TROUBLE

HEADLINE

渡辺直美 盗難被害!? 自宅にあるはずのCDがヤフオクに・・・世にも奇妙なミステリー

お笑い芸人の渡辺直美(30歳)が10日、ツイッターを更新し、自宅にあるはずのCDが知らないうちにオークションサイトに出品されていたことを知り「え?ちょっとまって なんで私の家にあるCDが売られてるの?」と怒りをにじませた。

渡辺はツイッターに私立恵比寿中学のサイン入りCDが出品されたサイトの写真をアップし「私は頂いたCDは全部保管してるのに。え?まじなんで?最近家に入ったのは…掃除業者…え?そんなことある?取り敢えず取り返す」と怒り心頭。

ファンからの「直美ちゃんがもらったものを売るはずないし、でもひなたの気持ちを考えると本当に悲しい」という投稿で気づいたようで、渡辺は「そうなのよ…そのツイート見たの…。最低ですとか書いてあって何?ってみたらこれよ…」とショックは隠せない。

これにファンからは「最悪引っ越した方がいいかもしれない。考えすぎかもしれないけど盗聴器しかけられてる可能性も」「念のためカギも変えた方が」「家にあるか1度確認して」「警察とマンション管理会社に報告してください」と心配する声が続々寄せられていた。

11日に放送されたフジテレビ系「FNNスピーク」でもこのニュースを取り上げ、該当商品が10日午後10時30分ごろに取引が終わり、1万1500円で終了したと報じた。

[via:https://www.daily.co.jp/gossip/2018/01/11/0010887318.shtml]

自作自演を疑う声も

ツイートした人は、渡辺さんが自らCDを出品したと考えたようだ。出品されている商品のキャプチャ画像とともに、「最低」と渡辺さんを非難しており、そのツイートに渡辺さん自身が気づいたという。

さらに渡辺さんは、この事態を報告した後に寄せられた、被害は自作自演なのではないかと疑うツイートに対して反論し、「私が売るわけないですし」と、自ら出品したことを強く否定している。


※スクショ

ツイートによると、渡辺さんはもらったCDは全て保管しているという。渡辺さんは自宅の掃除を業者に頼んでいるとしており、「最近家に入ったのは… 掃除業者…え?」と困惑した様子だ。

ヤフオク!出品ページ

開始日時は1月7日17時33分で、競売はすでに1月10日22時25分時点で終了している。

開始時の価格は5000円で、終了時点の金額は1万1500円。入札件数は「0」となっている。出品者は他にもマンガ全巻セットなどを出品しており、10日時点で843件の評価を受けている。

[via:http://www.huffingtonpost.jp/2018/01/10/naomi-watanabe-yahoo_a_23330199/]

「『ヤフオク!』では取引の実績が『評価』という項目で分かるようになっている。それが『新規』や1ケタの評価だと怪しい出品者かもしれないが、出品者の取引実績はかなり豊富で、とても盗品を出品しているとは思えない。

可能性があるとすれば、渡辺が写真をあげたサイン入りCDを見てのサインの“偽造”ぐらいか。いわく付きの商品だと思われたのか誰も入札しなかった」(芸能記者)

CDの“販売ルート”の解明が待たれる。

[via:https://npn.co.jp/article/detail/74438834/]

渡辺直美 港区2LDK自宅画像







ネットの反応

・これはキモいわ
・こんな分かりやすい盗品を売るとか
・綾部だな
・掃除業者呼んでるらしいな
 パクられてるやん
・警察に通報したのかな
・これは確実に足が付くんじゃないか?
・掃除業者ならかなり大きい事件に発展するだろこれ
・これは、明らかに本人が捨てたんだろwwww
・捨てたって素直に言えよ豚女
・嘘くせー
・掃除業者への風評被害
・掃除業者疑ってるけど、もし違ってたらこいつ大丈夫か?
・フジかTBSがドッキリ仕掛けたんじゃね?
・捨てたのがヤフオクに出てて慌てて言い訳
・この人自分でもの捨てるような生活してないよ
 片付けできなくてゴミ屋敷になるから業者入れてるって何かの番組でみた
・わざとらしいw
 これは渡辺直美がやらかしてると思うw
・マジレスするとジャーマネに捨てといてと言っておいたら転売されたパターンだろ
・転売する業者も業者だがお前がゴミで出したんだろ
 流石に家にある物を勝手に持っていかれたってのは信憑性がない
・犯人は芸人仲間だろ
・そこらに捨てて売られちゃって慌てて被害者ヅラか
・水曜日の~ かと思ったら違うのか
・出品者の他の商品見る限り、盗んだ本人とは思えない
 >盗難の可能性は低いと思うよ
 >せどりの人じゃないの? 出品者
・そんなさミステリアスなことってあるううう?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事