TROUBLE

HEADLINE

【覚醒剤】清水健太郎(6回)「まあ、しゃあないやろね」高橋祐也容疑者(4回)へのエールが絶望的w

俳優で歌手、清水健太郎(65)が12日、TBS系「ビビット」にVTR出演。覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで女優、三田佳子(76)の次男で元俳優兼ミュージシャン、高橋祐也容疑者(38)が逮捕されたことに言及した。

これまで覚醒剤取締法違反などの薬物事件で計6回逮捕されている清水。

番組スタッフから高橋容疑者の逮捕について聞かれると、

「まあ、しゃあないやろね。3回あることは4回あるよ。周りの友達のサポートとか、そういうのがあって初めて治る病気やと思う。依存症という病気ですよ」

と力説した。覚醒剤の依存性には

「みんな(やめる)意志は固いんやけど、そこにひびが入ったら、スーッと入ってくるのが覚醒剤ですわ。男女の関係とか、事業失敗したとか、会社で打ちのめされたとか、人間って詰まったときあるでしょ」

と語った。


また、自身の逮捕時を振り返り、「もう、捕まって『ありがとうございます』って警察に言うたもん。そのままだったら死んどったもん。愛するものとか、守るべきものとかがなかったんだなって思いますね。僕は(妻に)立ち直らせてもらって、本当にありがたいと思ってる」と心境を漏らした。

[via:サンスポ]
https://www.sanspo.com/geino/news/20180912/geo18091211300020-n1.html

「絶対立ち直れるから!俺のところに来い!」

番組スタッフから「今はまったくない?」との質問を受けると、「なんか疑ってるの?」と質問で返した清水。

どうやって克服したのか?との質問には「うちの妻に『私と覚せい剤、どっち取る?』って。『ドラッグ取るんだったら、私は帰る』と(言われた)。で『お前を取る』と」と妻とのやり取りを明かし、「思うと、やっぱり愛するものとか、守るべきものとか、なかったんだなと思います。僕は(妻に)立ち直らせてもらって、本当にありがたいと思っている」と妻に感謝した。

母である三田に対して「お母さんもそう、奥さんもそう、お父さんもそう、子どもそう、友達もそう。支えていかなきゃ。目で見張っておかな。と家族で支えて欲しいと懇願。

「永遠に?」というスタッフの質問に「そうですよ!でも、自分からやめますよ。そうやってみんなで支えてくれているんだって思いが伝わった時、やめるでしょ。まだ伝わってないんですよ」と苦言も。

クスリを断つことは「そりゃ、できるでしょ。やらな。家族総出で」と力を込め、「僕はエールを送りたいですよ。絶対に立ち直れるから!俺のところに来い!って」とエールを送った。

スタジオで清水のVTRを見守った番組MCの女優、真矢ミキ(54)は「あれだけ力強く清水健太郎さんが発言してくださったんですが、清水さんも6回目。これをどうとらえていいのかわからない」と複雑な表情を浮かべていた。

[via:スポニチアネックス]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00000090-spnannex-ent

三田佳子「親としてはもう力及ばず」

女優・三田佳子(76)文書で謝罪コメントを発表し、「親としては、もう力及ばずの心境です」と悲痛な胸中を吐露した。 

裏切りを繰り返す愚息に、三田もお手上げ状態となった。三田は文書で謝罪コメントを発表。

高橋容疑者が統合失調症で精神科に通院していたことを明かし、「本人なりに努力はしてきましたが、このような結果になり、大変残念としか言いようがありません。親としては、もう力及ばずの心境です」と嘆いた。

「本人も40手前ですし」と厳しい姿勢も見せたが、それでもあふれるのは母の愛。「自らの責任と覚悟をもって受け止め、そして罪を償って、生き抜いてもらいたいと思います」。突き放すような言葉とともに、息子への思いをにじませた。

三田の所属事務所によると、次男逮捕に伴う仕事への影響は現状出ていないという。19日に控える日本テレビ系の出演ドラマ「過保護のカホコ2018」も、予定通り放送される。

[via:デイリースポーツ]
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/09/12/0011631208.shtml

ネットの反応

・おまいう
・シミケンは何度も成功してるからな
 >禁煙かw
・絶対無理って言ってるようなもんじゃんw
・励まし方が豪快すぎて絶句。
・上には上がある
・説得力が全くないw
・おいおい!清水健太郎に聞いてどーすんねん!?
・うかうかしてると三田次男に記録抜かれるぞ。
・次男もお前には言われたくないだろうなw
・すっかり覚醒剤評論家だな
・シミケンは逮捕8回(薬物関係6回)で大麻から覚せい剤から合成麻薬まで手を出すオールマイティ―。安岡力也に半殺しにされても覚醒剤辞めない強固な矜持なのであの程度と一緒にしないでほしい
・6回あることは7回ないのか(・ω・)?
・立ち直ったって体で話してんのが最高
・格子園強豪校同士の熱い友情
・うわあ、清水健太郎…“いかにも”じゃん。“その筋”の人まんまじゃん。話し方にしても風貌にしても。その姿でテレビに出てどう世間の目に映るか判断できないのかなあ。
・同じ薬中でもシミケンとは立場がだいぶ違うよな シミケンは歌えるし演技も出来る、自分で稼いだ金でシャブを買う 三田次男は何も出来ない、親から貰った金でシャブを買う
・「絶対立ち直れるから!」ってのはまあ間違ってないしいい話なんだろけどなんかこーうーんうーん。
・お前が言うと「あと2回必要」という意味だと思われるぞ
・俺を超えてけってことだろうな
・ダルクに入って依存と戦ってる田代の方がまだ説得力がある。
・説得力は確かにないんだけども、清水健太郎に突撃取材する発想がすごいわ。
・今後ヘビーローテーションされるであろう貴重VTR
・さすがに何度も立ち上がってる人間は違うな
・「疲労がポンですわ!」www

コメント

  1. 5
    名無しさん 2018/09/13 20:38

    肌の黒さが清原を彷彿させるのは…そんなことはないのか?

  2. 4
    名無しさん 2018/09/12 17:52

    友情とか事業の失敗とか・・・w、相変わらず無責任な男。こんなだから同じ過ちを幾度も繰り返すのだろう。まあこの人にとってみればシャブなんて一種のカンフル剤みたいなもの、その都度拍がついて更に役に恵まれるという・・・w

  3. 3
    名無しさん 2018/09/12 17:12

    旦那の元NHKプロデューサーってのがなんででてこないんかな。三田って人が仕事してて有名人でもあってカネ大金いい歳した息子に渡してて甘やかしてるとかまあ言われ放題じゃん。仕事だって随分影響受けたんでないの。報道もこの人がらみで読者視聴者引き付けるってのは分かるけど旦那って病気かなんかか?ひどくない? NHKって関係ないよね。まさか。

  4. 2
    名無しさん 2018/09/12 16:42

    見た目首領への道の頃から変わってないな

  5. 1
    名無しさん 2018/09/12 15:52

    説得力がない。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事