“確執”を告白し、話題になっている。

角田は1月16日に「ダウンタウン松ちゃんに伝えたいこと」というタイトルのブログを投稿した。

そのなかで、角田は「今やお笑い界を席巻する大御所となったダウンタウン。かつてボクは≪ダウンタウンDX≫にもしょっちゅう呼んでもらってました(中略)

ところがある事件をきっかけにボクはダウンタウンの番組に全く呼ばれなくなってしまったのです。これはボクが初めてこうした公の場で告白するお話です」と前置きをし、松本との“事件”について明かしている。

ことの発端は、ダウンタウンの番組からの「芸人対抗・叩いて被ってジャンケンポン選手権」のレフェリーをやってもらえないかという依頼があったことだという。

ダウンタウンのファンだった角田はこの依頼を喜んだというが、一方で番組出演が難しかった事情について次のように明かしている。

「大好きだったこの番組に大好きな松ちゃんから直々に指名があったというのでボクは小躍りして喜んだものの直ぐに我に帰って考えました。

当時K-1はジャッジやレフェリングに様々な問題提起が為され物議を醸していた時期でした。ミスジャッジの存在やそれこそ武田幸三引退試合のボクのレフェリング然り。

世界に広がる競技を統括する最高責任者のボクが果たしてそんな状況下でバラエティー番組に出て≪叩いて被ってジャンケンポン≫のレフェリーを務める事が格闘技ファンから許容されるだろうか…そんなジレンマがありました」

当時は角田自身、格闘家・武田幸三の引退試合で、目を負傷し危険な状態に見えた武田に対し、ストップをかけることなく試合を続行させたことに対して、一部から非難の声があがった。角田はこれを受けて3カ月の業務停止処分を受けていた。

そうした状況も鑑みて、角田は当時このオファーについてK-1イベントサイドにも報告。すると「こういう時期なので自粛してほしい」との回答があったため、泣く泣く辞退したという。

そしてその約1年後、ダウンタウンDXへの出演依頼があった際に、“事件”は起こった。

オファーを受けて、松本に以前レフェリーの依頼を受けられなかったことを詫びようと考えていた角田だったが、収録当日にこんなことがあったという。

「自宅へボクを迎えに来たマネージャーの村司君(今のジャイロスコープの社長です)が涙目になりながら『今日の収録がバラし(中止)になりました……』と言うのです。

『な、な、何で!? 何があった!? 浜ちゃんか松ちゃんの体調不良か!?』と問うボクに村司マネージャーから帰ってきた答えは松本さんが台本を見て角田の名前を見つけた途端に収録は中止や!!

ということになった……というものでした。要するにあの時、ボクがオファーを断ったことに未だご立腹だ、というのです。ボクの中では当然もうとっくに丸く治まったことだと思っていただけにまさに青天の霹靂でした」

角田は「ボクはとにかく収録のスタジオへ行って松ちゃんに直接説明させてくれと申し出ましたが制作からは遠慮していただきたい」と言われ、当時事情を説明することもできなかったとしている。

また、番組で共演する予定だった和田アキ子がこの件を心配して連絡をくれたという。

「突然収録がバラしになって(実際にはボク抜きで急遽代打が入って収録されたそうです)困惑した和田アキ子さんからあんた一体何があったん!? と電話が入りました。

事の経緯を一部始終話しましたら『あんたの話し聞いただけやから何とも言えんけどその通りやとしたら残念な話しやなぁ。

芸能界でこれだけ好きなようにやらせてもらってるウチ(アコさん)でも共演NGっちゅうのは無いで!? まぁ気にせんと今度ご飯行こ!!』と慰められましたがボクのやるせない想いは収まりません」

そして、角田は、現在の状況を以下のように“推理”している。

「ボクはこの事件恐らくこうであろうと推理します。

松ちゃんの提案にボクの出演を安請け負いして名乗り出た担当者がまさかのNGの回答に松ちゃんに対する自分の体面を保つ理由を作るには他人(角田)を悪者にするしかなかったのではないか? 真相は霧の中です」

この角田の告白はメディアでも報じられ、ネットではさまざまな声や臆測が飛んでいる。

「こんな不条理はハッキリさせたい」
「角田信朗を許してあげてください。おねがいします」

といった角田を擁護するような声があがる一方、

「すぐに弁明すりゃいいし、10年もたって、なぜブログで晒すのか」
「気持ちはわかるけど、ブログに書くより手紙とか送った方が良かったんじゃ……」

とブログで明かすという角田の手法を疑問視する声も出ている。

また、この件について松本からは何も発信がないため「松本の話も聞かないと真相は分からないが…」「断った位で怒るかな……?」という、そもそも二人の間に本当に問題があったのかをいぶかしがる意見もあがった。

さらには、松本が毎週コメンテーターを務め、芸能界のニュースに切り込んでいく「ワイドナショー」(フジテレビ系)にからめて「これは今週のワイドナショーで触れられるな」といった声も上がっていた。

松本はこれまで、芸能界の話題について自らの意見を明らかにしてきた。

同番組に出演していた乙武洋匡さんの自宅を不倫騒動後に直撃したり、タレントのベッキーがゲスト出演した回には、ベッキーの不倫相手・ロックバンド『ゲスの極み乙女』の川谷絵音について持論を展開したりと、歯に衣着せぬ“持論”を展開していた。

「ワイドナショーは日曜10時から録画放送されます。通常であれば、週末に次回放送分が収録される予定です。突然、浮上した角田との“確執騒動”に対して、松本がどんなコメントをするのか……。

まったく触れないようであれば、さらに騒動が大きくなる恐れもあります」(週刊誌芸能担当記者)

今週日曜の放送は大きな注目を集めそうだ。

[via:http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170117/asahi_2017011700101.html]

角田は格闘技界でも嫌われ者!?

角田といえば、おととし出演したバラエティ番組『気まずい2人が久しぶりに会ってみました』(フジテレビ系)で、25年来の弟子・武蔵と再会。

角田の引退試合を最後に、12年にわたり角田を無視し続けてきたという武蔵は、その理由を「めちゃくちゃ面倒くさかった」と吐露。「(トレーニングを)自分からお願いしたことは一度もない」と嫌悪感を露わにし、関係修復には至らなかった。

「同門の佐竹雅昭も、暴露本で角田の“銭ゲバ”ぶりを暴露。

『彼のことを好きな後輩は1人もいない』『テレビのイメージと違って人情家でもなんでもない』などと綴っていた。角田の面倒くさい性格は、格闘技ファンの間でも有名。今回のブログに対しても『ナルシストな角田っぽい』との声が上がっている」(同)

17日に更新されたブログ「続 松ちゃんに伝えたいこと」では、再び自身の思いを一方的に綴った後、「この件は これにて終了 みなさんにお話しできて スッキリしました みんな ありがとう」と締めた角田。

彼は一体、何がしたかったのだろうか……?

[via:http://www.cyzo.com/2017/01/post_31125_entry.html]

ネットの反応

・何故今更
・面白そうだな、来週のワイドナショーで取り上げれば笑えるのにw
・本当かどうかは松本に語って欲しいな
・そんな事だけでNGにするかね 他に何かあんじゃね
・未練がましい捨てられた女かよ…
・ダウンタウン絡みない番組にも呼ばれないじゃん
・松本が器のでかい人だとは思ってないけど 本当にこんな事で共演NGにしてるならちょっとガッカリだな
・当時の格闘技のバックがまんまヤクザがらみだったから番組に呼ぶリスクが高くなったからじゃない?
・こういうのは、ありそうだな。角田の説明が本当なら、松本に怒る理由はない。
・被害妄想
・これは逆効果だろ
・推論も全て事実だとしてこれで松本が喜ぶのか?アホすぎるわ
・仮に事実だとしてもこういうことをブログに書いて日本中に公開するようなタレントはどの番組にもキャスティングされません

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 8
    名無しさん 2017/01/20 11:05

    >7
    ほんこれ

  2. 7
    名無しさん 2017/01/19 19:16

    この文章の書き方だと、まるで松本がケツの穴の小さい男のような印象を人に与えてしまう。いくら誤解を解きたがったところで、真実がどうであれ、この時点で松本は微妙な気持ちだろう。「大好きな松ちゃん」と言うわりには、相手への気遣いが足りない気がする。松本は「気遣いの人」だからよけい印象悪くなるだけだとおもう。一方的に自分の気持ちを押し付けて相手の立場に立って考えられない。そういうとこが人から慕われない理由なんじゃないの?

  3. 6
    名無しさん 2017/01/18 20:52

    松本さんナイーブだからなぁ

  4. 5
    名無しさん 2017/01/18 20:03

    ワイドナショーで取り上げられると思っているのかもしれないけど、スルーしてほしいわw

  5. 4
    名無しさん 2017/01/18 11:59

    1年もほったらかしといて、丸く収まってると考える非常識さ。

  6. 3
    名無しさん 2017/01/18 11:21

    女々しい

  7. 2
    名無しさん 2017/01/18 3:30

    この件はよくわからんけど、K-1人気だった頃の角田のレフェリングは大嫌い
    ・止めなくても良いとこで止める
    (亀になって流してる時間長かったりするとパンチ貰ったわけでもないのに勝手にダウン扱い)
    ・止めなきゃダメなとこで止めない(幸三、ペタスなど)
    ・後輩とは言え試合中に客の前で日本人選手を上から目線で叱る

  8. 1
    名無しさん 2017/01/18 0:01

    被害者面するなよ女々しいな。仮に角田の主張が全部本当だとしても俺は松本人志をこれからも見続けて笑い、角田がテレビに出ない事に何も困りはしない。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事