TROUBLE

HEADLINE

フジ苦戦の『グッディ』焦りから勇み足連発?三田アナも公私に苦悩が相次ぐ

フジテレビは相変わらず絶不調が続いている。局内で一番問題になっているのは昼の情報番組『直撃LIVEグッディ!』(月~金・午後1時55分~)だ。フジテレビの社員は虚ろな顔でこう話す。

「『グッディ』はやることなすこと裏目に出ている」

MCに安藤優子(56)と俳優・高橋克実(54)を配置し、サポート役にはミタパンこと三田友梨佳アナ(28)を起用。



直撃LIVEグッディ!



フジ復活の起爆剤としてスタートした『グッディ』だが、同時間帯のライバル『ミヤネ屋』(日本テレビ系、月~金・午後1時55分~)を脅かすどころか、連日視聴率1%台を記録する惨憺たる戦績だ。

なんとか視聴率を稼ぎたいという焦りからか、現場は勇み足を連発している。他の民放キー局関係者がいう。

「5月22日に行なわれた亡くなった萩原流行さんの妻・まゆ美さんの会見では、代理人の弁護士が生中継を禁止していたのに、『グッディ』だけが抜け駆け。

途中で弁護士に注意されて中断し、フジは大恥をかいた。他局の面々からは”必死だねェ”と失笑が漏れていた」

局内からはこんな不安の声が上がっている。

「SMAPの中居正広さんの会見では、『グッディ』のリポーターが肺がんで亡くなった父・正志さんのことを執拗に聞いたり、離婚報道のあった米倉涼子さんの自宅に押しかけたりと、強引な取材が目立つ。

安藤さんのジャーナリズム精神の旺盛さと取れなくもないが、大手の芸能事務所所属タレント相手にあの調子じゃ危なっかしすぎる。あれでは局の上層部も冷や冷やものだろう」(前出・フジ社員)

□ 三田アナ『めざまし』に帰りたい?

サポート役として『めざましテレビ』から『グッディ』に移籍したミタパンこと三田友梨佳アナ(28)に元気がないという点だ。番組関係者は『めざましテレビ』に帰りたいという三田アナの気持ちをひしひし感じるという。

三田アナが『めざまし』から異動する時に、相当ショックを受けていたことは、フジ内部でしばしば話題になっていた。だが、いくら三田アナが復帰を望んでも、すでに帰る場所はない。

「年齢も近いヤマザキパンこと山崎夕貴アナ(27)と三上真奈アナ(26)がいるのに加えて、2年目ながら”ポストカトパン”として評価が急上昇中の永島優美アナ(23)がいる。

三田アナ自身、”もう自分は必要ないんじゃないか”と思い詰めていたようです」(フジ社員)

過去には、退社前の中野美奈子アナ(35)も小倉智昭(68)がメインキャスターを務める『とくダネ!』に移り、同様の『めざまし』ホームシックを指摘されたことがある。

また、安藤のいた『スーパーニュース』に『めざまし』から移った生野陽子アナ(31)も、当初は新職場に慣れずに苦労していたといわれる。

一方で「三田アナの不安材料は、『グッディ』の不調だけではない」(別のフジ関係者)との声もあがる。昨年交際が発覚した西武ライオンズのホープ・金子侑司(25)との関係が順風満帆ではないようなのだ。

「三田アナの実家は創業103年でミシュラン2つ星を獲得した高級料亭『濱田家』。父親は明治座の社長でもある。彼女は女子アナ界きってのお嬢様だけに、恋愛も自由にとはいかないんです。



三田アナ 濱田家



昨年夏、金子がスポーツ紙記者たちの前で『大事な人だと思って、お付き合いさせていただいています』と堂々『交際宣言』した時も、お父さんは『聞いてない!』と激怒したほどですから」(同前)

そんな中で昨年11月には金子が友人男性と若い女性2人で遊んでいた様子が報じられたりもした。

それでも5月23日の三田アナの誕生日には、東京・表参道ヒルズでデートする2人を『FLASH』が報じている。交際はなんとか続いている様子だが、前途は多難である。番組関係者が語る。



三田アナ 金子侑司 デート



「『グッディ』に異動する直前の3月には三田アナのお兄さんが不倫騒動で『既婚だったにもかかわらず独身だと偽った』と浮気相手の女性から慰謝料請求訴訟を起こされていることも報じられた。

三田アナにとっては心労が増す出来事がプライベートでも相次いでいる」

[引用/参照:週刊ポスト2015年7月3日号]

【関連画像】

ミタパン 擬似フェラ
【GIF有】三田友梨佳アナの黒光りしたチョコバナナを頬張る口元が完全にアウトw&鼻サワガニ他擬似フェラ

ミタパン パンチラ
ミタパンこと三田友梨佳アナのパンチラ▼ゾーン&無理やりキス他セクハラシーン!

【関連商品】



関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事