TROUBLE

HEADLINE

『水ダウ』ドッキリで「おぼん・こぼん」あわやガチ解散の放送事故w「いつかハノイで会談を」

『水曜日のダウンタウン』(TBS系)がまたもや大きな話題を呼んでいる。発端は2月27日放送回で検証した「芸人解散ドッキリ、師匠クラスの方が切ない説」。

相方に解散を持ち掛けるドッキリを行い、その反応を見るというもの。今回は浅草漫才協会のベテランコンビから選出し、理事を務めるお笑いコンビのナイツがナビゲーターを務めていた。

1組目のターゲットは芸歴47年の「東京丸・京平」。仕掛け人の京平(68)が体調不良をきっかけに京丸(69)に持ちかけるも「新しいコンビを見つける気はさらさらない」と断固拒否。


ネタばらしの際には、安堵のあまり京丸が涙を流すという感動的な結末を迎えていた。

だが、問題は2組目の「おぼん・こぼん」で起きる。

実は2人は8年間私語をしてないほど不仲が続いている。ターゲットのこぼん(70)が入ってきても2人は全く目を合わさない。

解散を切り出すはずの仕掛け人・おぼん(70)は、「俺が何で怒ってるかわかるか?」と最初からケンカ腰。こぼんも「あんたのことはわからん」と返し、険悪なムードが流れる。



さらにエスカレートしたおぼんは「謝るか謝らへんか」決めろと迫り、ケンカの様相を帯びていく。そしてこぼんから「そんならもうやめてしまいましょう、スッキリしましょう」と解散を提案する驚きの展開に。




それに対しておぼんも「はい」と応じてしまい、本当に解散が決定してしまう。


まさかの展開に急いでネタバラシをしにいくナイツ。平身低頭に謝罪するナイツだがこぼんは「シャレになるドッキリとならんドッキリがあるで」と、2人におしぼりを投げつけ怒り心頭。


ネタバラシ後もおぼんが「一言謝れよ」と言うなど、険悪なままドッキリは終了。だが、その後話し合いによってなんとか解散は免れたことがナレーションで明かされる。


スタジオで映像を見ていた松本人志(55)も「あんだけのやり取りの中で帰らないというのは解散する気ないと思いますけどね」と必死にフォローしていた。

これには《相変わらず攻めすぎでしょ……》《放送事故レベルのおっかなさ》と動揺を隠せない視聴者が相次いだ。

2月28日、ナイツはレギュラーを務めるラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送系)内でその当時の心境を語った。

塙宣之(40)は「今でも逆ドッキリであってくれって心の中で思っている」と明かすなど、やらせではなく本当に解散寸前であったようだ。

果たしておぼんこぼんの未来は――。

[via:女性自身]
http://news.livedoor.com/article/detail/16093248/

「いつかハノイで会談できたら」

放送翌日の28日、塙さんはブログを更新し、「今日の漫才」としてこの一件をイジる漫才ネタを披露。27~28日の日程でベトナム・ハノイで行われていた米朝首脳会談と「おぼん・こぼん」を絡め、

「非核化が焦点になりましたね」

「おぼん・こぼんもいつかハノイで会談できたらいいですね」

「一緒にするな!お前がもういじったらダメだろ」

と、オチをつけている。

コメント欄には、前日の「水ダウ」を見たという人たちから

「面白かったです」

「恐怖と笑いって不思議な相乗効果がありますね」

といった声が寄せられていた。

なお、ハノイで行われた米朝首脳会談は28日夕、合意に至らないまま終了した。

[via:J-CASTニュース ]
https://www.j-cast.com/2019/02/28351550.html


㊧「こぼん」㊨背の高い方が「おぼん」

ネットの反応

・その前の2人に貰い泣きしたのに全部吹っ飛んだ
 >落差が半端なかったw
・衝撃の問題作だったな。見ててドキドキしたよ
・これがリアルガチというやつか!
・あの空気は凄かったな。良質なドキュメンタリーや
・大人のドロドロ喧嘩
・逆ドッキリかと思ったら物凄い空気のまま終わっていったな
・おぼん・こぼん絶対遺恨残るわ
・最後はナイツへの逆ドッキリかと思ってたら違った
 >逆ドッキリであってくれって途中から願い続けてたわ
・あの年であんな喧嘩したくねーわw
・倦怠期の夫婦そのものだったな
・娘同士コンビ組んどったのに
・出演者達の必死フォローが悲しかった
・松本がガチでフォローに回らないといけないぐらい攻めに攻めた説
・あんだけ焦った松本も久々に見たw
・解散ドッキリは結果ほのぼのが正解
・本当に怒ってたら放送を許諾する訳ないじゃん
・細かすぎて伝わらないのネタはマジだったのかw
 >細かすぎるモノマネでおいしそうな差し入れがあると興味を示すこぼんがおぼんからの差し入れだと知るとしょーもな!と蹴散らすネタされてたな
・そもそも解散ドッキリなのに初っ端から謝れとか企画自体おかしくなっちゃってたな
・おぼんはドッキリに便乗して日頃の不満をぶちまけただけだった
・そんな仲悪いならむしろ解散した方がいいだろ
・逆に辞められないの分かってるからここまで仲悪く「なれる」んだよ
・話す機会が出来て良かったと思う
・水ダウは、おぼんこぼんを説提唱者として番組に呼べばいいのに
・こうなったらこぼん師匠の家におぼん師匠が潜んでいたらほんとに怖い説やってほしいw
・これでおぼんこぼんを知ったヤツも多いだろうから、結果プラスだろ。
・まあしかし塙がいなかったら、漫才協会の師匠連中なんて一生名前も知らなかったやろから、功績大だろ。
・京丸京平2人ともめっちゃいい人そうだった
・東京平京丸師匠、70過ぎてプチブレイクの予感
・MRIへの絶大な信頼好き


・おぼんこぼんは初期のお笑いスタ誕出てただろ 小柳トムとかギャグシンセサイザーの頃
 >B&Bの次の10週勝ち抜け
 >お笑いスタ誕出身でいま役者で成功してる人多いよね 竹中直人にでんでんにイッセー尾形他にもいたよね
 >でんでんの「どうだい?俺ダンデーだろ!」はスギちゃんワイルドの元祖
・たけしの「おいらが売れたって事は誰かを潰してるんだ」は 対立していた京丸京平を指す。たけしはガチで京丸京平を罵り挑発していた。同じく対立していた星セントは死ぬ前にたけしに詫び状を出している。
・タモリ「オマエ等年内に消えるわ いや俺が消してやる!って面と向かって言われたよね」たけし「そいつ等が消えて死んじゃったけどね」これがセントルイス
・漫才新人賞はツービート確定視されて居たが京丸京平が獲った。生意気なたけしへの業界からの懲罰的なモノであった。京丸京平は「邪道のツービートに勝った!」と天狗に成るも10年TV干されてしまう。たけしがガチでTVで売れ始めたから。

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2019/03/06 1:28

    おぼんがアホなだけや
    ドッキリっていうのを理解してない
    こぼんもこんな当たり屋な相方持って気の毒や

  2. 2
    名無しさん 2019/03/03 9:51

    どーでもいい。

  3. 1
    名無しさん 2019/03/02 21:56

    東京丸・京平と同じように相方の体調不良を理由に
    すれば良かったのに・・
    それならいくら不仲でも長年連れ添った相方を見捨
    てるわけないし、おぼん・こぼんは仲良くなれたはず
    ナイツはバカなのかな

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事