TALENT

HEADLINE

ベンガル 朝加真由美との不倫で9年前から別居してた!本人否定も妻は認めるも「ご勝手に」

6月下旬の午後6時過ぎ。都内の住宅街にある寿司店に、1組の熟年カップルの姿があった。個性派俳優のベンガル(65)と女優の朝加真由美(61)だ。
 
「2人は4年前に不倫疑惑を報じられていますが、 証拠がないままうやむやに終わっているんです。ベンガルさんは、26歳の時に演劇教室で知り合った女性と結婚。2児を授かっているのですが」(スポーツ紙記者)

この日、ベンガルは舞台に出演。終了後の午後3時過ぎ、新宿区の劇場から出てきた。繁華街で朝加と合流すると、2人は寿司店に入っていった。

「2人はカウンターに並んで座り、お寿司やお酒を楽しそうに召し上がっていました」(居合わせた客)

3時間ほど食事を楽しんだ2人は、店を出ると近くの24時間営業のスーパーへ。ベンガルがカートを押し、朝加の指示で飲み物や食材をカゴに入れていく。この夜、2人はタクシーに同乗すると、それぞれのマンションへと帰っていったのだが――。

最初に書いたとおり、ベンガルはれっきとした妻帯者。じつは、ベンガルが25年前に購入した古びた一軒家が、東京・八王子市内に建っている。

40年前に結婚し、彼を支え続けた妻は、いまそこに1人で住んでいた。朝加との密会から4日後、本誌は八王子に住むベンガルの妻のもとを訪ねた。

――ベンガルさんと別居されているようですが?

「いえ、別居しているだけで、連絡はとっていますよ」

戸惑いつつも、別居を認めた夫人。夫と朝加の関係について聞くと、記者に向かって顔をしかめた。

――4日前にもデートをされていました。

「そうですか。朝加さんのことは、本人から『付き合っている』と聞きました。朝加さんと付き合いだしたころから、夫は家を出て行きました。平成20年ぐらい、9年前ですかね。本人は、(私と)別れたいわけですから。私は精神的にまいっちゃって」

朝加との交際のせいで、もう9年間も、ベンガルとの別居がつづいているというのだ。だが「離婚する気は」と聞くと、怒りが吹き出すような表情で、妻は言った。

「私は、離婚はしたくないです。やっぱり家族がいるから、離婚は望んでいません。家庭はきちんとしていきたいというのが、私の思いです。でも、主人がそういう考えじゃなければご勝手にとも思っています」

家のポストには、夫と息子、娘の名前が書かれたままになっていた。主なき我が家で、帰らぬ夫を待ち続けるつもりなのか――。

だが 妻の告白は、ベンガルには予想外だったようだ。別の日に、自宅マンションから現れたベンガルを直撃すると。

――じつは、ベンガルさんが朝加さんと不倫していると話していることを、奧さんから聞きました。

そう聞くと、ベンガルの目が急に泳ぎはじめた。

「いや仲がいい それだけのことですから。全然、(不倫)してないですよ。もう全然、問題ない。ただ、家が近いんで。勘弁してください」

そう言って、逃げるように去って行った。

それぞれの所属事務所にも、2人の関係を確認したが、

「本人は親しい友達だと話しています」(ベンガルの所属事務所)
「仲の良い友達と聞いています」(朝加の所属事務所)

朝加と会い続ける夫と、「離婚はしない!」と怒る妻。下積み時代を支えてくれた糟糠の妻への「恩返し」がこれだとしたら、あまりにも悲しすぎる――。

[via:https://news.infoseek.co.jp/article/joseijishin_d29683/]

不倫報道にネット賛否両論

この報道に対し、Yahoo!ニュースコメント欄では、「デリカシーがなさすぎる」取材方法に対し、非難が殺到している。

「不倫してる旦那についてどう思いますか?とわざわざ家まで訪ね、人の心の傷を抉っといて何が『悲しすぎる…』だ」

「4日前にもデートしてました、とかわざわざ奥さんに報告する無神経な記者」

「多くの人は、大抵悩みを抱えているものだし、本当に解決できるのは本人たちだけでしょ。奥さんに同情するなら、支えてあげるのもいいし、生活に苦労しているのなら援助でもいい。報道される事によってさらに苦しみが増してるんじゃないの」

仕事とはいえ、一般人の妻に直撃取材をおこなったのは、いささかやりすぎだったのかもしれない。一方、コメント欄からは妻に対するアドバイスも聞こえてくる。

「家庭をちゃんとするなら、ちゃんと別れた方が子供達への影響は良さそうだが」

「母親を捨てて出ていってる父親。そんな父親と頑なに離婚しない母親。子供って言ってももういい大人だろうし、9年も経ってるんなら離婚しないことが家族の幸せだとかの前に、そんな父親待たず自分の(母親の)幸せ見つけてほしいな」

[via:http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170712/Dokujo_62830.html]

中尾「どちらかというと同士。男とか女じゃない」

13日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、俳優の中尾彬から飛び出した俳優業界をめぐる暴露に、スタジオが騒然となった。

不倫について批判の声があがる中、ゲストコメンテーターの中尾は一般論として、俳優の男女について「芝居を一緒にやっていると、どちらかというと同士的なところが強い。男とか女じゃない」と語った。

司会のフットボールアワーの後藤輝基が「じゃあそういう関係としては、中尾さんとしてはありえる関係というか」と掘り下げると、

中尾は「だって、他にいっぱいいるもん!」と同様の関係が他にも存在することを明かし、スタジオの面々が驚きの声をあげた。

後藤が「まじですか?じゃあせっかくですからお土産に一組ぐらい…」と、具体例を聞き出そうとしたが、さすがの中尾もそれには口をつぐんでいた。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/13331525/]

ベンガル プロフィール
本名:柳原 晴郎
別名義:柳原ハルヲ
生年月日:1951年8月17日(65歳)
出生地:東京都
身長:170 cm
血液型:AB型
職業:俳優、タレント
活動期間:1970年代 –
配偶者:あり(1977年 – )
所属劇団:東京乾電池
事務所:ノックアウト

・大学在学中、演劇雑誌に舞台芸術学院の生徒募集の記事を偶然見つけたのがきっかけで演劇の世界へ飛び込む。

・1976年に柄本明や綾田俊樹と劇団東京乾電池を結成。結成後、すぐに『ひらけ!ポンキッキ』『笑ってる場合ですよ!』と立て続けに出演したことでテレビドラマなどへも進出した。

[via:https://ja.wikipedia.org/wiki/ベンガル_(俳優)]

ネットの反応

・つか9年も別居してるならどうでもいいだろ
・息子逮捕されてたけど不倫してたんか
 相手の女優さん結構有名だしドロドロしてんな
・子どもが成人したなら解放してあげたら
・おいおw俺の記憶が確かならこの二人って
 孤独のグルメで店主と嫁で共演してたはずだが。。。

『孤独のグルメ Season3』第12話[最終回 2013年9月25日放送] 東京都品川区大井町だるまやのいわしユッケといわし蒲焼
 >出てたね まさに朝加真由美が離婚した頃にw
・奥さんのほうがよっぽど男らしいコメントだわ
・内田春菊の第一子がベンガルの子。
 長年連れ添った旦那さんと子供のDNA検査やったら、実子でない事が判明。で、離婚。
 >第二子がベンガルとの子じゃなかった?
 >そうそう 内田春菊の第二子がベンガルの子らしいね
・ダメだ ベンガルの顔思い出そうとするとダンカンが出てくる
・劇団とかエロい兄弟姉妹だらけっぽいよな
・朝加の若い頃を抱いてたのなら羨ましかったが
 >汚れた英雄の頃な
・朝加真由美といえば初代ミスセブンティーンだっけ
・朝加真由美の女優デビューはウルトラマンタロウ でも、1クールちょっとで降板。
 >再放送で見たことあるけど当時の朝加真由美はめちゃめちゃ可愛いよなあ
 スタイルも抜群で特に脚は絶品

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事