TROUBLE

HEADLINE

槇原敬之&奥村秀一 シャブの世界へ引き込んだオカマの金ちゃんとの「特別なオンリーワン」な関係

2月13日、歌手の槇原敬之容疑者(50)が覚せい剤取締法違反の容疑で警視庁に逮捕された。

自宅マンションで覚せい剤およそ0.083グラムを所持していた疑い。槇原容疑者は1999年8月にも覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の判決を受けている。

1999年8月の逮捕時、当時の恋人が槇原容疑者を覚せい剤の使用へ「引き込んだ」と証言していた。当時の記事(1999年9月16日号)を再編集のうえ、公開する。

※記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

槇原敬之逮捕 覚せい剤の世界へ引き込んだ“追っかけ恋人”との深い関係

「がっちり、むっちり、ぽっちゃり系が、マッキー(模原の愛称)の好みなのよ」

8月26日、覚醒剤所持で現行犯逮捕された、シンガーソングライターの槇原敬之 (30)。彼の“趣味”は、同好の士の間では公然の秘密だった。

槇原の住む港区南青山のマンションで、一緒に逮捕されたのが、“友人”と称する無職・奥村秀一(23)。

押収された、約1グラムの覚酸剤について、槇原は「自分が、奥村に買いに行かせたもの」と認めている。部屋には、奥村の着替えや日用品もあり、2人は、親しい間柄だった。

「伝言ダイヤル」にはクスリの取引用のウラ番号が

奥村は、まさに槇原好みのタイプ。2人はどこでめぐり会ったのか?

事件を取材する社会部記者は解説する。

「昨年3月に、覚醒剤所持で逮捕された大蔵省元課長補佐が“シャブ仲間”と知り合ったのは、ゲイ専門の伝言ダイヤルでした。

槇原クラスの有名人になると、人目をはばかって、新宿二丁目に出入りするわけにもいかず、伝言ダイヤルを使って相手を探していたようです。

“太め”“体育会系”などと好みによって登録番号が分かれ、中にはクスリの取引に使われるウラ番号もあったようです」

伝言ダイヤルで槇原と知り合い、一度だけデートをしたことがあるという、20代男性の証言。

「マッキーは、愛車のチェロキーで、待ち合わせ場所にやって来た。いきなり有名人が現れたので、ビックリしたけど、気を遣って何も言わなかったから、安心して車に乗せてくれたみたい。

横浜までドライブに連れていってくれました。カーステレオで自分の曲をかけ、さりげなく口ずさんだりするんです。プラトニックなデートで、エッチはなかったけど、きっと優しいおネエ役なんじゃないかな」

『どんなときも。』『もう恋なんてしない』などの大ヒットを持つ槇原の曲は、歯切れのいいメロディーに、切ない恋心を包み込んだのが多い。

もっとも歌詞は、君と僕の二人称で構成されており、同性間の恋にも、十分置き換えが可能。「しんみり来る」と、ゲイの間にも熱烈なファンが多い。奥村もまた、槇原に耳元で歌を囁かれたのだろうか。

一緒に逮捕された恋人の素性

奥村は、以前、歌舞伎町のニューハーフクラブで働いていた。

「源氏名は桃山金太郎、後では遠山金太郎と名乗ってたわ。性転換はしていなくて、もっぱら道化で、座を盛り上げる役。

素顔は宍戸開に似てて、スリーサイズは、上から 100・100・100。

ウチに勤め始めた18歳くらいの頃から、『好みのタイプは、断然マッキー』と言ってた。 音大の附属高校で作曲の勉強をしていたけど、途中でやめてしまった、と言っていたから、ミュージシャンとしても、(槇原を)すごく尊敬してたみたい」(元同僚)

なんと、“金ちゃん”は“追っかけ”だった! そして“相思相愛”の二人は、遠からずして赤い糸をたぐり寄せる。

「20歳ぐらいの時、本物のマッキーと知り合い、『ピアスをもらったの』と、嬉しそうに見せびらかしてた。ただ、あの頃は、金ちゃんに別の彼氏がいた。だから、本格的に付き合いだしたのは、2年ほど前に、ここをやめてからだと思うけど」(同)

関係者は「曲がうまく作れず、鬱っぽかった」と証言

音楽関係者によれば、槇原は、「付き合っている相手から、曲のアイデアをインスパイアされることがある」と、 語っていたという。

一方で、「(槇原は) 最近曲がうまく作れず、鬱っぽかった。クスリに手を出したのも、そのせいではないか」と証言する関係者もいる。

果して、金ちゃんとの間に何があったのか。

年下の恋人が、槇原をかばうような供述を

本富士署の調べに対し、奥村は「自分は2年前から、槇原は1年前から、覚醒剤を始めた」と供述、暗に自分が引き込んだと認めた。

しかし前出の元同僚は、「(槇原を)かばって言ってるんでしょうけれど、マッキーも、年下の金ちゃんに責任をかぶせるんだったら、ずいぶんケツの穴の小さい男ね」

と、憤慨する。

槇原の部屋からは、覚醒剤以外にも、違法の幻覚剤MDMA(通称エクスタシー)が発見された。9月以降のコンサートは中止、CDも回収となり、損害額は数十億円にのぼるとも言われる。

[via:文春オンライン]
https://bunshun.jp/articles/-/34221


奥村秀一 プロフィール
(おくむらしゅういち)
年齢:43歳前後
ゲイ名:桃山金太郎、遠山金太郎
ニックネーム:オカマの金ちゃん

マッキー&金ちゃんの歩み

1990年10月25日 槇原敬之デビュー

1991年頃 奥村秀一 音大の附属高校入学

1991年6月 槇原3thシングル「どんなときも。」ヒット

1994年頃 奥村18歳くらいの頃からゲイバーで働き始める

1996年頃 奥村20歳前後の時に槇原に見初められピアスを貰う

1999年頃 奥村覚醒剤を使用開始(※本人の自供)

1997年頃 槇原&奥村本格的に付き合いだす

1997年頃 槇原覚醒剤を使用開始(※奥村の自供)

1999年8月26日 槇原&奥村覚醒剤所持で逮捕

1999年9月3日 槇原&奥村MDMA所持も発覚 槇原「幻覚剤と覚醒剤交互に使っていた」と供述

1999年12月 槇原&奥村懲役1年6カ月執行猶予3年の判決

2000年 槇原&奥村再び同棲開始

2000年10月 槇原10thアルバム「太陽」で活動再開

2003年 SMAP「世界に一つだけの花」売上200万枚以上を記録

2006年 奥村が槇原の個人事務所「ワーズワーズアンドミュージック」の社長に就任

2013年 奥村覚醒剤を使用再開(※本人の自供)

2016年頃 槇原激痩せで薬物使用を疑われる

2018年3月12日 奥村秀一社長解任 槇原との同棲も解消

2018年3月16日 奥村秀一覚醒剤使用で逮捕 捜査員に「それはマッキーの」と供述

2018年3月30日 槇原自宅で危険ドラッグ所持

2018年4月11日 槇原自宅で覚醒剤所持の疑い

2018年10月5日 奥村に懲役2年執行猶予3年の有罪判決



2020年2月13日 槇原敬之覚醒剤取締法違反で逮捕

マッキー&金ちゃん目撃情報

逮捕直後はパートナー関係を解消すると話していた槇原。だが、2000年には再び同棲状態であることが報じられた。

「奥村被告は06年に槇原の個人事務所の社長に就任しました。槇原にとって、奥村被告はそれだけ、かけがえのない存在なのでしょう。槇原が仕事の依頼を受けるかどうかは、奥村被告の一存にかかっていました」(レコード会社関係者)

日刊ゲンダイはそんな奥村被告に“接触”したことがある。事務所を訪れると、ホスト風のガングロ茶髪のイケメンが現れた。それが奥村被告だったわけだが、いかつい風貌とは違って物腰は実に柔らかく、丁寧な応対だった。

奥村被告と槇原は昨年(※2017年)くらいまで都内の湾岸エリアにあるマンションで同居していたという。数年前にはなんともほほ笑ましい姿が頻繁に目撃されている。

「毎日お昼くらいですかね。槇原さんとパートナーらしき男性が5~6頭のフレンチブルドッグを連れて散歩するのが日課でした。本当に楽しそうに話しながら、ワンちゃんのフンなどをきちんと拾ってらっしゃいましたよ」(近所の住人)

また、別のご近所さんはこんな姿も。

「天気のいいときには、行きつけのオープンテラスのカフェで、お2人がランチをされている姿を何度かお見かけしたことがあります。ワンちゃんたちはカフェの入り口につないで。長年連れ添ったご夫婦みたいな、落ち着いた雰囲気がありましたね」

個人事務所がある表参道付近では、こんな様子も目撃されている。

「2、3年くらい前でしたけど、表参道を1本入った落ち着いたブティックで、槇原さんが男性と2人で洋服を買い物していました。2人は手をつなぎながら、“あれステキじゃない?”とか“これ絶対似合うよね~”なんて話しながら、ショッピングを楽しんでいました」(お店に居合わせた客)

約6年前、ハワイの高級ホテルで2人と居合わせた客はこう話す。

「槇原さんと男性がプールの中で、周りの目を気にする様子もなく、じゃれ合っていたのです。海外で解放感に浸っていたのかもしれませんが、目撃したこちらが恥ずかしくなる光景でした」

裁判では、13年ごろから覚醒剤を使用していたことを検察に指摘された奥村被告。

槇原は逮捕前の3月12日に解任していたことを明かした上で、「在職中から使用していたことに関しましては全く知り得ないことでした」と、事務所を通じてコメントを発表している。

「過去に2人で薬物を使用し、逮捕されたことは紛れもない事実。しかも、公私ともに濃密な関係だったわけですから当然、槇原にも疑惑の目が向くことになるかもしれません。

それだけに、今後は奥村被告としっかり“決別”できるかどうかがカギになってくるでしょうね」(芸能ジャーナリスト・浅見麟氏)

“どんなときも”一緒だったという2人。再度、薬物にまみれたパートナーとの関係をしっかり清算できるのだろうか……。

[via:日刊ゲンダイ 2018/05]
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/228976


ボロボロの歯は2016年頃から

関連商品

コメント

  1. 6
    名無しさん 2020/02/18 7:37

    金持ってるんだから歯をなんとかすればよかったのに

  2. 5
    名無しさん 2020/02/16 23:21

    SMAPの解散騒動の時、ファンが「世界に一つだけの花」のCDを買う運動を起こして、再度荒稼ぎ出来たから、また薬物関係者に、資金を狙われたのもあると思うけど、今後、芸能人の稼ぎは国が没収し、著作権運営会社や芸能事務所や本人に収入が一切入らず、捜査や更生施設に全て使えるようにすれば、楽曲を没収しなくて済むようになると思う。

  3. 4
    名無しさん 2020/02/16 3:23

    なんかこのツラでチ〇ポ吸ってるとこ想像すんと、なんかな~なんだよな。w

  4. 3
    Vvv 2020/02/16 0:04

    >ずいぶんケツの穴の小さい男ね

    これは嘘だな。
    ホモはみんな肛門がガバガバだから。
    タンポン入れてなきゃ常にパンツがウンコまみれ。

  5. 2
    名無しさん 2020/02/15 23:24

    要はオカマの愛の歌を何年にも渡りみんな涙を流しながら有り難がってな崇拝してたって事だろ
    乾いた笑いしかでねぇな・・・

  6. 1
    名無しさん 2020/02/15 18:36

    ノーコメント

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事