OTHER

HEADLINE

『ぶっこみジャパニーズ』に批判「上から目線」「素人をバカにしすぎ」ヤラセ暴露される騒ぎも

o20160622-1

21日にTBS系で放送されたバラエティ特番『ぶっこみジャパニーズ第6弾 4時間スペシャル!』の内容に対し、視聴者から「素人をバカにしすぎ」と批判が相次いでいる。

同番組では毎回、“ヘンテコ日本料理”を提供する海外の店を紹介。

寿司店などに日本の職人が出向き、素性を隠して潜入捜査。ドッキリ形式で素性を明かした後、正しい調理法を伝授するという、はやりの“クールジャパン”系番組だ。

o20160622-2

第6弾となる今回は、加えて「国内ぶっこみ調査」と題した逆バージョンの企画も放送。

群馬県のイタリア料理店で「ミラノ風ビーフシチュー」を提供する67歳の店主、高知県の食堂で「おこげのミラノ風」を提供する58歳の店主、長野県の食堂で「ミラネーズ定食」を提供する73歳の店主が登場。

本場のイタリア人シェフが「本当のミラノ料理じゃない」「(おこげは)ミラノ(には)ないから」などと一刀両断した。

これに、ネット上では

「素朴なお店の店主つかまえて、『これはミラノ料理ではない』って、呆れました」
「スタッフの態度や演出が上から目線すぎて、悪意しか感じられない」
「高齢の店主が、かわいそうだった」
「“正す”という名目で、素人をバカにしすぎ」

と批判が相次いでいる。

「企画をむりやり成立させるために、人の良さそうな高齢の店主をつかまえて言いがかりをつけているようにしか見えず、視聴者が不快感を覚えるのも当然。

『ぶっこみジャパニーズ』といえば、放送のたびに視聴者から『外国人をバカにしすぎ』と批判が相次ぐことでおなじみ。

また、昨年12月には、出演したスコットランドのラーメン店の店主が、放送直後にフェイスブックで、料理がすべてヤラセだったことを暴露しました」(テレビ誌記者)

素人を小バカにしたようなナレーションや、派手な演出がウリの『ぶっこみジャパニーズ』だが、多くの視聴者が不快感を訴えている以上、内容を見直す必要がありそうだ。

[引用/参照/全文:http://www.cyzo.com/2016/06/post_28550_entry.html]


※国内ぶっこみ調査は2:28:00~

ネットの反応

・国内編とかあるじゃん。ちゃんと日本のおかしな外国料理もやるんだ
・カレーとかナポリタンとかラーメンとか日本にもひどいのあるよね
 >ラーメンは日式拉麺として中国も台湾も認めてくれてるから酷くはないよ
・同じように海外の日本料理も認めればいいんだよなぁ
・ピザがアメリカで進化したみたいに、寿司もアメリカで日本国内だったらありえない進化したと思うんだけどな やっぱ伝統を重んじすぎて認めたくないのかな
・中国人「中国には焼き餃子はありません!日本人、なんでわざわざ餃子を不味く魔改造するか!」
・ミラノ風ドリアって名前を聞いてイタリア人が「イタリア料理にドリアという料理は無い」って言ってた。でも食べたら美味しかったらしい
 >ドリアが日本生まれってのはそこそこ有名だろ
・全ネトウヨ注目の番組になりそうだな
・逆のことやられたら抗議するんだろ?ジャップはこんなんイタリアンじゃないとか中華じゃないとか言われたら
・まあ寿司も起原は中国だしな
・ていうか前にイギリスのラーメン成敗してたけどラーメン自体ニセチャイナだよな

スコットランドのラーメン店がヤラセ暴露

o20160622-3

昨年12月に放送された『ぶっこみジャパニーズ(TBS)』にてスコットランドのまずいラーメン屋『Maki & Ramen Sushi Bar』に潜入。

日本の『麺家うえだ』を経営する72歳の上田みさえさんがラーメン屋で再起を図る設定として、ロンドンから車で6時間ほどのスコットランドの首都エディンバラにあるラーメン店に潜入。

そのラーメン屋は日本の夜景を適当なカタカナで作ったものを店内に飾るという日本人からしたら奇妙な装飾。

一方ラーメンの方はインスタントラーメンである『辛ラーメン』の麺のみを使いスープは使わないという謎のポリシー。しかし麺は湯切りしないどころか、茹でたあとに水でリンス(水で洗う)するという。

これを見た上田みさえさんは驚愕。

o20160622-4

丁度その日にラーメンの出前注文が入り、店員と一緒に配達に行くことになった。しかしスタッフは学生のため免許を持っておらず、徒歩20分を配達することになる。

配達先がわからず、届いた頃には40分経過。注文した客は「少し冷えてるけどおいしい」とお世辞なのか本音なのかわからないコメントを残した。

しかし、このスコットランドのラーメン屋がFacebookに存在し、番組で流れていたようなメニューは普段は提供していないというのだ。

[引用/参照/全文:http://gogotsu.com/archives/14232]

そもそも同店が出演を了承したのは、この番組が面白おかしく店を取り上げる代わりに、「焦がし醤油ラーメン」を伝授してくれると聞いたからとのこと。楽しくて、驚きのある番組にするために、演出を受け入れたそうだ。

そして3つの真実をフェイスブックに投稿した。

真実1:インスタントヌードルは使っていない

実際に店で提供しているのは、正真正銘の自家製麺だという。また、チャーシューも店の手作りだという。

真実2:ヨーグルト入りのブレックファストラーメンは存在せず
o20160622-5
多くの人を驚かせたこのメニューだが、実在はしない。番組側の「スコットランドの文化と融合させた麺を出したい」との要望に答えたものだそう。

真実3:学生向けの良心的な価格設定
o20160622-6
ロンドンやスコットランドでは、ラーメンは1杯11~13ポンド(約2000~2300円)ほどするそうだが、店は学生街にあるため、1杯8ポンド(約1400円)で提供しているとのこと。

番組に出演し、焦がし醤油ラーメンを教えてくれたことには心から感謝しているようだ。

真実を書いた投稿を読んだ人からは、「BPO(放送倫理・番組向上機構)に通報した」などの声が投稿された。

しかし店側は「彼らは視聴者を驚かせたかっただけ。嘘をつくつもりじゃないんだ。私たちもそのことは理解していたし、店のプロモーションになるかと思ったんだけど、結局ネガティブなコメントを受けるだけになっちゃった」とコメント。

また、「誰かを責めるつもりはないんだ」とも強調している。

o20160622-7

番組の反響がこんなにも大きいとも思っていなかったようで、朝から深夜2時まで問い合わせへの返信に追われてしまったそうだ。

最後には「テレビは楽しむためのもので、いらついたり怒ったりするものじゃないよ。気を楽にして人生を楽しんでね」と本音をにじませた。

[引用/参照/全文:http://irorio.jp/jpn_manatee/20151230/291650/]

ネットの反応

・みんな気づいてると思うわ
・どう見てもどの企画もやらせ臭プンプンじゃないかこの番組
・全部相手も納得済みの台本通りだろ
・それを理解したうえで楽しむ番組じゃねえのか?
・BPO行きだな
・ジャップマンセー番組だからしょうがない
・ベクトルはいいんだけど、作られたベクトル(方向性)をプンプン感じる番組
・営業妨害で訴えられてもおかしくない
・安心してください ヤラセじゃなくて「演出」ですよ!
・番組として面白ければヤラセかどうかなんて別に気にしない
・どうせヤラセをするならもっとしっかりヤラセしろや
・そうそう!覆面取った時のリアクション、明らかにワザとだったもんね。
・やらせじゃなかったらもっと悪い だまして笑いもんにするとか悪趣味すぎる

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事