TROUBLE

HEADLINE

広瀬香美 28人マネ交代、ビルボード出禁、自己啓発…独立騒動で見えてきたウラの顔

シンガー・ソングライターの広瀬香美(52)の名前が、久しぶりに芸能メディアを騒がせました。

先月28日、所属事務所オフィスサーティーから移籍したと自身のフェイスブックに発表したことがきっかけで勃発した”移籍ドロドロ”。

時系列で振り返りますと、きっかけは今年2月28日。広瀬は、オフィスサーティーの社長に、所属事務所と広瀬香美音楽学校(ヴォーカルレッスン・ヴォイストレーニング教室)の代表を代わってほしいという要請を突き付けたそうです。

以降4度、話し合いの場を持ちましたが、両者は決裂。広瀬は独立を公表し、所属事務所社長の平野ヨーイチ氏が緊急会見を開き、事情を説明するに至りました。

弁護士を伴っての事情説明会見でしたが、写真撮影はNGでした。言い分は「無許可の独立」「両者合意の上の独立ではない」ということでした。

半オクターブで200万円

その際、明らかにされたのは、広瀬の焦りでした。ヒット曲として取り上げられるのは1990年代の『ロマンスの神様』などオールディーズばかり。

「コンサートといっても、東京公演はそこそこ入ったとして、地方はガラガラ。半分も埋まらないのはざらでした」と情報番組ディレクターが伝える。

広瀬が所属事務所社長に訴えたのは「このままではアーティスト生命が終わってしまう」という、自分自身に対する危機感、商品価値の下落です。

「演歌歌手であれば、1曲でもヒット曲があれば、それで何とか食つなぐことができる。どぶ板のような営業もします。でも、広瀬のような歌い手には、それができない。

しかも生活の拠点はロスでしょ。日本で金を稼げるうちは、そんな二重生活が可能ですけど、日本で稼げなくなれば息詰まるのは当然です」(芸能プロダクション関係者)

広瀬は、歌い手としてプライドがかなり高いようで、周囲がへきえきすることがあっても自分を貫きます。

「自分の声域を半オクターブあげるためだけで、ボイストレーニングに200万円を払う人です。プロ意識が高いと言えば高いのですが、別の見方をすれば融通がまったくきかないタイプです。

コンサートも、絶対にアンコールをやりません。最後の1曲で、自分のその日の力を全部出し切って歌うという考えからです。

最初からアンコールを設定しているのは、今の音楽業界の当たり前ですから、そこまで考えて声を使い切ればいいのです。そんなこともできないのでは、ファンにそっぽを向かれても仕方ないですよ」(スポーツ紙音楽記者)

”独立ドロドロ”で、皮肉にも「広瀬香美」の名前が久しぶりにメディアに取り上げられた、という皮肉。

とりあえずニュースとして食いついた芸能メディアですが、お互いに円満解決を望んでいるあたりが、すでに周囲の関心を集め続けることができる”ドロドロ劇”とは違っているようです。

[via:https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0606/asj_180606_4102096301.html]

8年で28人マネ交代

「会見中、平野氏は『争いたいとか揉めたいわけでなく、話し合いの席を設けたい』としていましたが、一方で『ご存じのように、(最近の広瀬は)ヒットが出ていません』『7年間のうち、マネジャーが28人も辞めた』と、“恨み節”を連発。

さらに、ライブ会場として使用していた『ビルボードライブ東京』を出禁になったことも暴露したんです。その理由について、『広瀬が昨年のコンサート本番中、お客さんをからかい、その方が泣いて帰ってしまった。ビルボードがそれに激怒した』とも明かしました」(同)

また、近年広瀬について「様子が変だと感じることはなかったか?」と問われた平野氏は、「あります」と言い、「自己啓発セミナーが……」とポロリ。

同席した弁護士から「聞いてないです!」と制止され、すかさず「独り言です」と自らフォローする一幕も。

「あと、広瀬が新人の女性マネジャーに対し、パワハラまがいの言動を取っていたのではと、言及したのも驚きました。なんでも彼女は、広瀬から肩を殴られたことが原因で退社したそうです。

一方的に独立宣言したという意味では、明らかに広瀬側が悪いものの、『平野氏も何でもかんでも話しすぎではないか』と感じる記者は少なくなかったと思います」(スポーツ紙記者)

果たして、広瀬は平野氏の会見を受けて、どんなコメントを出すのだろうか。

[via:https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0606/asj_180606_4102096301.html]

芸名使用禁止 法律的には!?

前事務所に芸名の使用禁止を強いる法的な根拠はあるのか─。芸能トラブルに詳しい、レイ法律事務所の河西邦剛弁護士に話を聞いた。

「事務所はタレントに資本を投下して育てるわけですから、それを回収する権利があります。ですが、広瀬さんはこの事務所で30年近くも芸能活動を続けています。

資本は十分に回収できているので、法的には認められにくいでしょう。広瀬さんが一方的に契約を終了させたとしても同様です」

たとえ覚書があったとしても、差し止め請求が認められる可能性はかなり低いという。

「“辞めたら芸名を使わせない”は、“事務所の言うことを聞け”ということ。これはもう嫌がらせですよね」(河西弁護士、以下同)

ローラや真木よう子、清水富美加など事務所とトラブルになる芸能人が増えている。

「タレントは芸能事務所の労働者なのか、フリーランスの個人事業主なのかという位置づけは、これまでは法律的に空白地帯だったため芸能事務所のほうが優位でした。

ですが、今年2月に独占禁止法が適用される範囲が見直され、“事務所側が芸名の権利を主張して移籍を制限すると、独占禁止法の問題が生じる”と明確化されたのです」

今後、カラオケで『ロマンスの神様』が歌えなくなる可能性はあるのだろうか。

「ありえません。芸能事務所は詞と曲の権利を持っていませんからね。カラオケで曲が消えることも、広瀬さんが歌えなくなることもないです」

『ロマンスの神様』では“勇気と愛が世界を救う”と歌っていたが、いざというときに救ってくれるのは、やっぱり“法律の神様”なのだ。

[via:週刊女性PRIME]
https://news.infoseek.co.jp/article/jprime_12515/

関連キーワード

コメント

  1. 4
    名無しさん 2018/06/13 22:53

    どーでもいい。

  2. 3
    名無しさん 2018/06/13 3:57

    カエル?

  3. 2
    名無しさん 2018/06/09 22:37

    よく当たる星占いに
    そういえば書いてあった
    広瀬香美は事務所問題で色々あると

  4. 1
    名無しさん 2018/06/09 12:13

    へー

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事