TROUBLE

HEADLINE

YOSHIKI緊急手術に「首振りすぎ」「いつも緊急だなw」「またやるやる詐欺か」批判の声も

人気ロックバンド「X JAPAN」リーダーのYOSHIKIさん(51)が、首を再び痛めて「緊急手術」を行うと発表した。それでも、日本で予定されているツアーについて、「やるつもり」と意欲を見せている。

「首振りすぎ」

「普通にドラム叩けば?と思うけど」

「きっとあそこまでやらないとYOSHIKIじゃないんだろう」

緊急手術が2017年5月9日に発表されると、ニュースのコメント欄などでは、ファンから心配する声が上がるとともに、こんな指摘も相次いだ。

身体を酷使する激しいドラムプレイで

YOSHIKIさんの公式サイトによると、「身体を酷使する激しいドラムプレイ」のため、YOSHIKIさんは、09年7月に頸椎椎間孔狭窄症と診断され、頸椎椎間孔切除などの手術を受けた。

そして、半年前からは、頸椎椎間板ヘルニアが悪化し、手などが麻痺するようになり、演奏にも支障を来した。

ピアニストとして1月に東京フィルとともに米カーネギーホールで行ったコンサートでは、演奏を最後まで続けたが、すでに左手の感覚を失っていた。

日本の医師からは、「首の状態は、まるで引退を余儀なくされたラグビー選手のような強烈なダメージの受け方」「肉体的にも精神的にも限界がきている」と言われたという。

「尋常ではないスケジュール」をこなしたことで、症状が悪化したとみられている。

実際、YOSHIKIさんは2月、「誰か起こして…」とのコメントとともに、分刻みで動くストイックな生活ぶりをインスタグラムで報告していた。

公式サイトでは、日米双方の医師と何度も協議を重ねた結果、「このままではアーティストとして再起不能になる」(主治医)と判断し、2回目は頸椎人工椎間板置換を選んで手術を行うことにしたと説明している。

手術は、米国時間の5月16日に米ロサンゼルスの病院で行う予定。

YOSHIKI
MRI写真も公開

日本ツアーは「やるつもり」と意欲見せる

X JAPANが7月に予定している日本ツアーについて、一部報道では中止になったとされていたが、YOSHIKIさんはツイッター上でそれを否定し、公式サイトでは、その後の世界ツアーも含めて米エージェントと「緊急協議中」だとしている。5月に予定されていたスケジュールは中止になるという。

ただ、YOSHIKIさんは、7月の日本ツアーについて、「やるつもりでいます」「医師と話し合っています」とツイートで意欲を示した。そのうえで、手術の成功へ向けて、「みんなの力をかして下さい」と訴えている。

一方、今回の緊急手術については、2度目ということもあり、ネット上では、冷静に事態の推移を見ようとする向きも多い。

YOSHIKIさんを巡っては、「緊急帰国」して「重大発表」した内容がX JAPANのドキュメンタリー映画日本公開だったりするなど、話題作りのようにも捉えられかねない言動が多いとも指摘されている。

それだけに、「なんか重大発表多い人だな」「またかって感じ」といった感想も出ていた。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/13044519/]

ギリギリまで働く理由

なぜこれほどボロボロになるまで働き続けるのだろうか?

「彼はX JAPANに関する楽曲の版権をほとんど持っています。それだけに年間に入ってくる印税だけでも相当な金額になる。

またLAの豪邸やプライベートジェットの維持費やスタッフたちの給与など、それこそ“息をしているだけ”でも出て行く金が多い。

そうした日々出入りするお金があまりに大きすぎるため、途中で止めることができなかったのです」(大手レコード会社関係者)

ファンとして早期の復帰はうれしい限りだが、常に限界ギリギリのYOSHIKIの体調が心配される。

[via:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170510-00010008-jisin-ent]

ナマ電話で心境語る

インターネット番組「YOSHIKI CHANNEL」に電話で生出演し、発表後、初めて肉声で「いたって自分は冷静ではある」と心境を語った。

YOSHIKIは「ずっと24時間、電気が走っているような感じ。触る物が全て氷のように冷たい。ピアノの鍵盤を触るとピリピリする」と症状を説明。

昨年大みそかの紅白歌合戦には「感覚がなかった」といい、今年1月の米ニューヨーク、カーネギーホールでのソロ公演では「鍵盤が氷のようだった」と振り返った。

演奏を続けていたことを「ある意味、自殺行為に近かったなと思いますね」と振り返り、「こういうこと(手術)になることは自分ではわかっていた。どこかで何かしなきゃいけないと思っていた」と語った。

「アーティストって何なんだろう、どういう生き方をすればいいのだろうか、なんて考えてますね。そのまま壊れてしまった方がいいのかなと思ったり」と、葛藤を吐露したYOSHIKI。

一方では人工椎間板を入れることに「何か俺、アイアンマンみたいになっちゃうのかな。強くなっちゃう」とジョークも飛び出し、「また近いうちに笑顔で会えるように頑張ります」と、復活を誓っていた。

[via:https://www.daily.co.jp/gossip/2017/05/10/0010175571.shtml]

【関連リンク】
YOSHIKI緊急電話生出演〜重大発表もあり〜

ネットの反応

・首振りすぎ。
・緊急って言ったから、オペに入ったのかと思ったら…16日ね..(^^;
・手術が無事成功しますように
・ライブ中止芸人
・普通のドラマーは首など痛めない。
・ヘッドバンキングのやりすぎ?
・あんだけ首振ってりゃあそうなるよ
・おまえはいつも緊急だなw
・まぁ、いつもの事だから(笑)
・頚椎か 怖くて当然だな
・なんかすごく痛そうな手術だな
・手術済んだらもう休んでほしいね。
・つまりアルバムも延期ですね
・ヘッドバンギング、首振りの怖さを身を持って伝えてくれたヨシキ。
・俺も今日歯医者行くの。怖い。 おまいら力を貸してちょうだい!
>みんなの力をかして下さい
・誰か本音に翻訳してくれ
 >そんな悟空みたいなこと言われても
 >チケット代返せとか騒がないでねって感じ?
・パフォーマンスとして大袈裟に首振りながら叩いてたのって、デビュー当時っていうか初期だけだった気する。 復活後はコルセット着用が多くて、首に響くレベルで首振ってるのあんまり見ないけどなぁ。
・自分たちだけなら遊んで暮らせるだけの蓄えがあるけど支えてくれたスタッフを食わせるため働き続ける大物アーティストって多いんだよな
・版権全部持ってんのか 強えええ
 >版権持ってようが印税収入には関係ないだろ
・ジェットや豪邸は売り払って、スタッフを減らせば問題ないじゃん。
・もう打ち込みでいいよ
・CDが売れないからライブで稼がないといけないしな
・代打でニャンゴスター
・「限界」が売りなのはいつものこと。
・また中止かよwついに最後の切り札を切ってきたかという気がしてならない
・ドラム壊しすぎドラムの神様が怒ってるんだ…
・またやるやる詐欺か。気分屋すぎるよYOSHIKIは。
・別にプライベートジェット維持費のために音楽をやっているわけでもなかろう。
・ドラマーとしても人としても器用じゃなかったから今のYOSHIKIがいるんだよ。カネに生きてたらとうの昔に消えてるよ。
・最初は心配していたけど、またかって思うようになってしまった。
・・・・で、奇跡の復活を遂げるんでしょ!
・手術成功しても、あの激しいドラムを続ける限りまた怪我するやん。(^^;

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2017/05/11 16:30

    病弱コンビの片割れは、嫁の介護に追われているというのに、
    この人はわからないんだな。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事