SCANDAL

HEADLINE

まだ続いていた!?田中萌アナ 不倫相手が離婚でまさかの“略奪婚”もあり!?

不倫スキャンダルで番組を降板しながらも、虎視眈々と復活を狙うテレビ朝日の田中萌アナウンサー(26)。いっぽう、その不倫相手だった同局の加藤泰平アナウンサー(35)が離婚していたことが分かった。

「世間から大バッシングを食らい、表舞台から姿を消した加藤アナですが、田中アナとの関係は続いていたようです。スキャンダルから1年半、この春にようやく離婚が成立しました」(芸能誌記者)

2016年12月発売の『週刊文春』(文藝春秋)に不倫をスクープされた加藤泰平アナと田中萌アナ。

二人は情報番組『グッド!モーニング』でサブMCを務めていたが、既婚者である加藤アナが田中アナの自宅マンションに一泊する様子が撮られた。

テレビ朝日はこれを受け、「プライベートなことですので、お答えは控えさせていただきます」としたうえで、二人の出演について「報道、情報番組ということもあり、出演を当面見合わせることにしました」とコメント。二人は現在まで番組から降板していた。

だが、入社以来、局上層部の覚えめでたい田中アナ。

「あの子犬のような愛くるしい顔と潤み目におじさんたちはメロメロです。不倫騒動の際も、後々のキャスター復帰は約束されていたようです」(テレビ制作関係者)

田中アナは、不倫騒動の約3か月後、昨年3月に特番『バクモン学園 鬼教師・太田と委員長・田中と芸人30人の物語』で復帰。

その後継のバラエティ番組『バクモン学園!! 住んでみた。』の進行役を、番組が終了する今年3月まで務めあげた。

さらに4月からはインターネットテレビ局AbemaTVの新報道番組『AbemaMorning』のメインキャスターに就任。月曜から金曜の朝7時から7時30分まで生放送で“朝の顔”として活躍している。

「ネットTVではありますが、確実に報道部門での足場を築きつつあります。局からも押されていますし、AbemaTVで成功した後は、地上波での復帰もあるのでは」(前出の芸能誌記者)

いっぽう、加藤泰平アナは『グッド!モーニング』の出演見合わせから現在まで、アナウンサーとしての仕事はない。

昨年1月の『週刊ポスト』(小学館)では、加藤アナがアナウンス局と並行して、スポーツ局の雑務を受け持つようになったと報じている。その加藤アナが最近になって妻と離婚。独身になったと記者は言う。

「もともとスポーツキャスター志望だった加藤アナは、新人がやるような雑務も嫌な顔ひとつせず引き受け、ボロボロに崩れた局での立場を立て直したようです。

世間から大バッシングを受けた二人もこれで晴れて自由の身。田中アナも“これで堂々とデートできる”とまわりに吹聴しているようです」(同)

禁断の恋を実らせようとしている加藤泰平アナと田中萌アナ。「周囲は“まだつきあっていたの!?”とあきれつつも、“こうなると、結婚もあるかもよ”と言っていましたよ」(前出のテレビ制作関係者)

はたして、そのまま成就となるか?

[via:日刊大衆]
https://taishu.jp/articles/-/59906

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事