TROUBLE

HEADLINE

『めちゃイケ』放送終了の現実味・・・バラエティ受難時代~かつてのヒットメーカー視聴率低迷の憂き目に。

バラエティといえば、フジテレビ。フジテレビといえば、バラエティ。最近、そんな構図が崩れ始めている。フジテレビ関係者が語る。

めちゃイケ 放送終了のウワサ
「フジテレビを代表するバラエティ番組、『めちゃ2イケてる!』が、現在一番辞めたい番組。

ここ2年くらい視聴率は5~6%代が続き、1ケタ台が普通に。総合演出の片岡飛鳥さんも、2012年には現場を退き、別部署に異動。

今年の人事異動で、編成制作局バラエティ制作センターのゼネラルプロデューサーに就任したましたが、番組存続に一役買えるか、分からないほどの末期症状です」

フジテレビ 片岡飛鳥
片岡飛鳥といえば、フジテレビの社員であるにも関わらず敏腕すぎる故、社外に自分用の編集ルームを持つ、伝説のTVマン。

「『はねるのトびら』や『ピカルの定理』など、『めちゃイケ』ライン、つまりは片岡ラインの番組が次々と終了。本家の『めちゃイケ』だけが残っている状況で、現在は放送18周年。20周年の段階で放送を終了する予定という話は聞いたことがあります」(同前)

日本のテレビバラエティで栄華を誇った片岡氏は数々の逸話を残した豪傑として知られる。前出の関係者が語る。

「9年前ほど前、まだめちゃイケが全盛期だった頃の話です。横峯さくらが父親の横峯良郎さんと出演する際、大会会場からの移動が難しく、ロケに間に合わないと出演を断念しようとしていた。

するとディレクターが、『あ、大丈夫っすよ! ヘリ飛ばしますから~』と軽々と言ってのけたそうです。移動のために数十万かけてヘリを用意するほどの番組予算があったということ。

その後、岡村さんの休業があって、オーディションで出演タレントが7人も増え、現在は出演料だけでも莫大に膨れあがってしまった。それに対してあの視聴率じゃ、止めたくなるのも無理はない」

視聴率低下の波紋は、製作費カットや人件費カット、出演費や、果ては番組存続にまで方々に広がっている。立て直しはなるのか。

[引用/参照:http://dmm-news.com/article/899493/]

□ 片岡飛鳥の主な担当番組

・「笑いの殿堂」AD
・「オレたちひょうきん族」AD
・「夢で逢えたら」AD
・「心はロンリー気持ちは「…」」
・「平成教育テレビ ダウンタウンVsウッチャンナンチャン」 チーフAD
・「森田一義アワー 笑っていいとも!」AD
・「ウッチャンナンチャンの誰かがやらねば!」AD
・「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」
・「めちゃ×2イケてるッ!」
・「FNS27時間テレビ 楽しくなければテレビじゃないじゃ~ん!!」
・「FNS ALLSTARS27時間笑いの夢列島」裏めちゃイケ」プロデューサー
・「新春かくし芸大会」(2003年&2004年、モーニング娘。演目)
・「はねるのトびら」(監修)
・「ピカルの定理」(企画、以前は企画統括)

□ 鈴木おさむの番組がひとケタ連発の大爆死!

人気放送作家・鈴木おさむ
数多くの担当番組を抱える人気放送作家・鈴木おさむ(42)。業界屈指の売れっ子作家として有名な彼だが、今、担当する番組がことごとく視聴率低迷の憂き目に遭っているという。

19歳で放送作家としてデビューして以来23年。これまで、『夢がMORIMORI』(フジテレビ系)や『ほこ×たて』(同)、『¥マネーの虎』(日本テレビ系)、恋愛企画『未来日記』が映画化されるなどムーブメントを巻き起こした『ウンナンのホントコ!』(TBS系)など、類いまれなる才能とバイタリティで、局にとらわれることなくヒット番組を作り上げてきた彼に一体何が起きているのだろうか。

たとえば、16日の日曜夜8時に放送された、TBSが誇るブリッ子アナウンサー・田中みな実のフリー転身後初のレギュラー番組として注目を集めている『ニュースな晩餐会』(フジテレビ系)は6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東/以下同)。

対する裏番組の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)は約3倍の18.7%を記録し、『イッテQ』の主力メンバーであった妻の大島は現在妊活中のため出演をしていないものの、事実上の夫婦対決は、夫側が見るも無残な惨敗を喫している。

また、『ニュースな~』の直後に放送されている『オモクリ監督 ~O-Creator’s TV show~』(フジテレビ系)は、千原ジュニア(40)、バカリズム(38)、劇団ひとり(37)、さらにはビートたけし(67)といった錚々たるメンバーを揃えながらも5.3%と低迷。

放送初回にジュニアが放った「これ短命ですよ~」という自虐的な言葉は早くも現実味を帯びてきている。


オモクリ監督~O-Creator's TV show~


さらには、これまで人気だった長寿番組にも賞味期限の足音が忍び寄っている。

17日月曜夜7時に放送された『もしものシミュレーションバラエティお試しかっ!』は7.4%で、その直後の『クイズプレゼンバラエティQさま!!』(共にもテレビ朝日系)も8.9%と、全盛期には10%台後半を連発していた人気番組が低調を続ける。

ほかにも、川柳クイズで人気を博した『ペケポン』(フジテレビ系)が7日の放送で7.4%を記録するなど、数字の不振は止まらない。

「ラジオやテレビを含め、鈴木の担当番組数を数えると合わせて32本。彼はこの本業のほかに雑誌の連載、本の執筆、舞台のプロデュースなどをこなし、超多忙な生活を送っている。

来春公開予定の、園子温がメガホンを握り、綾野剛、山田孝之、沢尻エリカ、伊勢谷友介という豪華俳優陣が出演する映画『新宿スワン』の脚本も手がけているほどです」(芸能ライター)

ここまでハードワークな日々を過ごしていたら、1本あたりの番組に携わる時間や、つぎ込む情熱が薄まるのは当然で、視聴率も自ずと低下するのは目に見えている。業界内には「また、鈴木おさむの番組かよ」と揶揄する”アンチ鈴木派”も少なからずおり、彼の担当番組は今後淘汰されていく可能性もある。

[引用/参照:http://news.livedoor.com/article/detail/9503929/]

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2014/11/28 8:45

    オモクリ監督はかなり面白い。めちゃイケは糞すぎ。以上。

  2. 2
    名無しさん 2014/11/26 14:14

    新たにメンバー加えたから制作費が膨大に増えたってのはウソだね。
    番組制作でのギャラ設定は3段階。
    1…タダ 2…通常 3…VIP
    1は若手芸人とか読者モデル。2はモデルとか中堅芸人。3は女優やらキムタク。
    ちなみにこれは行列のできる法律相談所で島田紳助が言ってたことを参照。
    1のタダは楽しんごで5000円。2は普通で道端アンジェリカ。3は当時、華麗なる一族に主演の木村拓哉。
    島田紳助いわく1のタダは何人いてもタダ同然。
    めちゃイケの新メンバーなんて全部タダみたいなもんだ。人件費でいえば年齢重ねてギャラが上がった初期メンバーのギャラの方がネックでしょ。

  3. 1
    名無しさん 2014/11/26 13:55

    クソメンバー増やしたからだよ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事