TROUBLE

HEADLINE

佐藤浩市 首相役で「すぐにお腹を下す設定に」安倍首相を揶揄!?応援団たちが発狂バッシング

俳優の佐藤浩市のある問題発言を巡り、芸能界が激震を続けている。今月24日に公開されるかわぐちかいじ原作の実写映画『空母いぶき』(若松節朗監督)で、総理大臣・垂水慶一郎役を演じている佐藤。

この役柄について漫画誌『ビッグコミック』(小学館)のインタビューで、

「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」

「彼(首相)はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです。だから、トイレのシーンでは個室から出てきます」

と回答。これが潰瘍性大腸炎の持病を持つ安倍晋三首相を揶揄している、さらには病人をバカにしているとネット上が紛糾。もはや手が付けられないほど大炎上しているのだ。

これに敏感に反応したのが、作家の百田尚樹氏。自身のTwitterで

「三流役者が、えらそうに!!何がぼくらの世代では、だ。人殺しの役も、変態の役も、見事に演じるのが役者だろうが!」

と激ギレ。更に、

「もし今後、私の小説が映画化されることがあれば、佐藤浩市だけはNGを出させてもらう。」

と絶縁を宣言した。また、高須クリニック・高須克弥院長も、佐藤の発言に疑義を呈した一般ユーザーのツイートをリツイートしながら、絵文字で使われる「怒り」マークを2つ重ねて自身の感情を表現。

他にも、この論客も黙っていなかった。幻冬舎・見城徹社長もTwitterで、

「人の難病をこんな風に言うなんて。観たいと思っていた映画だけど、僕も観るのはやめました」「自分の発言がどれだけ共演者やスタッフに迷惑をかけているか、よく考えて欲しい」

などと苦言を連発。その波紋は広がり続けている。ますます広がりそうな空前の佐藤浩市バッシング。制作側は公開を前に、どうこのプチパニックを鎮めるのだろうか。

[via:リアルライブ]
http://news.livedoor.com/article/detail/16451089/

原作では「嘔吐」

安倍首相は、難病指定されている潰瘍性大腸炎を患っている。そのためツイッターでは

「安倍の潰瘍性大腸炎を揶揄したんだろうな」

「佐藤浩市さんの件、あれはダメだよね。誰を嫌いでもいいけど、病気とか容姿とか生まれとかの本人に責任のない事を揶揄するような発言はダメだよ、絶対」

「お腹すぐ壊すってなんか揶揄してますよね。。見損ないました」

「知ってか知らずか分からないが、安倍総理の持病に対しヘイトと受け取られかねないコメント」

など、安倍氏や安倍氏と同じ病気の人を揶揄したとして批判する声が殺到した。

さらに原作では、垂水が自身の命令で自衛隊員らが命を落とすことになると思い詰め、ストレスで「嘔吐」するシーンがある。

にもかかわらず、あえて「腹を下す」という設定にすることには、「原作に垂水首相がストレスやプレッシャーで嘔吐してるシーン有るのに何故わざわざ似た設定を追加する必要が有ったのだろうか?」と違和感を覚える向きもあった。

見当違いの恐れあり!?

その一方で、

「一応みんな原文に当たった方がいい。みんなの怒り、八割がた見当違いの恐れあり」

「ほう。佐藤浩市、けっしておかしい事は言っとらんのう」

「発言の一部を切り取って曲解してしまった人が大騒ぎしてしまっただけなように感じるな」

と佐藤さんの発言を冷静に受け止める向きもある。

インタビュー記事で佐藤さんは「何が正解なのかを彼の中で導き出せるような総理にしたい」など、「総理像」をめぐる独自のアレンジにこだわったことも告白。

実際の政治家の話を聞き、「総理」という職について「背負っていくものに対する責任」の重みを感じたと述べるなど、役作りへの前向きな試行錯誤が発言の中心となっているとも読める。

こうした内容を読んだと見られるユーザーからは、

「役者が真剣に役と向き合った結果、役の設定を付け足す事なんて、他の映画にもよくある事だと思いますが」

「佐藤氏はこの様な趣旨の発言はしておらず、寧ろ前向きに役を演じようとしている」

「内閣総理大臣を嗤うべき小物として演じるわけでなく、人間的弱さを持った人物が難局に対峙し、政治家として成長するという役どころにした、というようにも読める」

と受け止める声も出た。

また「すぐにお腹を下す」という設定について、佐藤さんはそれ以上特段の論評はしていない。

そのためか、「安倍氏を揶揄した」と否定的に受け取る向きに対して、「それくらいプレッシャーのかかる立場なんだと表現したかったのかな?と私もそれくらいにしか思いませんでした」という声もあがっている。

[via:J-CASTニュース]
https://www.j-cast.com/2019/05/13357294.html

発言を切り貼りして印象操作!?

そもそも、俳優が総理大臣を揶揄したとしても問題なんてまったくないし、「体制側の立場を演じることに、抵抗感がある」のもすごくまっとうな感覚だ。むしろ、異常なのは、時の権力者にお追従をして、恥ずかしいと思わない安倍応援団の面々の方だろう。《中略》

安倍応援団は、その佐藤が映画公開に合わせた「ビッグコミック」インタビューで「体制側の立場を演じることに対する抵抗感があるから、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらった」と発言したとして、「安倍首相をバカにし難病を笑いものにしている」と、攻撃をしているというわけだ。

しかし、問題の「ビッグコミック」インタビューを読んでみたところ、全くそういう話ではなかった。

たしかに、佐藤は「体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」という発言も、「彼(首相)はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです」という発言もしている。

しかし、これらはまったく別の質問に対する回答で、文脈もまったく違うものだった。安倍応援団はそれを切り貼りして、あたかも佐藤が「安倍首相が気に入らないから、お腹を下す設定にした」かのように印象操作していたのだ。

苦悩を表現する役作り!?

まず、前者の「体制側に対する抵抗感」という回答は「総理大臣役は初めてですね」という質問に対して理由を話したにすぎない。

そして、「彼はストレスに弱くて、すぐにお腹を下す設定にしてもらった」という後者の発言は、「漢方ドリンクの入った水筒を持ち歩いてますね」という質問への回答だ。

しかも、この発言の前に、佐藤はこう語っている。

「少し優柔不断な、どこかクジ運の悪さみたいなものを感じながらも最終的にはこの国の形を考える総理、自分にとっても国にとっても民にとっても、何が正解かなのかを彼の中で導き出せるような総理にしたいと思ったんです」

つまり、他国の武装集団に上陸され、自衛隊を武力出動させるかどうかという、戦後初の重大な選択を迫られる総理大臣の責任の大きさや逡巡を表現しようとして考え出された設定であり役作りなのだ。《中略》

佐藤浩市は「ビッグコミック」のインタビューの最後に「日本は常に「戦後」でなければいけないんです」と語っていた。

しかし、安倍応援団の「安倍サマのマイナスになるような発言は1ミリも許さん」というファナティックな攻撃に、マスコミまでが追従している様を見ていると、残念ながら、日本は「戦後」ではなくすでに「戦前」に突入している、というべきだろう。

[via:Litera]
https://lite-ra.com/2019/05/post-4711.html


主演は西島秀俊と佐々木蔵之介

ネットの反応

・三流作家が何言ってんだか
・こいつが怒ったところでなあ
・ゲリゾー以上にケツの穴小さいなこいつw
・想定される事態なのに、危機管理意識低すぎだろ、関係者
・便秘の首相ならいいのか
・世の中有名人の失言待って襲いかかろうと虎視眈々なんだからw
・この人こんなに右寄りなのになんで大阪朝日放送に就職したんだろう
・揶揄することも許されないとは凄い言論弾圧だなネトウヨ
・アメリカじゃトランプを揶揄してもジョークの一つだぞ?
・「とりあえず反体制を標榜すればカッコいいと思ってる世代」かな?
・こういう体制派は嫌というのが60代近い人らの幼稚さだよな
・傲慢だった父親の三國連太郎と言動がソックリになってきたなぁ
 >徴兵を逃れるために逃亡、戦争を憎み、差別を憎み、権力を批判しつづけた三國
・佐藤が政治家を揶揄したからって何なんだよ そんなことは自由民主国家では当たり前のことだ
・病気に負けずに決断出来る総理大臣を演じてるんだから むしろ安倍リスペクトだろ
・ただの総理役はやりたくないけど、安部下痢ピー設定ならオッケーした。安部信者なんだよw
・カッコ良すぎる総理大臣は現実離れしてて演じたくないけどカッコ悪い総理大臣こそはリアルでリスペクト出来るってだけやんな 安倍応援団が安倍を過大評価し過ぎなんだよ
・ゲリゾーが一番の売国野郎だっていつ気がつくんだこのハゲ?
・監督がOKしたんだら監督に文句言えよ百田
・佐藤浩市をヅラだの七光だの言うけど それそのままアベちゃんに当てはまるからね
・こういう発言をするのは自由 ただ批判するのも自由だから、批判を全て受け入れる覚悟ですべき
・世界の俳優たちのように、気骨のある俳優になって下さい。安倍ポチなんて面白くない。
・保守寄り映画に出演した言い訳をパヨに発信したつもりが難病揶揄、意味の無い原作改変を自らゲロることとなり難病患者原作ファン安倍支持者から顰蹙を買う 作品の主な視聴者層である保守層は敬遠し炎上商法にすらならない
・尖閣の話しなのに敵国は中国じゃなくて架空の国とか。
・楽しみだ 実際に起こるかもしれないリアリティのある映画だ
・映画界は左翼中心だから百田に嫌われたおかげで逆に仕事増えそう
・何言っても炎上だもんな 言論弾圧されてるようだよ
・テレビじゃこの件を報じてないんでそ?
・安倍だと原作のような「防衛出動」には至らんように思うがw
・まあ、この作品の首相はヘタレながらもかっこいいんだけどねw

関連商品

コメント

  1. 12
    名無しさん 2019/05/16 11:10

    バカパヨってこんなとこにも湧いてるんだなwマッチポンプマジでキモい

  2. 11
    名無しさん 2019/05/16 3:41

    >>8
    ほんまそれ。
    ストレス=お腹にくる 設定にしたってだけの話を、安倍批判って捉えて大騒ぎ。
    安倍さんのやってることでもっと批判すべきこと山ほどあるのに、それは見て見ぬ振り〜

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事